マーケティングコンサルタント藤村正宏ブログ

マーケティングコンサルタント藤村正宏ブログ

個人的におすすめなものをジャンルレスに紹介するカテゴリ「おすすめ」

 

今回も、

前回のMのブツ欲日記さん同様、

僕がディープに拝読しているブログ。

 

エクスマ
(エクスペリエンス・マーケティング)を提唱する

マーケティング・コンサルタント
藤村正宏さんのブログ
をご紹介します。

 

エクスペリエンス(経験)マーケティング。

「モノ」ではなく、

「体験」を売る視点の

マーケティング手法。

 

同氏は、

10年以上も前から

提唱してらっしゃるのだそうです。

 

なぜ僕がこちらのブログを拝読しているのか。

 

カナダから帰国後、

再びその門をたたいた

ファッション小売業界。

 

人生2度目。約7年ぶりの販売員。

そこで感じた課題。

「ユーザーが実店舗で買い物をするメリットは?」

いくつも感じることがあったのてすが、

大きく一つ挙げるとするならば

前述の一点。

「ユーザーが実店舗で買い物をするメリットは?」

だってそうじゃないですか?

現在、

色々な方法で欲しい物を手に入れられる時代です。

上手な方は、

実店舗よりもネット上で買い物をして、

少しでも低価格で購入してませんか?

最近だと、

気になるアイテムの質やサイズ感を店頭で確認。

その後、

お店では買わずにネットで購入。

これは、

実際に少なくない事例だそうです。

業界紙なんかに目を通していると、

そういったユーザーの購買方法を否定するのではなく、

販売企業側が

ネット等のコンテンツのシステムを整えることで、

消費者に

実店舗でブラウジングしてもらい、

購入はそういったアプリ等の媒体を通してネット上で。

実店舗の売り上げには反映されませんが、

企業としての売り上げに繋がる事には変わりないので、

ファッション業界もそういった技術を取り込んでいくべき。

こういった記事を見たことがあります。

 

ただ、

それに関しては大手の企業向けだなと。

 

各地方の小規模なセレクトショップだとかには当てはまらないと思います。

 

なので、

いま販売員のフィールドに戻った上で、

自分に何ができるか。

どうしていくべきか。

と、考えた際に出会ったのが

同ブログ

藤村正宏さんのブログでした。

僕の掲げた課題

「ユーザーが実店舗で買い物をするメリットは?」

ポイントは、

付加価値だと思います。

 

大事なのは、

ひとくちに”付加価値”と言っても、

どういった付加価値なのか。

 

商品に付加価値を添えて、

ユーザーへ販売する小売店。

 

まぁ、わかります。

では、

その付加価値って一体?

ブランドネーム?

素材?

生地?

縫製?

パターン?

カッティング?

加工?

トレンド性?

 

その答えが、

藤村さんのブログを読んでいると

何か見いだせる気がするんです。

現状、僕が感じているのは、

スペック的な要素の付加価値を

商品へ生むのではなく、

販売員こそが付加価値となり、

「この店員さんだからこそ、
この人から買いたい。」

そう思ってもらえるように努める事で、

きっとそれが、

アパレルの小売店が生き残る事に繋がるのかなと。

 

そもそも、

商品に対して

「素材・生地・縫製・パターン・カッティング・加工・トレンド性」など

の拘りを、

付加価値を加えるのは

基本的にはメーカー(企画)側なはずです。

小規模なセレクトショップは、

数多あるファッションブランドから

自店の感性等に合った

そういった拘りのアイテムを

少しずつピックして

お店を作りますが、

メーカー・ブランド側が用意した

アイテムの付加価値(前述の拘り要素)なんて、

意外とユーザーには関係なかったりします。

 

実際、

こだわりを持ったブランドを

多く揃えるショップ。

そんなものは、

既にたくさんあります。

 

似たようなセレクトショップが

既に多く混在している中、

だからこそ、

“販売員”こそが付加価値となり、

商品の+αとなる要素の何かを

アイテムのスペック等にみられる

箇条書きして終わるようなものばかりで済まさない。

そこなのかなと。

販売員のパーソナリティー。

この店員さんだからこそ、

この人から買いたい。

 

結局は、

販売員(お店)とお客さんの

フェイス to フェイス

ですから。

 

いま、

“ショッピングスタイルも多様化した” こんな時代だからこそ、

改めてそこを見直していく事が大事なのかなと、

お店に立ちながら

日々、感じています。

 

最後にもう一度、

藤村さんのブログをリンクしておきます。

「マーケティングコンサルタント藤村正宏ブログ」さん

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

Mのブツ欲日記

Mのブツ欲日記
個人的におすすめなものをジャンルレスに紹介するカテゴリ「おすすめ」

 

今回は有名なファッションブログです。

 

良い物を手に入れたいという

留まることを知らない

そのブツ欲に

いち消費者として

ただただ羨ましくなってしまう

そんなブログ

「Mのブツ欲日記」さんです。

 

タイトルがわかりやすいですね。

ブログ主 Mさんが

我慢できずに購入したもの

前々から気になってて

遂に購入したもの

取材先で

衝動買いしてしまったもの

などなど。

”良い物”に対しての造詣が深く、

コードヴァンを愛するブログ主のMさん。

 

そんなMさんの底知れぬブツ欲と、

購入履歴に触れることができるブログ。

 

個人的に好きな記事は 主に二つ。

 

Mさんのお人柄・人間性を

少し覗くことのできる

○○考シリーズ。

何か物事に対する同氏の考えを綴るシリーズです。

共感できるトピックであったり、

ご本人さんは

こんな考えの持ち主なのかと

画面越しにパーソナリティーをイメージする。

 

といった ネットならではな楽しみがあります。

 

カテゴリー「買ったモノ」

本当に色んなブランドをご存じなんだな

と感じさせるのと同時に、

度々、高品質なアイテムを

低価格で購入なさっているので、

買い物上手になる為に、

参考にすべくチェックしています。

主にこれら二つのシリーズ。

 

そして何より

一番の魅力は、

毎日欠かさずブログを更新なさっているということ。

同氏のブログは読みやすいですし、

期待を裏切ることなく

毎日更新なさるので、

 

こちら側は

毎度楽しみにしない訳にはいきません。

とても魅力的で読み応えのあるブログです。

おすすめですので、

気になる方やファッション好きな方は是非。

こちらへ、リンクしておきます。

 

 

「Mのブツ欲日記」さん

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

ショップ紹介「Toron」さん

ショップ紹介「Toron」さん

 
トロン20
街を散策して出会うショップの中で、

素敵なショップに出会う事がいくつかあります。

 

そんな素敵なショップを紹介していけたらと設けましたブログ内カテゴリ「ショップ紹介」

 

今回は、

カナダより帰国後、

いくつか出会った数々のお店の中でも

特別魅力を放つお店

「Toron(トロン)」さんを紹介します。

「Toron(トロン)」さんは、

店主 広崎さんが構える名古屋にあるセレクトショップ。

 

ラインナップは

08sircus | ゼロハチサーカス

CERASUS | ケラスス

giraffe | ジラフ

HAVERSACK | ハバーザック

Hirohisa&Lewis* | ヒロヒサ アンド ルイス

H?katsukawa from Tokyo | エイチ カツカワ フロム トーキョー

MARCOMONDE | マルコモンド

m’s braque | エムズ ブラック

Peter Jensen | ピーター イェンセン

PASCAL DONQUINO | パスカル ドンキーノ

Vlas Blomme | ヴラス ブラム

YOSHIHARU HASEGAWA | ヨシハル ハセガワ

S.E.H KELLY | エス・イー・エイチ ケリー

 

こういったブランドの作品が、

広崎さんと共に

お客さんをもてなします。

 

僕は正直

ブランドをあまり知らず、

上記ブランド内から挙げるならば

08sircus や HAVERSACK くらいしかわかりませんでした…..orz

しかし、

ファッション感度の良い服好きな方の目線だと、

かなり心躍るプロダクトが揃っているのだと思います。

 

提案なさるスタイリングはこういった感じです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

toron8.jpeg
toron6.jpeg
toron7.jpeg
toron4.jpeg
toron2.jpeg
toron1.jpeg
toron3.jpg
toron5.jpg
広崎さんの選んだプロダクトは、

あまりにも魅力が強く、

素材・生地・縫製

それぞれの水準が高いものです。

素敵でした。

しかし、

それくらいなら、

全国いくらでも近いお店はあるかもしれません。

 

何が一番魅力的だったか。

それは

店主の広崎さん。

とても穏やか。

お客さんを大事になさる。

ブランドではなく、ファッションが好き。

一度 お会いすれば

一度 お話すれば

そうすれば

皆さんもきっとわかると思います。

 

広崎さんの人柄・感性が

形として見れるような店内のつくり。空気感。

最高でした。

 

そこに広崎さんの感性による

アイテムの提案。 コーディネートの提案。

それらは

Toronでしか味わえないです。 間違いなく。

ある日の記事(http://mtatkk.com/blog-entry-13433.html)でも書きましたが、

最近の販売員の中には、

少し物足りない人がたくさんいます。

しかし、

こちらのお店はそうではありませんでした。

 

什器やハンガーまでオリジナルで作る拘りぶりも、

本気でファッションが好きなお人柄の表れなのだと考えます。

そんな広崎さんに会える「Toron(トロン)」さん。

オンラインストアやSNSも充実しているので、

その一部かもですが、

画面越しから広崎さんとToronに触れる事が出来ます。

Toron:オンラインストア

Toron:オーナーブログ

(※その他のSNS関連は、リンク先からどうぞ。)

 

特におすすめはブログ。

たまに紹介されるコーディネート提案は、

写真の撮り方含め お洒落です。

 

そして何より、

オーナーの人柄が伝わってきますので

ブログだけでも是非。

toron -遊び心をもつ紳士のための洋服屋-

愛知県名古屋市東区泉1-12-1 HY久屋大通レジデンスB1F

オンラインストア上にて紹介なされていた

キャッチフレーズが素敵だったので、

そのまま利用しました。

最後に、たくさん写真を撮らせてもらったので、

全て載せておきます。

 

トロン1
トロン3
トロン4
トロン5
トロン6
トロン7
トロン8
トロン9
トロン10
トロン11
トロン12
トロン13
トロン14
トロン16
トロン17
トロン18
トロン19
トロン20
トロン21
広崎さん。

ありがとうごいました(^^)

トロン15
Toron:オンラインストア

Toron:オーナーブログ

愛知県名古屋市東区泉1-12-1 HY久屋大通レジデンスB1F

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

プロに徹しきれない販売員

プロに徹しきれない販売員

まぁ、僕自身の事なんですが(汗)

 

なぜなのか。

 

それには少し

考える事がありまして…..。

 

課題があるんです。

自分の中で。

 

どこまでが販売員の仕事なのか。と。

 

カナダから帰国して再就職。

人生2度目の販売員として

店頭に立つようになり およそ半年。

色々と揉まれております。

 

今回は販売員の仕事について。

 

現状、

僕の中で処理できていない事を

ブログに残そうと思います。

 

大きく二点です。

「販売員は、買うのも仕事である。」

「売り上げが悪い日は、少しでも数字を作るために何か購入する。」

 

どこまでが仕事なのか。

 

まず一つ。

「販売員は、買うのも仕事である。」

これは、実際に今の上司に言われたことです。

お店の服を着てお店に立ち、

スタッフ自ら販売促進材料のひとつとなる。

スタッフ自身が、

気に入ったアイテムを購入。

もちろん店頭でも着用して、

自分の言葉で。

リアルな いちユーザーとして。

メリット・デメリットそれぞれを。

これらをお客さんに伝えることができるので

やはり売れやすい傾向にあります。

スタッフ着用アイテムかそうじゃないかで。

好きなアイテムを着て接客。

それが数字となる。

まさに会社と従業員とで

ウィンウィンとなる良い事例です。

しかし、僕はお店の服を着ていません。

(全く着ない訳ではないですよ!)

 

社員割引というフィルターを通しても

価格はそこまで安くはないので、

この価格なら購入したい!

という考えにも なかなか至らないです。

そんな僕を見かねた上司からの発言(注意・指摘)でした。

 

 

二つ目は

「売り上げが悪い日は、少しでも数字を作るために何か購入する。」

やはり、

売り上げが 0円という日もあります。

それは流石にまずいので、

スタッフが自腹を切って

最低でも数千円。だいたい1万円の売り上げ実績は作る。
(場合によっては2万円)

という

暗黙の取り決めがあります。

 

そのときの購入価格は

定価ではなく、

社員割引価格でもないです。

 

定価から少しだけ割引を効かせて購入します。

これは、

店頭に立った以上 最低限の責任を。

という事なのかなと感じました。

 

でも、そんな責任の取り方ってありますか?

 

ちなみに僕は

売り上げの為に商品を

買ったことがありません。

(1~2度あるかな?くらい。)

 

毎日売り上げを作れているから

買わずに済んでいるという訳ではありません。

 

今までに

売り上げが悪かった日が二度三度あるのですが、

別の同僚スタッフが購入した事により、

帳面に数字を残しました。

 

他店の方には、

平均で4万円/月の自腹を切っているスタッフがいるとも聞いています。

 

これら二点。

結論として

僕は販売員としてプロではないのかな

と 考えさせられました。

販売員は自店の服を着てお店に立ち、

自身を販売促進の いち媒体とし、

数字を作る。

 

店に立ち、

それを生業にしているプロとして

売り上げを作るのは

仕事に対する責任のひとつ。

 

販売員ならば、

もしかするとこれらは、販売員の世界だと常識なのかもと。

 

少し話は 逸れまして。

先日 電卓をはじきました。

妻との生活。

月にいくら必要なのか。

そしたら、

会社から頂いている給与額と同じくらい。

むしろ、

少し赤字になるかもといった数字が出ました。

生活費全般

保険など
(うちの会社は 福利厚生がないです。)

住民税など

貯金
(結婚資金などに必要な最低限の額)

 

 

若い頃は気にしませんでしたが、

人間 生きてるだけで、

色々とお金がかかるもんですね。

 

結果、

妻が働きに出てくれているので、

成り立ってる訳です。

プロに徹する。

アパレル業界の大変さの一つだと

身をもって感じている今日この頃です。

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

生地スワッチ from ショップJ

生地スワッチ from ショップJ
J生地サンプル1
これまでの記事の中で
何度か登場している“ショップJ”
先日、
そのショップJのマスターから
嬉しい手紙が届きました。
僕らが
マスター
と慕う店長さんが、
質の良い生地を使った洋服を
オリジナルで展開している
大阪にあるお店です。
怪しい(妖しい)生地を入手し、
そこから生まれた
シャツ・スラックス・セットアップのスーツ・コートなどが
店頭に並んでいます。
しかも、低価格で。
そんなJのマスターから、
先日 簡易生地スワッチとも呼べる手紙が届きました。
J生地サンプル2
J生地サンプル3
J生地サンプル4
J生地サンプル5
J生地サンプル6
J生地サンプル7
こんな感じ。
たったこれだけのシンプルなもの。
そしてこのスワッチと時間差で、
内容の解説がなされた
メールを寄越してくださるんです。
今回のものを、少しだけ紹介します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2115T-2・・・・
綿100%の先染めの60番手双糸を経糸・緯糸に使っています。
100番手の糸より太い60番手で織られていますので・・・
生地に厚みが有ります。
冬の定番素材ツイード・フラノ等と合わせてお楽しみ下さい。
ショート・ポイントと呼ばれる小さめの襟のボタンダウンシャツで仕上げています。
733-11・・・
綿とウールの糸で織られた、ヘリンボーン柄です。
お手持ちのシャツと合わせて欲しい
リバーシブルベストに仕上げています。
ASX1588-5・・・
ファンシーツィードと呼ばれる珍しい生地です。
ベストとライダースジャケットに仕上げています。
PGW2906-030、130・・・
ウール100%の先染めの双糸(60番手)を、
経糸と緯糸に使った贅沢な生地です。
パンツとジャケットに仕上げています。
66110-5・・・
120番手の双糸で織られたシャツ用の生地です。
気になる品番が有りましたら、
製品の写真をお送りさせて頂きますので~
お気軽にお問い合わせ下さいね!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎度、
このスワッチにまとめられた生地を触りながら
わくわくするわけです。
僕らショップJのファンは(笑)
僕の友人KAG君なんかは、
生地の織り組織をほどき、
打ち込まれた糸一本まで解いて
糸自体を楽しんでる時があります。
今回も気になる生地が揃っていたので、
形となって店頭に並ぶのを楽しみにしようと思います(^^)
J生地サンプル1
Facebookへのリンクです。
30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-
たまに、Facebook上のみで
簡単に話題を紹介してます。