forme(フォルメ)の財布&カードケース


 

財布を購入しました。

何年もずーっと探してた念願の長財布。

 


どうも。岡山ファッションブロガーの生川です。

普段は、自分の洋服屋 the PARK ( http://theparkokayama.hatenablog.com/ ) を経営しながら、フリーでパーソナルコーディネーター( http://mtatkk.com/blog-entry-category/コーディネーター )としても活動してます。

 

財布を買うなんて本当久し振りで、前回買ったときから考えるともう何年も経ちます。

 

冒頭の写真をご覧いただくとわかる通り、ロングタイプの財布。

僕にとって、人生で初めて持つ長財布となりました。

 


今回は、その財布はもちろん、どういった経緯・条件で選んだのかも紹介します。

 

 

長財布選んだ理由は何なのか。長財布を持とうと決めるまでの経緯

 


 

20代前半の頃からずーっと長財布が欲しいと思ってたんです。

それにはキッカケがあり、僕が20代前半だった当時、ある人がこう教えてくれました。

「お金を大切にするなら、長財布にしなさい。二つ折りや三つ折りの財布だとお札を折る事になる。

それはお札(お金)を大事に扱ってるとは言えない。だから経営者の多くは、長財布を使ってるんだよ。」と。

 

そのアドバイスに共感・納得した僕。

たしかに、僕の知る経営者の方。僕が尊敬する経営者の方々は、みなさん長財布を使ってました。

 



 

お金を大事にする。大切に扱いたいからこその長財布。

 


お金に対する向き合い方を変えようと思えたので、長財布を持とうと決意しました。

 


 

ちなみに、それまで僕が愛用してきた財布は決まって三つ折りタイプ。

いつもズボンの後ろポケットに入れてました。

そうなると、財布が傷むのも早い訳で。

ブライドルレザーの経年変化がカッコいいからOK!

そう言い訳しながら、英国ブランド WHITE HOUSE COX(ホワイトハウスコックス)の財布はボロボロになっていきました。

 


 

そんな三つ折り財布ばかりだった僕が、「次こそは長財布!」と決意してからおよそ10年。

自分が持ちたいと思える長財布を探し続け、ようやくベストな逸品と出会ったのです。

 

僕が長財布を探すにあたって、新しい相棒に求めた条件

 


 

みなさんは、財布選びの際にどういった条件を重要視しますか?

高級ブランドのもの?

本革製や日本製といったクオリティー面重視?

収納力?

流行?

 

僕は下記のような条件で探しました。

 

①高級ブランドのものは選択肢から外す。

 


 

こと財布となると、周りの男性を見るとボッテガやグッチ、ヴィトンなどを使う人が多いでしょうか。

しかし、それを自分に当てはめたとき、高級ブランドのものを持つのは自分の経済的に見合ってないので、選択肢から外しました。

 

②みんなが知ってるようなブランドのものも選ばない。

 


 

男性物の財布となると、ココマイスターやホワイトハウスコックス、ジャムホームメイド、イルビゾンテ、ポール・スミスといったブランド名が挙がるでしょうか。

ネットで検索してすぐに挙がるようなブランドはそれ即ち他の人とカブる可能性が大きいです。

なので、そういった みんなが知ってそうなブランドのものは選択肢から外しました。

 

③丈夫で長年使える。

 


これはそんなに大きくこだわった訳ではありませんが、本革製で縫製も最低限しっかりしてるやつがいいなと。

僕、財布は10年くらい使うことがあるので。

 

④デザインが好みのものである

 


 

これ大事です。

自己満足の世界ですね(笑)

バッグから出した時に、感性が近い人にだけでも「あ、その財布いいね。」と言ってもらえるようなデザインであれば良いなと。

長財布、探してるなかで色々なデザインを見ましたが、すごくシンプルなよくあるタイプだったり、男っ気が強いタイプだったり。

ちょうど良いのがないんです。

この条件をクリアするのが一番難しかったです。

 

⑤収納力がある。

 


 

あるにこしたことはないです。

でも、収納力がありすぎるとデザイン美は崩れていくものなので、自分の中の許容の範囲内で。

 

 

僕が選んだのは日本のブランドforme(フォルメ)のロングウォレット

 


 

雑誌やネット。もちろん実店舗(百貨店やセレクトショップ)でも色んなブランドのものを見てみたものの、しっくりくるのがない。

そんな時、名古屋にある広崎さんの洋服屋Toronさんで心を奪われました。

 


Toronさん →  http://toron.shop-pro.jp/

 

日本のレザーブランドforme(フォルメ)のものです。

 

確かなつくりと、繊細なデザインが特徴。

 

 


 

複数の写真で紹介します。

 


 

装飾は、開閉するのための擬宝珠(ぎぼし)がひとつ。

 


反対側。

財布の内側に用意されたカードポケットを縫い付けるステッチがアクセントに。

穏やかな曲線が、表情を和らげてくれてます。

 


収納力も申し分なし。

 


カードだってたくさん入ります。

 


 

小銭入れの収納口。使われてるファスナーはYKKのエクセラ。

高級ファスナーです。

滑りが非常に良いので、毎回開閉するのが楽しくなります。

 


 

財布を持って出かけるのが楽しくなる。

自分の人生を振り返ってもこんな感情は珍しいかもしれません。

不思議とそう感じさせてくれる財布です。

 

 

お揃いのカードケースも一緒に。

 


今回の長財布には、同じデザインでカードケースもリリースされてました。

こういうのはちゃんと揃えておくと後々困らないので、一緒に購入しました。

 




 

カードケースも財布と同様に、シンプルだけど美しさを感じるデザイン。

 

まだこのカードケースから名刺を出してないので、初めて使うその日が楽しみです。

 

 

最後に

 


 

このforme(フォルメ)というブランドの製品は、繊細で美しいデザインをしつつも、すごく丁寧かつ丈夫に作られてます。

 


買って良かったと思える買い物。

 

旧財布からお金を移し替えてる時間?

ええ。もちろんワクワクしましたよ^^

 

買い物するのが楽しくなる財布です。

 

 


僕がこの財布を購入した名古屋にある広崎さんの洋服屋ToronさんのWebページはこちらから

Toronさん →  http://toron.shop-pro.jp/

 

 

【前回購入したアイテムとも着回しの利くコーディネート】インフォポート合同会社代表 松山さんをコーディネートしました。


 

 

以前購入した洋服とも相性の良いアイテムを選んで、上手く着回したい。

 

先日、岡山のIT企業インフォポート合同会社 代表の松山将三郎さん(以下 松山さん)のコーディネートのお仕事をさせて頂きました。

 


どうも。

岡山ファッションブロガー。パーソナルコーディネーターの生川です。

普段は自分の洋服屋( →http://theparkokayama.hatenablog.com/ )を経営しながら、フリーでパーソナルコーディネートの仕事をしています。

 


 

松山さんからお仕事を頂いたのは今回で2回目。

前回は、春夏用のコーディネートをご依頼くださいました。

「何も持ってないので上から下まで一通りお願いします。」というリクエストがあったので、
カーディガン・ベスト・Tシャツ・ズボン・シューズ・ソックスを揃えて頂きました。

 

今回は、

・それら前回揃えたアイテムと組み合わせれる秋冬アイテム

・奥さまが選んでくれたダウンコートとも組み合わせられる

というリクエストを頂き、下見を終えてから必要となりそうな予算などを事前にお伝えした上でコーディネート。買い物同行をしました。

 


 

今回新たに揃えたのは、ジャケット・ズボン・シャツ・タートルネックの長袖Tシャツ・ソックス・ポケットチーフ。

 

シャツは、僕一人で前もっておこなった下見の段階で、松山さんのサイズがなかった為、当日までに適正サイズをお店に取り寄せて当日を迎えました。

 

 

この記事は、松山さんのために。

 

この記事は、松山さんのための記事。

あの日購入なさった洋服の取扱説明書&着こなしマニュアルです。

松山さん以外の方はご覧になってもピンとこないと思いますので、ご了承くださいませ。

 

改めまして、松山さん。

お買い物当日はお疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

松山さんが変身していく瞬間に立ち会えてすごく楽しかったです^^

 
シャツ

 

秋冬用の厚地の生地のシャツ。

着こなしは、シャツ1枚で着たり、カーディガンを上に羽織ったり、ベストやジャケットを上に着用したりと、その季節・気候に合わせて着用してください。

 

綿100%で洗濯OKなので、奥さまへの負担もそんなに大きくないはずです。

着用しすぎて衿元が汚れないよう、専用の洗剤やウタマロ石鹸を活用ください。

清潔感を保つため、アイロン掛けは必須です。

 

 
ジャケット
カジュアル仕様の黒いテーラードジャケット。

今までは明るいグレーベースの羽織りもの(ジャケットやカーディガン)をチョイスしてきました。

今回は黒。

ビシッとした印象が生まれるカラーです。

前のボタンは外して着用してください。

なぜなら、既製品なのでオーダーメイドという訳ではありません。

つまり、松山さんの身体に完璧にフィットする製品ではないので、着用時にルールを設けた方がかっこ良く着こなせたりします。

 


 

いつもご多忙な松山さん。

すぐに商品を受け取ることを優先したので、もしお時間がございましたら、袖丈を詰めてほしいです。

 

カジュアルに着るジャケットなので、中に合わせるのがTシャツでもシャツでも良いような長さにお直しできたら理想的です。

 


 

目安は、手首を直角に曲げた際、ジャケットの袖口が手の甲に触れるくらいの長さが良いです。

これは、スーツ屋さんで現役の販売員さんが同じように説明してるので、参考にして頂けると嬉しいです。

 


 

生地の素材をみるに、普通に洗濯できるようなのですが、メーカーの指定では手洗いとなっています。

それが面倒な場合はクリーニングが◎です。

 

 
スラックスタイプのズボン

 

大人に着用できるズボン。

これは前回の買い直しです。

前回購入したズボン。愛用してくださってたのが見て取れたのですごく嬉しかったです。

ありがとうございます。

 

洗濯方法は、ご家庭でOK

メーカーは洗濯ネットの使用を指定してるので、大事に扱って頂くためにも、洗濯ネットは用意なさった方が吉です。

もしもアイロン掛けをする際は、ポリエステルが入ってる生地なので、高温でアイロン掛けしてしまわぬよう。

アイロン跡がつく等、望まぬ結果になってしまいます。

 

 
タートルネックの長袖のTシャツ

白いタートルネックのTシャツ。

綿100%なのでご家庭で洗濯できます。

これも、洗濯ネットに入れて洗うとヨレヨレになるのを遅らせれるので僕はネットの使用をお勧めします。

 

この長袖のTシャツ。

着方の指定をさせて下さい。

 

↓ ↓ ↓  ↓ ↓

 


 

この長袖のTシャツは、首元を2回折り曲げて着用して下さい。

 

その方がお似合いでした^^

 

 


 

↑2回折り曲げるとこんな感じです。

当日の試着時も2回曲げてもらったのを思い出しましたか?

 
ソックス

 

柄の可愛いソックス。

今回見つけたソックスは、僕も同じのを履きたいくらい良いデザインのものが見つかりました。

履きすぎてボロボロになりそうな時はご一報ください。

アフターサービスと言えるのかわかりませんが、期日の設定が特になければ、無料で新しい別のものを探します。

 

 

着回しサンプル

 

着回し方の例です。

全て、前回購入したものと今回選んだものとの組み合わせです。

シャツは、松山さん私物のお気に入りのものでも大丈夫です。

 

 


 

①シャツのみ

 


②シャツ × ベスト

 


 

③シャツ × ベスト × カーディガン

 


④シャツ × カーディガン

 


⑤シャツ × ジャケット

 


⑥シャツ × ベスト × ジャケット

 

 

 


⑦タートルネックTシャツ × ジャケット

 

 


 

⑧タートルネックTシャツ × ベスト × ジャケット

 

 

それぞれ、季節やお出かけ先の場面によって、お手持ちのPコートやダウンコートを着用し分ければ、8パターン×2で、16通り。

シャツも私物のものを交えればさらにそれ以上の組み合わせが可能です。

 


 

以上です。

いかがだったでしょうか?

もし着こなしでわからない事があれば、いつでもご連絡ください^^

 


松山さんのファッションをいつも気に掛けてらっしゃる奥さまが、今回の僕のコーディネートで「お洒落だね!今度その格好で○○○へ出掛けようよ!」と喜んでくれたら、ぜひお知らせ下さい。

そうなれたなら、今回もおしゃれにナル!は大大大成功。僕も嬉しいです。

 

ではでは