コーディネート2

コーディネート2

先日の足下の記事(http://mtatkk.com/blog-entry-13477.html)に引き続き、

今回は全身のものを。

 

 

 

DSC_0480.jpg
DSC_0484.jpg
DSC_0481.jpg
silkshirt.jpg
アナクロjunya
こーで1
こーで2
こーで3
全アナクロ
こーで5
こうして見直してみると、

全体のストリートな感じ・雰囲気から

もう少し抜け出してもいいですね。

楽ちんな格好に走ってしまうあたり

僕の悪いクセのようです。

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

あしもと

あしもと

Facebookをちょくちょく更新しています。

 

少し枚数がまとまっていたので、

こちらにも記録がてら残しておこうと思います。

 

トロントの博物館で観た

名作スニーカーを相当な数紹介した

「バータ靴博物館シリーズ」(http://mtatkk.com/blog-entry-category/バータ靴博物館)

それよりかは

内容が薄いですが・・・・。

 

 

あしもと1
あしもと2
あしもと3
あしもと4
あしもと5
あしもと6
あしもと7
あしもと8
あしもと9
あしもと10
あしもと11
あしもと12
あしもと14
あしもと15
あしもと13
あしもと16
あしもと17
あしもと18
あしもと19
あしもと20

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

FUTURA × ZOO YORK スケボーデッキ

FUTURA × ZOO YORK スケボーデッキ

タンスの奥に眠っているアイテムでも、

これを紹介したいかなと ふと思ったものや、

購入したてだろうが、

購入から少し間が空いてしまおうが、

その時の気分で私物を紹介するカテゴリ

「買ったもの・ワードローブ紹介」

 

今回は、

スケボーなんてしたことないのに所持している

スケボーデッキを紹介します。

 

 

 

futurazooyork1.jpg
futurazooyork2.jpg
futurazooyork3.jpg
futurazooyork4.jpg
アメリカのスケボーブランドZOO YORKと

僕の大好きなグラフィティアーティスト

FUTURA(フューチュラ)とのコラボです。

 

実はこれ、

ひょんなキッカケで手に入った”頂きもの(無料)”です!

一番左のものなんて、

まだ未開封です。

心躍りました。

このデッキがきっかけで、

久し振りにFUTURAのTシャツ

「UBIQ × FUTURA S/S プリント tee」(http://mtatkk.com/blog-entry-13118.html

を引っ張り出してきて、

店頭で着用したのは内緒の話です。

スケボーはできないですが、

ずっと大事にしようと思います。

 

 

futurazooyork2.jpg

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

1205 L/Sシャツ

1205 L/Sシャツ

 
12051.jpg
「1205」

調べてみました。
1205は、

イギリスの女性デザイナー

Paula Gerbase(パウラ・ジェルパーゼ)氏によるファッションブランド。

男性らしさと女性らしさが調和された

ユニセックスデザインが特徴で、

モノトーンが基調の

シックでシンプルなテーラードスタイルを提案している。

Paula Gerbase(パウラ・ジェルパーゼ)氏は、

世界的なファッションスクール校「セントマーチンズ」を卒業後、

ガレスピューを経験し、

その後ハーディ・エイミスへ。

サヴィルローにあるアトリエでテーラードを学び、

老舗テーラーのキルガーで働いた後、

2010年に自身のブランド「1205」を創立した。

また、ブランド名の「1205」は、

デザイナーであるパウラ氏の誕生日に由来する。

なぜこのようなブランド名にしたのかと言うと、

人はブランド名で

ある程度どのような服のテイストのブランドなのかを

知らず知らずの内に判断してしまう。

なので敢えて数字を使用することで、

どのようなテイストの服を作っているのかを知らせないようにしている。

また、数字は国により読み方が違う為、

日本では「イチニーゼロゴウ」、

「イチニーマルゴウ」など、

英語圏では「トゥエルブオーファイブ」

「トゥエルブゼロファイブ」

などで呼ばれる事が好きだともデザイナーは語る。

 

 

そうです。

お得意のコピー&ペースト炸裂です。

僕の知る限りでは、

2011年(くらい?)頃から名前を聞くようになったブランド。

UNITED ARROWSやBEAMSでプッシュされてました。

特に、

UNITED ARROWSの栗野宏文氏が

力を入れていたイメージがあります。

 

ここで

栗野氏を検索してみると、

ユナイテッドアローズの創業メンバーの1人で、

「ユナイテッドアローズ上級顧問 クリエイティブディレクション担当」

というポジション。

UA全体のディレクションを行う

とっても偉い方です。

と言うか

文面からだけでも、

日本のファッションシーンにおいて、

この方の存在が大きいのがわかります。

そんな大御所が好まれた

ブランド「1205」

最近はどうなんでしょうか?

現在の各ショップでの位置付けがわかりません……..orz

しかし、

日本を代表する大手セレクトショップが

プッシュしようがしてなかろうが、

大事なのは質とプライスのバランス。

簡単に画像を紹介していきます。

フロントスタイル。

↓ ↓ ↓ ↓

12051.jpg

 

 

 
生地のアップ。

加えて、前立ては比翼仕立て。

すっきりとした表情。

とてもセクシーです。

↓ ↓ ↓ ↓

12052.jpg

 
バックヨークは、
センターバックの位置で生地が切り替えられています。

地の目の方向に変化を付ける事で、

腕の運動に対応させたディテールです。

↓ ↓ ↓ ↓

12053.jpg
↑現在では、
生地・糸・縫製 それぞれの質の向上している為、

そう頻繁に見られる仕様ではないです。

裾はラウンドさせていません。

かつ、脇にスリット(かな?)が設けられています。

↓ ↓ ↓ ↓

12054.jpg
ブランドのネーム(タグ)はこんな感じ。

↓ ↓ ↓ ↓
12055.jpg

 
生地良し。

素材は綿100%。

縫製は、

「丁寧に縫われてるな。」といった印象。

悪くはありません。

比較してしまうと、

以前紹介した “MARIA SANTANGELO(マリア サンタンジェロ)”のシャツ(http://mtatkk.com/blog-entry-13422.html)の方が一枚 上手です。

 

 

シルエット・ディテール良し。

きれい目な着方はできるし、

これくらい怪しくセクシーなシャツであれば、

他のアイテムをストリートテイストのもので固めて、

ストリート系にカジュアルダウンして取り入れたいです。

 

made in ITALY で

安定のイタリア製。

最後にプライス。

¥35,640- が ¥10,692-でした。

 

 

 

文句ナシの買い物でした(^^)

12051.jpg
12055.jpg
着倒します!

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

NIKE LUNAR FORCE 1 FUSE PRM “WHITE ICE” 614491 100

NIKE LUNAR FORCE 1 FUSE PRM “WHITE ICE” 614491 100
ナイキ ルナフォース1 ホワイトアイス
ルナフォース1

エアフォースの白/白を

買おうと思ってたんです。 ずっと。長い間。

 

篠原ともえ&松本英子のことじゃないですし、

キロロでもないです。

※わからない方は、

「ずっと 篠原ともえ 松本英子」

「長い間 kiroro」

 

↑で、それぞれクリック

30歳目前・30歳代の世代にとって、

エアフォースのブームは

かなり大きいものだったと認識しています。

 

あのブーム。

僕らで当時 中学〜高校生の時でしたよね?

で、しばらくしたら、

生誕25周年記念で色んなカラーがリリース。

 

チャールズ・バークレー カラーなんかもありました。

 

その時なんかは

一度目の販売員時代でしたので、

店頭でしっかり触れていました。

 

でも、

購買意欲だとかのバランスが悪かったのか、

 

そこまで欲しいとは思ってませんでした。

「いつかは買おう。」

とか その程度。

その購買意欲やタイミングなんかのバランスが

歳をとって噛み合った訳です。

 

詳しくは、

いつも拝見しているスニーカー情報サイト

「SNEAKER WARS」さんより。

↓ ↓ ↓ ↓

純白の輝きを放つ”ルナフォース1(LUNAR FORCE 1)”が登場する。

バスケットボールシューズとしてデビューし、

その後ストリートカルチャーと相まって

タウンユースモデルとして絶大な支持を集めた”エアフォース1(AIR FORCE 1)”。

2012年のデビュー時も似たカラーリングを発売したが、

その際はすぐに完売した配色である。

今回は数量限定として、再びリリースすることが決定!

 

 

 

なるほど・・・。

 

数量限定だったんですね!

(知らなかった・・・笑)

 

SNEAKER WASさんでは、

もっと詳しい情報が掲載されているので、

こちらにリンクしておきます。

 

SNEAKER WARS:ナイキ ルナフォース1 “ホワイトアイス”

 

 

 

 

ルナフォース2
ルナフォース3
ルナフォース4

エアフォースの白/白が欲しかった僕。

 

でも、

エアフォースとは違うソールのシステムを持つ

このルナフォースを選んだのは、

今回のルナフォースのデザイン仕様において

光沢感あるアッパーと、

合皮(たぶん)張りになった

履き口のライナー(裏地)

それぞれのポイントが高かったからです。

 

普通のエアフォースなら、

履き口のライナー(裏地)は化繊の素材なんですよね。

 

(一度目の販売員時代、店頭で その部分がよく日焼けしたのは良い思い出。)

 

さらには、

アウトソールがクリアソールで、

よりファッショナブルな印象。

 

ルナソールだから履き心地は良いし、

ここは押さえ時でしょう!

ということで文句ナシに購入しました。

 

ルナソールとは

正しくは、

「LUNARLON FORM(ルナロンフォーム)」

高次元の「衝撃吸収性」と「軽量性」「反発性」を生み出し、

まるで月面を歩くかの様な

新感覚の履き心地を体感出来る

クッショニング性抜群のアウトソールです。

 

本当に履き心地が良く、

立ち仕事である販売員時代。

一日立ちっぱなしでも疲れ知らずでした。

 

言ってるうちに

エアフォースが35周年になるので、

※ナイキの名作エアフォースは、

1982年に登場。

2017年は、生誕35周年にあたります。

その時に

僕のハートをガッチリ掴んでくるヤツが表れたら、

その時こそはエアフォースを手に入れようと思います(^^)

 

 

ルナフォース1

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。