高校時代 後編2

高校時代 後編2
前編(http://mtatkk.com/blog-entry-13010.html)

後編1(http://mtatkk.com/blog-entry-13011.html)に続いて、後編2です。

 

後編1では、

全日制の高校を中退

↓ ↓ ↓

その場繋ぎのバイト

↓ ↓ ↓

1年職人見習い(仕事のみを1年)

↓ ↓ ↓

職人見習いをしながら定時制夜間高校へ通う

 

 

↑と紹介しましたが、結局は

「その場繋ぎのバイト」〜「職人見習いで、仕事のみしていた1年」のあたりの話でした。

 

今回は、その後の過去語りです。

ショップYへ通うに連れ、ドメスティックブランドへの抵抗が薄れていった僕。

自分の中で、インポートのストリートブランドを絶対的な位置に据えていたのですが、

Yで扱っていたブランドが

SIFURY ATMOS LITH TOKYO SANDINISTA
alias AMBIVALENT ACQUIESCE BANSHEE
UBIQ TAS CLAE TYUFRY

 

↑等で、当時はSIFURYのフェイスTシャツ・UBIQのFATIMA(スニーカー)
・TASのmania(スニーカー)などが、雑誌で紹介されていて、

 

ミーハー精神丸出しだった僕は、例に漏れずドメスブランドへも手を出していきました。

mania

FATIMA
「俺は雑誌に掲載されてるストリートブランドを着用しとるんや!」

そうやって、自分のファッションが他人とは違い、

こだわりのあるものだと錯覚していました。

 

恥ずかしく、そして間違った驕り(おごり)の出方です。

服に着られているというのは、ああいう事だったなと、痛感します(笑)

 

そしてこの頃、ショップYのすぐ近くにショップRが誕生します。

ショップRもドメスブランドのセレクトショップで、取り扱いブランドが

bal NARCOTIC(すぐ後にRAW FUDGE) NEXUS7
M.W.O.B.H.M COMPLETE FINESS SASQUATCHfabrix.(かなり初期)

↑などで、しばらくしてglambやVictimも扱います。

このショップRの登場で、ほぼ毎週ショップYとショップRのはしごをしてました。

全身ガチガチのドメスストリート系。

サイズ感はオーバーサイズ。

(同じブランドでも、当時のMサイズと現在のMサイズの大きさを比較したら大分違い、昔はかなり大きめになっていたと思います。)

 

当時のストリート系での流行りがモロに出てました(笑)

しかも中学時代に格好だけのややヤンキーっぽい服装だった為、そもそものサイズ感がデカい!

サイジングのセンス0(ゼロ)でした・・・。

 

ショップY・ショップRを往復するうちに、タンスの中が

SIFURY Shapel BANSHEE Victim glamb
SASQUACTHfabrix. DISCOVERD rehacer SANDINISTA

などで溢れ、

もちろん、FUTURAやSNAFUもしっかりとワードローブの一部として、どっしりと構えておりました。

他にも、AG(ドメスの方の)やSINDEEなんかもちょろっと買ってました。

そんなファッションライフを、ダサいながらも楽しんでいた僕の中で変化が起こり始めます。

ショップYのスタッフ、西さんのスタイル・センスに憧れを抱きます。

この西さんという方は、

とても優しい人柄。柔らかい雰囲気を持っていて、服装がユルい!

 

特に当時のSIFURYなんかは染色のアイテムだとかも多く、ユルいテイストでファンを掴んでいました。

 

西さんはとにかくそれらがよく似合い、

尚かつご自身の人柄にマッチしていてお手本にしたくなるのです。

※そんな西さんは当時アルバイトスタッフだったそうで、

ショップYも名前が変わったり移転をしたり、規模も拡大したりと成長していき、

今では、姉妹店4・5店で固めた郊外型ファッションビルの代表になられました。

西さんからは、色々と吸収させてもらいました。

 

「うわっ、今日の西さん めちゃくちゃお洒落!」と思った着こなし方をちょっとマネしたり、

ダサいサイジングを軌道修正してくださった事で、ややジャストめなサイジングになったり・・・。

特に西さんからはゆるいスタイルを盗みたく、また新たに別のショップGにも通うように。

ショップYへ4〜5回通うごとにショップGへ1度足を運ぶ。

そんな程度の頻度でしたが、

そのショップGではPhatee nero(音色を由来として”ねいろ”と読みます)

accha two pieace THCなどを購入してました。

 

裏原系に憧れてストリート系ファッションだった僕でしたが、

コーディネートの中に、一部をさりげなくタイダイ染めしたアイテムや、

やや民族テイストなアイテムを取り入れ、ゆるい雰囲気のアイテムをコーディネートに組み込んでいました。

西さんはゆるい服の着方(ゆるい雰囲気のコーディネートの組み立て方?)をなさってたのですが、
僕はアイテム自体がゆるい印象のものを着用し、ストリート系の中に落とし込もうとしていました。

(西さんは、ゆるい雰囲気への服の着崩し方が非常に上手だったのだと考えます。)

 

このあたりから、わからずながらコーディネートの組み立て方を考えるようになっていきました。
(今現在もよくわからないままその日の服を選んでますが  笑)

 

そうしている内に裏原ブームも落ち着きだし、当時は色んなテイストのドメスブランド出始め・目立ち、

メンズファッションがさらに細分化していったイメージがあります。

FAT MofM FACTOTUM UNUSED F.O.B FACTORY
anachronorm MASH macknight WACKO MARIA
JOHNLAWRENCESULLIVAN TMT nonnative TROVE mean

記憶が全く定かじゃないので申し訳ないのですが、当時目に入っていた(気がする)ブランドです。

 

他にももっとあるはずです・・・!

 

ユニクロのフリースが大流行したり、

リーバイスからリッキー・コフによる立体デニムが出たり、

スラブデニムが流行ったり、

TMTのアメカジがキムタク着用で流行ったり、

ナンバーナインのグランジ系がキムタク着用で流行ったり、

APEの革ダウンジャケットがキムタク着用で流行ったり、

サルエルパンツが流行ったり、

フラボアやズッカが流行ったり、

雑誌ChokiChokiのお洒落なキング達の服装が注目を集めたり、

(当時は奈良氏がすごく、本当にキング奈良状態でした。)

balがすごい流行ったり、

NEXUS7が逆輸入での展開で話題になったり、

テーラードジャケットが流行ったり、

エイプリル77やヌーディー等のスキニーが流行ったり、

お兄系が流行ったり、

ロエンが流行ったり、

時間軸がわからないですが、メンズファッションシーン内では僕が経験しただけでも色々ありました。

当時の僕の愛読雑誌はBOON SMART ChokiChokiだとかです。

やはり、ストリート系を主としている感が強いです(笑)

ごくたまにMEN’S NON-NOには立ち読みで目を通していましたが、

コレクションを楽しめる専門の雑誌 gap などまでは手を出してませんし、

その存在すら知りません。

 

あくまでも、当時の僕はストリート系を軸としたファッション概念を持っていたのだと思います。

 

さて、ストリート系ファッションの中に”ゆるいテイスト”を取り入れていた僕は、

次に古着にも興味を持ち始めます。

興味を持ち始めるのですが、今回の記事も長くなってしまったので、後編3へ続きます・・・。

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

高校時代 後編1

高校時代 後編1
前編(http://mtatkk.com/blog-entry-13010.html)では、

中学から高校へ上がってすぐの話をご紹介しました。

 

今回はその後の話で、

全日制の高校を中退

↓ ↓ ↓

その場繋ぎのバイト

↓ ↓ ↓

1年職人見習い(仕事のみを1年)

↓ ↓ ↓

職人見習いをしながら定時制夜間高校へ通う

このあたりを記述しようと思います。

 

近所にある海外買い付けのショップTの影響で、

インポートのストリートブランドに目覚めた僕は、

もっと手に入れる事はできないのかと考えます。

 

そうして、

地域密着型のファッション雑誌(スパイマスターという、東海地方で展開する雑誌です)で、

好みのショップを探しました。

その結果、地元から少し離れたやや都市部に、

「FUTURA SSUR SNAFU」を取り扱うショップを見つけ出しました。
(ショップ名をYとします。)

そこは地方の路線で3駅程離れた場所でした。

もちろん行動圏内でしたので、バイト代を握り締めた僕は、すぐに行きました。

人生で初めてでした。

「セレクトショップ入店」

※地元の海外買い付けのセレクトショップTは、

非常にアットホームな雰囲気で中学生・高校生だった頃の僕でも入店し易かったんです。

今思い返すと、すごい緊張しました(笑)

 

加えて、

「”うわっ。ダサい奴が来た。”と、なめられないようにしよう。」

だとか考えてました。

まぁ、すごいダサい服装で行ったんですが・・・。

初めての買い物では、

SNAFUの厚手パーカ

SSURのスウェットパーカ

FUTURAのボアブルゾン

SANDINISTAのアウター

↑ を購入。

支払額が¥77,700-だったのを今でも覚えてます。

あの時はすごく嬉しかったですね。

憧れのブランドが目の前にあり、

しかもセール時期だったので10万円以上分を前述の値段で購入できたりでと、

「買い物で幸せになる」というのを経験できました。

しかし、そこのショップYはインポートのストリートブランドの取り扱いを徐々に少なくし、

ドメスティックブランドに主を置いていく変遷期との事。

そうなんです。

この時、日本のストリートシーンは”裏原ブーム”を基盤とし、さまざまな国内ストリートブランドが誕生。

ブレイクしていました。

 

ブランド名を並べると

SIFURY NARCOTIC BALANCE WEAR DESIGN
SWAGGER FAMOUZ HECTIC MASTER-PIEACE
RECON SUBWEAR MOTIVE ATOMS UBIQ TAS NEXUS7 whiz Rebirth

確かこういったブランド達がストリートファッションの活気を底上げしている印象でした。

 

 

三大都市の一つ、名古屋へ電車で40分程で足を運べる所に実家があったので、

今度は名古屋でインポートのストリートブランドを購入するようになります。

ブランドの追っかけですね(笑)

Yで買った服を着て名古屋のストリート系セレクトショップへ。

名古屋で購入したアイテムを着用してYへ。

取り扱いのパーセンテージが減少したものの、

YではまだFUTURAが購入できたので、通い続けていました。

そうしていくうちに、僕も徐々にドメスティックブランドに染まり始めます。

長くなってしまったので、後編2へつづきます!

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

高校時代 前編

高校時代

僕の高校時代は長い。

一般的に高校生活は3年ですが、僕は4年半ほどの高校生活を送りました。

中学卒業後、もちろん進学しました。

しかし、そこで半年しかもたず中退。

その後、職人見習いとして一年働いたところで、

親方が定時制夜間高校の通学(4年制)を勧めてくれました。

結果、2年次に職が替わったりしましたが、無事卒業。

 

今日の自分に大きく繋がってきます。

 

親方。

僕を根気強く通学させてくださって、本当にありがとうございました。

 

 

話が少し逸れていきそうなのですが、僕の高校時代は4年半。(空白の1年を足すと5年半)

その4年半の当時の僕のファッションを綴りたいと思います。

中学時代の記事で書いたように、僕はとんでもなくダサい服装でした。

中学から高校に上がり、着用ブランドは

LEVI’S(主にボトムス)、STUSSY、X-LARGE、Timberland、GAP、NAUTICA、SSUR

このようなラインナップでした。
当時、ストリート系雑誌で掲載されているブランドで、

自分の中でSTUSSYよりもう一つ手が届かないブランド「X-LARGE」をワードローブに加える事に成功。

 

X-LARGEもSTUSSY同様に、サブカルチャーとリンクしたインポートストリートブランド。

元々、STUSSYはサーフ。

X-LARGEは詳しく知りませんが、音楽等を中心にストリートカルチャーと結びついてる印象。

それはもう着倒しておりました(笑)

他にも何か着てたような気がしますが、忘れました・・・。

で、16歳で気付くのです。

「俺、インポートのストリートブランドが好きや!」と。

前述したブランドに挙げたSSUR(”サー”と読みます。)も例に漏れずインポートのブランド。

ロシア出身のアーティストが展開するN.Y.のストリートブランドです。

天才芸術家ピカソの作品”ゲルニカ”を刺繍で落とし込んだパーカ、欲しかったなぁ。

このSSURという珍しい(?)ブランド、

当時16歳だった僕が何故出会えたのか。何故ワードローブに取り入れられたのか。

 

それは、近所に個人で経営されている海外買い付けのセレクトショップが存在したからです。
(※ショップTとします。)

 

そのショップTへは、中学時代から何度か足を運び、購入する事が少しだけありました。

そして次第に、購入頻度が16歳頃から増していったと記憶します。

取り扱いブランドは

 

Ralph Lauren RRL RLX SWM(ドメスブランド)
BANANAREPUBLIC A/X patagonia

などで、気に入ったものがあれば、たまにストリートブランドも買い付けてくるというスタイル。

 

そちらで見掛け、購入。

確か、ブランド名の由来(デザイナーのニックネーム”RUSS”を逆さにしたのが由来)と、

「海外のストリートブランドだから」というのが僕を突き動かし、購入理由に至った気がします。

では何故、”海外の”ストリートブランドが好きになったのか。

 

理想は裏原系ブランド

↓ ↓ ↓

高いし、入手できない
↓ ↓ ↓

STUSSY X-LARGEは手に入る

↓ ↓ ↓

SSURなんかも手に入った

↓ ↓ ↓

共通点がインポートのストリート

↓ ↓ ↓

ストリート系の雑誌をよく読んでみたら、裏原系ブランド(特にSUPREME)なんかともコラボしてる

↓ ↓ ↓

インポート(海外)のストリートブランドへの強い憧れ

↓ ↓ ↓

「俺、インポートのストリートブランドが好きや!」

 

こういう事です(笑)

 

そんな時期に、調べてみると色々わかった事・新たに知ったブランドがあり、

UNION STUSSY SUPREME SSUR SNAFU FUTURA

主にこういったストリートブランドに強く惹かれました。

(SUPREMEだけは、当時手に入れられなかったです・・・。)

少し説明すると、アメリカにUNIONというストリート系のショップがあります。

そこのオリジナルブランドが同名でUNION

そこの取り扱いブランドがSTUSSY SUPREME SSUR SNAFU FUTURA で、

それぞれでコラボしてたりします。

 

裏原ブランド欲しいなぁ

↓ ↓ ↓

SUPREMEええなぁ

↓ ↓ ↓

ん?SUPREMEって、海外のストリートブランドなんや

↓ ↓ ↓

調べてみたら、他にも似たようなブランドがある!

↓ ↓ ↓

しかもグラフィティのアーティストがやってたりする!

SUPREMEともコラボしてる! = SUPREMEばりのブランド!

↓ ↓ ↓

どうやら、世間ではそこまで注目を浴びてないみたい・・・

↓ ↓ ↓

マイナーやから、他人(ひと)とかぶらない!

↓ ↓ ↓

インポート(海外)のストリートブランド=かっこいい

↓ ↓ ↓

「俺、インポートのストリートブランドが好きや!」

 

 

以上、海外の”ストリートブランドが好きになった経緯 其の2でした。

 

 

僕のファッション人生において、

近所にあった「海外買い付けのセレクトショップTさん」の存在はかなり大きいです。

それが今後へ繋がっていくのですが、それは次回の記事で・・・・

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

中学時代

中学時代
僕が中学時代、裏原ブームだった。

裏原ブームとは、裏原宿 つまり原宿の裏手の通りを発信源としたストリート系ファッション。

藤原ヒロシという大きな存在のもと、

APEのNIGO。UNDER COVERの髙橋盾(ジョニオ)らが裏原旋風を起こし、

タキシンのNEIGHBORHOOD、スケシンのGOOD ENOUGHなんかも軸のひとつでした。

その他、宮下貴裕のNUMBER(N)INEにARATAのREVOLBER。

遠藤憲昭のDEVILOCK。

ヒカルのBOUNTY×HUNTER。

STUSSYにSUPREME。

SILAS SOPHNET. GDC Wtaps

↑だとかが、当時のストリート雑誌に名を連ねていました。

(時間軸がおかしいものもあるかもしれません。)

 

裏原ファッションに憧れを抱いていたそんな中、

僕を含めたツレ周りでは、ボトムは専らLEVI’Sのヴィンテージ復刻シリーズがブームでした。

裏原ブームの前には、アメカジブーム&古着ブーム&ヴィンテージブームなんかがあり、(線引きがわからない・・・)

当時の日本のメンズファッションシーンはスケボーやサーフにアウトドア、

それに音楽など、海外の色んなサブカルチャーと結びついたファッションを経験。
(パンクの流れもあったし、モード系なんかもありました。)

 

結果、自己表現だとか理由は様々だとは思いますが、

そういったスタイルを見てきた当時の若い世代が発信する裏原ファッションブームが起きた。

 

という印象があります。

 

脱線してすみません。

で、LEVI’Sの話。

アメカジブームの余韻も少しはあった気がする中学時代に、

LEVI’Sから大戦モデルや201(No.2デニム)に、縫製仕様のかなり古い125などが復刻されていて、

「あいつがあれを買ったから俺はこれ。」

「俺は断固大戦モデル!」

「値段的に502XXかなぁ。」

なんて風潮でした。

なのでみんなして

「赤耳」

「バナナイエロー」

「月桂樹」

「ペンキのアーキュエイト」

「ボタンフライ」

 

などの単語を頭に詰め込んでいた覚えがあります。

ボトムはLEVI’S。

トップスは、近所のジャスコで買った”自分の中では”カッコ良さげな

よくわからんロゴのTシャツやパーカだとかを着てました。

他にもサーフ系のPIKOにDA HUIやTOWN&COUNTRYも着てたなぁ。

 

姉がややヤンキーだったので、

当時ヤンキー(ギャル男)の間で流行っていたであろう服装が、

自分の中では身近で現実味のあるお洒落でした。
(姉の愛読雑誌はegg&Men’s egg)

自分的に、PUMAのセットアップジャージだとかも輝いてました。

っていうか着てたし(笑)

でも、そこはやっぱり裏原ブーム。

理想はそこなんです!

なので、近所のショッピングセンターで買ったSTUSSYには本当にお世話になりました。

STUSSYは当時のストリート系雑誌にも載ってたし、背伸びして背伸びして届くような感覚。

STUSSYは、僕ら世代が一度は通る絶対的ブランド。
(今でもTシャツが欲しくなったりします。)

 

他には、FUBU  JOKER  DOG TOWN  Timberlandも着用。

今こうやって書き出すと非常に恥ずかしいですが、

上下ジャージのヤンキー系

(当時の)ギャル男要素満載のサーフ系

(当時の)音楽がリンクしたHIP HOP系

憧れの裏原ストリート系

が混在してますね。

ボトムはずっとLEVI’S。

そんな中学時代でした。

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

はじめまして。

初の書き込みです。

更新1回目なので、自己紹介など。

 

名前:naru

30歳までもうすぐな男。

地方出身。地方在住。

趣味はファッション。

一般的なアラサー男性と比較した時に、

自分の特徴は何か考えた時に出た「ファッション」というひとつの結論。

それをのらりくらりと、過去を懐かしんだり現在を語ったりしていこうと思います。