無事、買い物を完了しました(^^)

昨日の記事の通り、

富士登山に向けて必要な物を買い出しにいってきました。


20160629102957910

2016/06/29:【これから外出】行ってきます
→ http://mtatkk.com/blog-entry-14436.html

 

購入予定だった物は、

登山中に食べる食べ物。いわゆる行動食と呼ばれるもの。

登山で着用する肌着。

あと、山頂でやる予定のゲイラカイト(凧)

 

 

富士山登山準備行動食1
行動食は無事揃いました。

ウィダーインゼリー、スポーツ羊羹、バー型のやつ(パワーバーっていうのかな?)

参加メンバーみんなの分を購入。

あとは、メンバー各々、加えたいものを追加購入です。

 

 

 

富士山登山準備行動食2
「アミノサミット」っていう

アウトドアサプリメントなるものも購入しました。

 

 

富士山登山準備行動食3
アウトドアメーカー mont-bell(モンベル)の自社製品です。

登山前、登山中、登山後に飲むと、

翌日の疲れを軽減させる効果があるのだそうです。

実は、前回の富士登山でも持ってたんです。こういう疲労対策系サプリメント。

昨年の登山に備えた買い出しで、

アウトドアショップのお兄さんがおすすめしてくれたので、買ってみました。

メンバー全員が、普段運動もしてない登山ド素人なので、

少しでも疲れを緩和できるなら・・・。というのが狙い。

翌日からの仕事に少しでも疲れを残したくないので今回も買いました(^^)

 

 

 

富士山登山準備行動食4
行動食の中で、絶対買っておきたかった「スポーツようかん」

これも昨年持ってったやつ。

美味しかったので。今年もスタメン入りです。

 

 

 

モンベルスペリオルシルク1
肌着。

岡山のモンベルで買い物したので、

モンベルのスペリオルシルクシリーズの、

長袖Tシャツを選びました。

mont-bell オンラインショップ:スペリオルシルクL.W. ラウンドネックシャツ Men’s
→ https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1107251


 

そして、今回かなりショックなのが・・・

20150908214122452s ゲイラカイト。どこにも売ってませんでした。

あるにはあったんですが、

前回持ってったやつはちょっとダメだったので、

少し良いタイプのを探してたんです。

どうダメだったかっていうと、

凧の骨が竹ひごみたいで、山で揚げるには弱過ぎたんです。

スポーツカイトっていう、

かなり専門的(プロフェッショナル?)な凧が存在するようなのですが、

それだと余裕で1万円以上するので予算オーバー。

なので、昨年の経験を糧に探してみたけど結果はダメでした。

 

 

 

201509082013592f7s
↑これ、昨年の富士登山で凧揚げした時の写真。

鏡氏がゲイラカイトを操っております。

このあと(下山後)、二人で誓いました。

「来年は、今回のより良い凧を持って来よう。」って。

今年は、必ず凧をパワーアップさせて臨む予定です。

ネットを駆使して探そうと思います。



富士山で凧揚げ、めっちゃ楽しいのを知っちゃったので。





ではでは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

【これから外出】行ってきます

晴れの国おかやま。

しかし今日は見事に雨。

 

 

でも、

今日しか時間が作れなさそうなので、無理やり外出します。

 

 

 

気合い十分。

GORE-TEX(ゴアテックス)という、

雨に強くて衣服内が蒸れない高機能素材を使用した

レインパーカー(早い話がこじゃれた雨ガッパ)を着用。

半日くらい、雨天の中ケッタを漕ぎまくろうと思います。

※ケッタ・・・僕の地元の方言で、自転車のこと。

富士登山に向けたアイテムを幾つか揃えようと思います。

 

 

 

 


いくぜ、Mt.FUJI CREW !!

 

外出たくねえなぁ・・・(本音 ) 笑

 

 

 

 

 

リネン生地のワイドスラックスが欲しいです。

リネン生地のワイドスラックスが欲しいです。

 

麻と絹1
先日紹介した雑誌、「Precious(プレシャス)」を少し読みました。

基本、高級なスーツスタイルを提案する(カジュアルスタイルも提案してるけど高級なものばかり)大人の方向けなので、

興味のないページもたくさんありますが、

「麻(リネン)」と「絹(シルク)」についての記事はしっかり読んでます。

 

 

 

麻と絹2
↑表紙のこのサブタイトルにやられて購入したので。

で、まだ少ししか読んでないのですが、

物欲メーターが上がったのがありました。

 

 

 

デイヴィットホックニー
この方。

デイヴィッド・ホックニー。

先に、このデイヴィッド・ホックニーという方について書きます。

 

Wikipedia:デイヴィッド・ホックニー
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/

デイヴィッド・ホックニー(David Hockney、1937年7月9日 – )は、

20世紀~21世紀のイギリスの画家で、

現在はアメリカ合衆国・カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点として活動する芸術家。

1960年代よりポップ・アート運動にも参加し大きな影響を与え、

イギリスの20世紀の現代芸術を代表する1人である。

 

 

ホックニー作品thesplash
代表作 A Bigger Splash
引用元:David Hockney / デイヴィッド・ホックニー 作品まとめ
→ http://matome.naver.jp/odai/2134037297797850201


 

雑誌内で紹介されてるデイヴィッド・ホックニーの服装が

すごく素敵だったのもありますが、

特に、このボトムス。

リネン生地の太めのスラックスパンツ(裾はダブルで始末して。)が

めちゃくちゃ可愛い。

近いイメージのものがあったら購入したいなと思います。
デイヴィットホックニー2
ラフな感じじゃなく、きれいに仕立ててある

リネン生地の太めのスラックスパンツ。

なんか良いのないかなぁ・・・・。

アドバイスお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

【手抜きです!】過去の記事を紹介。

こんばんは。
岡山は雨です。

みなさんとのところではお天気いかがですか?

 

今日は、ちょっとネタが思いつかないので、

過去の記事を紹介しておくだけにします。

 

少し前に書いた記事ですが、

宜しければご覧頂けると嬉しいです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

2016/01/14
どうしてオリジナルのシャツを作ろうとしてるのか。【オリジナルのシャツに向けて】
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13850.html

 

雑誌を買いました。

Precious(プレシャス)っていう初めて見たファッション雑誌。

書店へ行く機会があったので買ってみました(^^)

なんで購入したかというと・・・


麻と絹

簡単に立ち読みしてみたけどすぐに読み切れなかったのと、

個人的に好きな素材である

麻(リネン)と絹(シルク)に対しての理解を深めたかったのでゆっくり読んでみようと思ったのが購入の理由。

どうやら、

麻と絹と関係ない宣伝要素の強いページがかなりのページ数あるようなので、

そこだけが残念でしたが、

しっかりと勉強しようと思います。

紹介したくなるような内容を見つけたら、

このブログでも簡単に紹介しようかなと思います(^^)

関係ないですが、

本格的な夏を迎える前に、

リネン100%のカットソーが欲しいです。

ではでは

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

Road to 富士山 - 出発まで一ヶ月切ってます。 –

富士山笠雲

生川家のメンバーで構成されてるLineグループで、

姉ちゃんから送られてきた富士山の写真。

 

まるい雲がかかった富士山。

富士山が帽子をかぶってるみたいです。

笠雲っていうそうですね。

 

富士山が笠をかぶれば近いうちに雨

富士山と共に生活をしている人たちは、

富士山にかかる雲の形状を見て、

天気の予想をしてるそうです。

詳しいサイトから引用します。

 

引用元 国立青少年教育振興機構:富士山にかかる雲を観察しよう
→ http://www.niye.go.jp/navi/science/fuzisan/

富士山にかかる雲は


古来より観天望気〈かんてんぼうき〉のよい指標となってきました。


観天望気とは、雲や風など大気の状態を観測し、


天気を予測することです。


富士山の雲は非常に顕著な現象を示すため、


麓の住民は富士山の雲を見て天気を予測してきたのです。


富士山に発生する雲の中で代表的なものが笠雲とつるし雲です。


「富士山が笠をかぶれば近いうちに雨」


「ひとつ笠は雨、二重笠は風雨」など、


麓には雲に関係する言い伝えが多く残されています。

 

 

細かい話はわかりませんが、

引用元のWebページを拝見する限り、

富士山に笠雲のかかった翌日の天気は崩れやすいのですね。

富士登山の日が近づいてきてるので、

 

いざ当日は、富士山と雲の様子を気にしてみようと思います(^^)

 

 

では最後に、

昨年の9月に富士登山にチャレンジ(そして悪天候により断念。)した時の記事を紹介しておきます。

 

 

2015090820140339bs
2015/09/09:念願だった富士登山……①
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13718.html

 

 

 

201509082013592f7s
2015/09/10:念願だった富士登山……②
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13719.html

 

 

 

 

 

ではでは

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

NIKE エア パイソン SP 658394 400

NIKE AIR PYTHON SP 658394 400
ナイキ エア パイソン SP

エアパイソン2
久し振りに私物のスニーカー紹介です。

今回のとは別にもう一足、

まだ紹介できてないスニーカーがあるので、

それもまた近日中にアップできたらなと思います。

今回紹介するのはナイキのエアパイソンというスニーカー。

このスニーカーは、新作がリリースされる度に

スニーカー情報サイトで発売情報を取り上げられるのを見るには見るのですが、

おそらく世間一般では全然人気のないモデル。

でも、僕個人としてはかなり好きな一足。

 

 

エアパイソン4
エアパイソン3
まず、このエアパイソンというスニーカーはどういったモデルなのか。

ファッション情報サイト「HYPE BEAST(ハイプビースト)」の記事より引用します。

 


HYPE BEAST:Nike Air Python が26年の時を経て復刻

→ https://hypebeast.com/jp/2013/9/nike-air-python

エア ジョーダン II とナイキ エア フォース II を掛け合わせた名機、


「ナイキ エア パイソン(Nike Air Python)」が最初に登場したのは、


ヒップホップの黄金期でスニーカーが単純なスポーツ用品から、


ファッションアイコンへと昇華した1987年のこと。


細身なシルエットの踵とアッパーの中足部、


シュータンにはスネークスキンが施され、


スウッシュロゴ(クツ側面のNIKEのマーク)もない。


当時のスニーカーシーンにおいては奇抜とも言えるデザインのこのモデルは、


アメリカで限定数が販売されるだけにとどまり、


ほとんど人目につくことが無かった。

 

 

↑ ↑ ↑ ↑

いかがでしょうか。

 

この、当時のストリートシーンで特別支持はされてなかった感。

 

当時そうだったとして、

いま現在でも街で履いてる人を僕は見た事がありません。

「じゃあ、何でそんなスニーカー持ってるの?」っていうと、

 

僕、エアジョーダンⅡが好きだからです。

 

 

「エア ジョーダン II とナイキ エア フォース II を掛け合わせた」

↑解説文の中にもこうありますよね。



201409041944339eas → http://mtatkk.com/blog-entry-432.html

エアジョーダンシリーズの2作目。エアジョーダンⅡ

僕の好きな一足。

 

 

エアフォース2 → http://ltd-online-shop.com/item/624006-101

 

エアフォースⅠの後継機にあたるエアフォースⅡ

↑これら二つのスニーカーを掛け合わせた一足が今回のエアパイソン。

 

 


20160622155436bb9s どちらかというと、

エアジョーダンⅡに近いルックスじゃありませんか?

 

 

ちなみに、最初のスニーカー解説と重複する箇所が多くありますが、

今回のエアパイソンの、僕が所有しているこのカラーの解説を、

スニーカーファン御用達のスニーカー情報サイト

「SNEAKER WARS(スニーカーウォーズ)」より紹介します。

 

 

SNEAKER WARS:ナイキ エアパイソン オブジディアン & ホワイト
→ http://sneakerwars.jp/items/view/3346

80年代の隠れた名作が現代的なディテールをまとって再登場!


1987年に米国限定で発売された”エア パイソン(AIR PYTHON)”。


当時はヒップホップ全盛期であり、


ファッション性に特化したスニーカーが人気を集めていた。


そこでナイキからは、


 


201409041944339eas

“エアジョーダン2(AIR JORDAN II)”と


 

 

201606221555383dbs
“エアフォース2(AIR FORCE II)”のエッセンスを組み合わせ、


アッパー全面にデボス加工のスネークスキンプリントを使った


インパクト抜群の一足をリリースした。


今回は80年代と同じスネーク柄をあしらい、


綺麗なワントーンで染め上げたホワイトとネイビーの2色が限定発売される。


シュータンとヒールのバイピング部分には、


暗闇で光を照らすとシルバーに反射するリフレクティブ素材を搭載。


ソールはクリーンなホワイトでまとめ、


オーセンティックな雰囲気を生み出している。

たくさん写真を撮ったので、載せておきます。

 

エアパイソン6
非常にボリューミーで、ゴツさのあるシルエット。

愛らしいです。

 

 

エアパイソン5
サイド。

 

 

エアパイソン7
デボス加工(指定した部分をへこませ、立体感を持たせる加工。)により、

立体感ある本体の素材。

 

 

エアパイソン8
ヒール。

 

 

エアパイソン14
エアパイソン9
全て同色でまとめてあるところが大人な印象で個人的にマル◎です。

 

 

エアパイソン13
NIKEの名が入ったラベルももちろん同色。

 

 

エアパイソン10
↑この感じが、エアジョーダンⅡに近い雰囲気。

 

 

エアパイソン11
履き口。ライナー(裏地)も同色。徹底してます。
エアパイソン14
このスニーカーには替えヒモが付いていて、

始めから通してある靴ヒモは紺色。

 

 

エアパイソン15
エアパイソン16
↑白い替えヒモが付いてました。

 

 

1987年に登場してから2013年の26年間。


それまで復刻される事の無かった名作(迷作?)モデルの


「AIR PYTHON(エア パイソン)」

 

 

20130203232747e6cs
201312181313042f9s


アディダスのスーパースターやスタンスミス。


20150919145841c7fs リーボックではポンプフューリー。

 


20130209144458cdcs
20130126145042ae0s 同じナイキから復刻されたエアリフトやエアプレスト、

エアハラチのように、

はじめて登場したその当時や 近年復刻される際に、

多くの情報サイトで取り上げられるような話題性が

このエアパイソンには大きくない印象。

 

 

エアパイソン12
ですので、

そういった点から、

ある意味 人とは被りにくい通好みのスニーカーなのかもしれません。
モード系なファッションをする方で、

細めのサイズ感で服装を固めながら、

足元にはボリュームを持たせたい方。

少しごつめでボリューミーなバッシュ系スニーカーをお探しの方におすすめです。

 

 

エアパイソン1
かっこいいですよ!(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

今日のブログは、今朝 更新しました。

プロポーズ
https://welq.jp/7348
キミはどうしてそんなに魅力的なんだ・・・。

すっごく美味しいよ。マイハニー。

 

 

バニラヨーグルト
と、いうことで、

3個入り1パックが半額だったので購入。

久し振りに食べましたけど、

めちゃウマですね。

バニラヨーグルト。

 

 

今日のメインの記事は、今朝更新しました。

今取り組んでるオリジナルシャツ。

そのシャツに使う高級ボタンの貝ボタンについて書きました。

 

「シャツには天然素材の貝ボタンを使いたいな」

→「そしたら、対個人で取り引きして下さるところを探さないと」

→「貝ボタンの生産地に直接足を運んで探そう」

→「工場見学させて頂けたり、貝ボタンに対しての理解も深まったし、取引先さんも見つかった」

→「いよいよ、どんな貝ボタンを使うか考えよう」

→「私物の高級シャツはどうなってるんだ?調べて参考にしよう」

→「ボタン決定!!」

 

僕が貝ボタンに決めた理由から、

どのように決まっていったのかを全て詰め込んで書きました。

長文ですが、興味のある方。

 

お時間ございましたらご覧頂けると嬉しいです(^^)

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

20150909172103c24s 使用するボタンを決めるまでの流れ【オリジナルのシャツに向けて】
→ http://mtatkk.com/blog-entry-14429.html

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

使用するボタンを決めるまでの流れ【オリジナルのシャツに向けて】

使用するボタンを決めるまでの流れ【オリジナルのシャツに向けて】

僕のオリジナルシャツには貝ボタンを使用します。

 

それも、貝ボタンは貝ボタンでも、高級な部類のもの。

なぜなら、それが本当に美しいということ。

そして、そういった天然素材の良さを少しでも伝えられたらという想いがあるから。

 

今回は、

どのような考えから、どうして僕が貝ボタンを選択し、

どのような行動をとり、結果、どうやって決定したのか。

それを紹介します。

 

20150909172107b49s
貝ボタン。

 

その魅力は、

天然素材ならではの優しい光沢感。

宝飾品に使用されるのも納得な

品性を感じられるところ。

わかり易く表現すれば、真珠がボタンになったような。

(↑極端ですかね…..?)

技術を要する工芸品

螺鈿(らでん)なんかを見ても、

貝の「美」要素が、昔から装飾に用いられている事がわかります。

 

 


20150910114734ae6s 正方東道盆 黒 螺鈿龍
→ http://www.kakuman.net/SHOP/1-001.html

螺鈿(らでん)

螺鈿(らでん)は、


主に漆器や帯などの


伝統工芸に用いられる装飾技法のひとつ。


貝殻の内側、虹色光沢を持った


真珠層の部分を切り出した板状の素材を、


漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む手法、


およびこの手法を用いて製作された工芸品のこと。


螺は貝、鈿はちりばめることを意味する。


使用される貝は、


ヤコウガイ(夜光貝)、シロチョウガイ(白蝶貝)、


クロチョウガイ(黒蝶貝)、カワシンジュガイ(青貝)、


アワビ、アコヤガイなどが使われる。

→ https://ja.wikipedia.org/wiki/螺鈿

 

 

他にも、

アクセサリーや、

高級時計の文字盤に使用されたりもする

宝飾製を持つ貝。

美しいです。

その分、価格が高いのも頷けます。

どれくらい高いかっていうと・・・、

 

一般的なボタン < 【越えられない大きな壁】 < 高瀬貝のボタン < 白蝶貝のボタン

↑こんな感じです。

 

 

さて。

使用する釦を貝ボタンと決めたら、

今度は、法人(会社・企業)でもなんでもない

個人である僕と取引させて頂けるところを探さねばなりません。

 

そこで、僕は昨年、

貝ボタンの生産地である奈良県の川西町を訪れ、

生産現場を見学させて頂きました。

ここから、工場内の写真・動画を少し紹介します。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
20150909172407d61s
20150909172409140s
ボタンに穴を開ける機械。

貝釦に穴を開ける作業工程を

「窄孔(さっこう)」と言うそうです。

固い貝に穴を開けるため、

針はよく切れるように研ぎ、

きちんとメンテナンスをしなければいけません。

 



プラスチック製ボタンよりも遥かに固い貝ボタンに、

テンポ良く穴が開けられています。

何もなされていない貝釦の原型である材料を

ボタンの形に彫る工程

「型付け」



固い貝を一瞬で削り、

ボタンらしい形に仕上げています。

他にも色々な工程を経て・・・


20150909172107b49s
完成した貝ボタン。

生産背景を知る事で、

より貝ボタンを好きになりました。

生産現場の見学ののち、

その貝ボタンの生産をなさっている企業さんで

貝ボタンについて相談させて頂いたところ、

その知識やアドバイスをして頂けました。

 


20150909172404c04s ↑このように、

持参した私物のシャツ(写真右側)

古着から新品。

イタリア製から中国製。

シルク100%、綿シルク、リネン100%に綿100%

0円のもの(頂きもの)から数千円、3万円、10万円のもの。

それらを見てもらい、

ボタン選びのアドバイスを頂きました。

そして、最終的に

個人の僕とでさえも取り引きして下さる企業さんと知り合う事ができました。

 

 

僕のオリジナルシャツに使用するのは

白蝶貝製の貝ボタン。

20150910114736926s ↑白蝶貝

 

高級なシャツでは

ほぼ使用されている白蝶貝製のもの。

 

20150909172107b49s-1

↑表

20150909172109ac9s ↑裏

 

一般的な貝ボタンに使用される

高瀬貝製のものよりクリアな白さ。

高貴な印象。

自分の足を使って出会えた美しい貝ボタンです。

貝ボタンの手配先は決まりました。

では、次は貝ボタンの種類(もっと具体的に型とかサイズ)を決めねばなりません。

 

そこで今度は、

僕の所有する高級シャツと呼ばれる部類のシャツ。

 

定価30,000円~およそ80,000円という価格帯のシャツを確認。

 

それぞれどういった種類の貝のボタンなのか。

 

どれくらいの直径・厚みなのかを分析しました。

 

 

みなさん、

シャツのボタンに対して意識した事ってありますか?

 

 

いかがでしょうか。

 

なかなかないのではないでしょうか。

 

素材とか厚みを確認する事で、

「これはヴィンテージの古着を意識してるのかな。」

「これはドレッシーさを出していきたいのかな。」

「これは、あんまりシャツを理解していないデザイナー・メーカーなんだろうな。」

 

↑極端に表現すると、

素材や厚みを意識してみる事で、

「このブランドのシャツ。このボタンの感じだと、もうこれは、何の思い入れも無いただの量産品だな。」

 

なんて感じるものもあります。

といった具合に、

ほんの少しだけでも、

その製品から こだわりやメッセージのようなものを汲み取れたりするものです。

 

少し話が逸れましたが、

オリジナルのシャツのボタンをどれくらいの厚みにすべきか、

 

私物のシャツを調べるとこういった結果でした。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
12055s
イギリスのデザイナーズブランド
「1205」の長袖シャツ イタリア製
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13443.html

ボタン厚み1
ボタン厚み2
貝ボタン(黒蝶貝でしょうか?)

およそ2.5mm厚

直径およそ11mm

 

 

 

201407040025329dfs
イタリアのブランド

マリアサンタンジェロ

昔ながらな手作業による工程を含んだ

リネンのシャツ
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13422.html

ボタン厚み3
ボタン厚み4

貝ボタン

およそ2mm厚

直径およそ11mm
errico2_20150725083729d18s
こちらもイタリアのブランド。

伝統的な手作業による

工程を幾つか含んで作られた

クラシックなシャツ

エリコ フォルミコラの

チェック柄シャツ
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13608.html


ボタン厚み5
ボタン厚み6

白蝶貝の貝ボタン

およそ2.5mm厚

直径およそ11.5mm

 

 

 

 

IMG_0471
定価約8万円の、

超上質な生地の高級シャツ。

イタリアのブランド

ロロ ピアーナのシャツ
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13494.html

 


ボタン厚み7
ボタン厚み8

白蝶貝の貝ボタン

およそ4mm厚

直径およそ10mm

 

 

 

※写真無し

イタリア製で、

シルク100%の生地を使ったシャツ。

ボタン厚み9
ボタン厚み10

高瀬貝製の貝ボタン

およそ4mm厚

直径およそ10mm

 

 

 

※写真無し

古着屋で掘り出した

ラルフローレンのストライプ柄のシャツ。

シルク100%の生地を使ったもの。

中国製。

 

 


ボタン厚み11
ボタン厚み12

高瀬貝の貝ボタン

およそ1.8~1.9mm厚

直径およそ11mm

 

 

 

以上、全て貝ボタンでした。

 

白蝶貝のもの、高瀬貝のものなんかがあります。

角があったり、丸みがあったり。

これらのシャツは全て、

普段から愛用しているもの。

ですので、

実際に着用していることで、

僕の中である程度好みとしてるものがあるので、

非常に参考になりました。

 

ここでひとつ、

高級シャツの産地。イタリアのシャツの

生地・縫製・付属などに見られるように

良いシャツをイタリア製のものと仮定した場合の、

良いボタンとは何か。

 

他サイトからですが、

ご紹介します。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

通常 ドレスシャツには貝ボタンが使用され、


通常は2mm厚だが、


高級なシャツほど厚みのあるボタンを使用している。


厚みがあれば片手ではめやすくなるのと、


貝自体の希少性が理由である。
→ http://www.y-shirts.jp/parts.html

 

 

もうひとつ、別のサイトから。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

上質なシャツのボタンの素材は、


南太平洋産の厚さ4ミリ前後の美しい光沢を持つ


真珠貝のボタンです。


数年前、


厚い貝ボタンが


クラシックシャツの証であるとして流行しましたが、


クラシックなシャツスタイルが確立した当時、


貝ボタンを薄く加工する技術が無かっただけの事です。


したがって、


ボタンが厚い事とクラシックシャツは、


イコールではありません。


加えて、厚いボタンは、はめにくいという欠点を持っています
→ http://www.shirt-man.com/shirts-erabikata2006.html

 

↑それぞれが違った説を唱えています。

「厚みがあれば片手ではめやすくなる」

「厚いボタンは、はめにくいという欠点を持っています」

 

↑この、下線部の解説なんて特に。

どうでしょう?

一般的には前者がよく聞く説かなと。

まぁ、「諸説あるんだな」くらいで良いでしょう。

だって、大事なのは、

 

実際に使ってみて、


どういうボタンが実用性を備えているのか。


そこを考えれるかどうか。& 知っているかどうか。

 

例えば、

REMI RELIEF(レミ レリーフ)というブランドがあります。

ここのデニムシャツはすごく人気です。

それなんかには、

磨きのかかっていない、

削り出された状態のままの

貝ボタンが使われています。
20150913002718f64s
引用元
→ http://ameblo.jp/sugarvalley/day-20150224.html

 

厚さ約4mm

これなんかは、

実用性が良くないです。
貝から削り出されたまんまの状態で粗い。

すべりが非常に悪く、

ボタンホールに対してボタンの厚みが厚過ぎる。

(僕の個人的な印象ですが。)

 

それにより、

ボタンを留める外すという行為がし辛い。

おそらくブランド側も理解していて、

あじのあるユーズド加工が得意な

同ブランドのアイテムの雰囲気に合わせた

ボタンの選択なのかな?と考えます。

シャツのボタンひとつでも、

意識を向けてみると、調べ出すと、

考え始めると、奥が深いものです。

「シャツ」というアイテムに対しての

理解があってこその

ボタンのチョイス。

それらを踏まえた上で、結果。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

201603050830473acs
白蝶貝製の貝ボタンを2種類(2サイズ)使用する事にしました。

今回の記事。ここまで色々書きましたが、改めて説明します。

まず、白蝶貝は、

 

貝ボタンの中でもさらに価格の高い 高級な貝ボタンです。

 

そしてその分、本当に美しいのも事実。

それは、

 

「宝飾品」というカテゴリーに分類しても良いのじゃないかと思わせるくらい。

 

貝の種類は、白蝶貝。

次は、大きさ(直径)と厚みに関してです。

大きさ(直径)と厚み。

どちらも、

 

自分の所有するシャツの中で僕自身が使いやすく、


指先にしっくりくるものを選び、


近いサイズ感のものにしました。

 

個人的な好みだと言われてしまったら簡単なんですが、

かなり悩みました。

数字で書くと、

 

直径:11.5mm巾

厚み:2mm厚 & 3mm厚

 

↑こういった感じ。

厚みに2種類のものが書かれているのは、

この厚みの違う2型を、

オリジナルシャツに採用するからです。

直径のサイズに関して参考にしたのは

イタリアのブランド。

伝統的な手作業による工程を幾つか含んで作られたクラシックなシャツ

errico2_20150725083729d18s

エリコ フォルミコラのシャツ
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13608.html

 

↑こちらと同じ大きさ(直径)を取り入れました。

201603050831060e4s
20160305083050341s ※2種類の貝ボタン。厚み以外にも、デザイン(形状)がちょっと違います。

11.5mmというと、シャツのボタンにしては少し大きいんです。

( 大体、10~11mmを採用してるところが多いかなという印象。 )

 

しかし僕が選んだのは、

白蝶貝という

 

” 光 “をさらに美しいものとして可視化して輝く、高級なボタンです。

シャツのデザインはとてもシンプルなものにするので、

 

貝ボタンの大きさを少し大きくする事で、


ボタン自体にほんの少し自己主張をしてもらいます。

 

本当に綺麗な輝きによる自己主張です。もう、たまりません。

よく見かける大きさのボタンと比べ、

0.5~1.5mm 大きくしただけと思われるかもしれませんが、

甘く見てはいけません。

7個ほどのボタンがシャツ上に並ぶと、

その差はかなり大きく出ます。

 

 

貝ボタンも、シャツのデザインの一部に。

奈良県 川西町産の美しい貝ボタンには、


それだけの価値があると思います。

 

 

次に厚みです。

2種類の厚みのものを使い分けるのは、

定価約8万円の超上質な生地の高級シャツ。

イタリアのブランド

IMG_0471
ロロ ピアーナのシャツ
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13494.html

↑こちらから採用しました。

このロロピアーナのシャツも、

2種類の厚みのボタンを使い分けていて、

 

第一ボタンだけ、メインとして使っている他の箇所のボタンより厚さが薄いんです。


20160305205201b79s メインには、4mm厚のものを選んでるんですが、

第一ボタンには、約2mm厚のものが使われています。

これ、実際に普段着用していると、

第一ボタンが留めやすいんです。(←超個人的な意見)

20160305205203a03s
イメージして頂きたいんですが、

第一ボタンって一番首元についているから、

ボタンを留める時に手元が見えないですよね。

だから、両手の指先がつまむ

ボタン・ボタンホールの位置を感覚的にコントロールしてませんか?

そんな第一ボタンだけ、

薄いタイプにしておくとボタンが留めやすい。

ロロピアーナのシャツを普段着用する事で、

僕個人としてはそう感じました。

 

それは、

作り手側の着用者に対する


思いやりなのだと解釈しています。

宝飾品とも思える白蝶貝のボタン。

全て薄いタイプを採用すると、

繊細かつ魅力的な光沢と、

その魅力をさらに倍増させる重厚感が伴いません。

しかし、高級シャツに多くみられる4mm厚だと、

個人的には分厚過ぎる…..。

 

そこで、

20160305083051d0cs 美しさと重厚感を両方兼ね備えた厚みである

3mm厚を主とし、

 

20160305083108264s
着用して頂く方の事を考え、

留め易さを優先して、

第一ボタンだけは、

2mm厚のものを採用する事にしました。

勝手ながら、

僕(作り手側)の思いやりを込めさせて頂いた

” 1mm ” という小さくて大きな世界。

201603050830488c2s
この1mmの厚みの違いによる効果が

どれほど大きいものなのかを、

実際に着用して頂く方にしか伝えられないのが残念です。

と、いう事で、最後にもう一度。

僕のオリジナルシャツのボタンは、

貝の種類:白蝶貝


直径:11.5mm巾


厚み:2mm厚 & 3mm厚


生産地:奈良県 川西町

 

↑こちらを使用します。

僕が選んだ貝ボタンは、

貝ボタンは貝ボタンでも、高級な部類のもの。

なぜなら、それが本当に美しいということ。

そして、そういった天然素材の良さを少しでも伝えられたらという想いがあるから。

 

※今回の記事。

あくまでも個人的な見解を述べていますので、その点はご了承ください。

さらにもう一点。

今回の記事は、過去のこれらの記事をひとつにまとめたものです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

ボタン選び。【オリジナルのシャツに向けて】
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13721.html

 

貝ボタンをもっと知る。-貝ボタン工場へ。-【オリジナルのシャツに向けて】
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13722.html

 

貝ボタンの厚みを考える。【オリジナルのシャツに向けて】
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13723.html

 

使用する貝ボタン。直径と厚み。決定。【オリジナルのシャツに向けて】
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13916.html

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。