PUMA XS-698 × BWGH(ブルックリン ウィー ゴー ハード)

PUMA XS-698 × BWGH
プーマ XS-698 × BWGH(ブルックリン ウィー ゴー ハード)
357033 05

 

bwgh6981.jpg
どうですか?

この色味。

何とも言えない美色。

青っぽいし緑っぽいし、グレーがかってるし。

 

この、一言で表せないカラーリングが、

「オレみたいな色味のスニーカー、お前のラインナップにはいないんだろ?」

なんて、強気に財布を攻撃してきます。

 

ワルです。

悪。

大人な色です。

大人美色。

PUMAと、

フランスのアパレルブランド”BWGH”とのコラボモデル。

 

 

bwgh6984.jpg
BWGHとは、

Brooklyn We Go Hardの略。
(ブルックリン ウィー ゴー ハード)

 

デザイナーDavid Obadia(ディビッド・オバダイア)と、

Nelson Hassan(ネルソン・ハッサン)の二人が、

2010年にパリで立ち上げたストリートファッションブランド。

文化的な背景やデザインから着想したアイテムの数々が、

幅広い世代から注目を集めている。

 

BWGH2
BWGH1
BWGH 3
↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

BWGHのアイテムはこんな感じ。
(ブランドのWEBページから拝借しました。)
BWGH:ブランドWebページはコチラ

カナダ トロントに居た時に、

一番お世話になったセレクトショップ
Sydney’s(シドニーズ)(http://mtatkk.com/blog-entry-13398.html)での取り扱いがあったのがキッカケで知りました。

 

 

Sydney’s(シドニーズ)は、

世界的に有名なコレクションブランド・デザーナーズブランドから、

インディゴブルーを上手く取り入れて

アイテム展開する日本のブランド など、

高いセンスのもと、洋服を提案しているお店です。

 

Sydney’s
カナダ トロントの好感度セレクトショップ。
-取り扱いブランド-

ユナイテッドストックドライグッズ、キン

マルニ、ジルサンダー、

ドリスヴァンノッテン、カラー、

BWGH、オフィチーネ、グレンソン

ブルーブルー、バディー など

 

↑過去に、こちらの記事でも紹介しています(^^)

(クリックで、リンク先へアクセスできます。)

 

 

 

bwgh6982.jpg
bwgh6983.jpg
XS-698は、R698が元となっているモデル。

“XS-“表記と”R”表記の具体的な違いは

調べてもわかりませんでしたorz

R698は、

1990年代に発表された

クラシックランニングシューズだそうで、

ニューバランスの各モデルや

アディダスのZXタイプだとか、

あぁいったモデルに近い雰囲気。

 

 

 

bwgh6988.jpg
アウトソールには

TRINOMIC(トライノミック) と呼ばれる

クッショニングシステムを備えてます。

トライノミックとは、

「TRINOMIC」

90年代初期のプーマで、

ランニングシューズの

最先端クッショニングテクノロジーとして開発された構造。

ハニカム状(ハチの巣状)の構造をしたラバーが、

ランニング時に要求される性能

①高度なショック吸収性とパワーレスポンス能力

②優れた安定性

③ハイレベルな柔軟性

↑これら3つを実現している。

そんなクッショニングテクノロジーだそうです。

 

 

簡単に書くならば、

 

履き心地が良いってことですね!

 

真面目な話、

普通にクッショニングが良いので、

街履きとしてや、


長時間の立ち仕事(美容師や販売員)の方達に向いてると思います。

 

 

bwgh6986.jpg
さて。

最近、街でも良く見掛けるこの「R698」というモデル。

プーマが海外の有力スニーカーショップ等と

コラボレーションをする対象の商材に選ばれている1足として、

スニーカー好きの間では知られているそうです。

 

↑僕も実際そんな感じでした。”なんとなく知ってた” 程度ですが。

ネットから引っ張ってきた解説だと、

ドイツ ベルリンの「solebox(ソールボックス)」

ニューヨークの「CLASSIC KICKS(クラシックキックス)」

パリの「BLACKRAINBOW(ブラックレインボー)」

といった、

↑スニーカーヘッズにはお馴染み(?)のこれらとコラボしてきたそうです。

僕は、

ドイツのソールボックスくらいしか知りません……orz

スニーカーヘッズには

お馴染み(?)の名前が並んでいるそうなので、

間違いないのでしょう。
(僕はよく知りません。)

ニューバランスや

ナイキのエアマックスI、エアマックス90

↑このへんが街で溢れるようになり、

他の人とかぶるのがイヤ!って方が、

アディダスだとZXシリーズ

リーボックのGL6000

といった具合に選ぶように、

(そういった理由で選んでるのかは知りませんが。)

プーマだと、

R698というモデルに着地するというところなんでしょうか(>_<)

 

大事なのは履き心地。

 

やや固さのあるアウトソールは、

地面を弾き返すようなクッショニングで、

履いてみると軽いです。

 

 

bwgh6985.jpg
側面にあるプーマのブランドマークには、

一般的に見られる素材使いではなく

パイル地(多分)を使用していて、

このへんの遊び心がコラボモデルらしさを出してます(^^)

 

履き心地良し
(履き易い)


お洒落


あまり他の人とかぶらない


海外ファッションブランドとのコラボモデル

 

アパート探しの学生さんには

すぐに決めてほしい好物件ばりに、

魅力的な条件が揃ってます。

 

実際、個人的にもかなりオススメです。

ちなみに、

「他の人とかぶる率が低い」というのが、

僕の中ではポイントが高いです。

 

アウトレットのプーマストアに流れてるのを確認済みで、

 

bwgh追加2
bwgh追加3
bwgh追加1
↑ ↑ ↑ ↑ ↑

他にこれら色違いも取り扱ってましたよ(^^)

(海外のサイトから、画像を持ってきました。)

 

 

う~ん。

美色揃い・・・。

気になった方がいらっしゃったら、

 

お近くのアウトレットへGO!!です。

 

カナダ トロントのセレクトショップ
Sydney’s(シドニーズ)(http://mtatkk.com/blog-entry-13398.html)

↑おすすめですので、もう一度こちらにリンクしておきます(^^)
(クリックで、リンク先へアクセスできます。)

 

 

 

 

bwgh6981.jpg
PUMA XS-698 × BWGH

おすすめです(^^)

何も知らずに

ニューバランスや、

ナイキのレトロランニング系モデルを選ぶのなら、

PUMA × BWGH

↑いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

PUMA by hussein chalayan Haast DISC 354462 01

PUMA by hussein chalayan
Haast DISC 354462 01
プーマ バイ フセインチャラヤン ハースト ディスク



haast1.jpg
haast2.jpg
約1年半前に紹介した事のあるこのモデル。

詳細はその時の記事「2013/04/28 PUMA by hussein chalayan Haast DISC」(http://mtatkk.com/blog-entry-13176.html)をご覧下さい。

 

ファッションデザイナー

「HUSSEIN CHALAYAN(フセイン チャラヤン)」によるラインからの1足。

 

以下、他サイトより引用したアイテム説明です。

 

絶大な人気を誇る

プーマの元祖ハイテクランニングシューズ

“DISC(ディスク)”を題材にし、

スポーツパフォーマンスと、

今期テーマ「グレート・ブリティッシュ・アウトドア」の融合を試みています。

 

題材のひとつ、

鉄塔の構造を思わせるシルエットに

デザインアレンジされたDISCシステムが斬新です。

 

アッパー全体は

縫い目がほとんどない

ヒートボンディング加工を採用し、

近未来的な印象を与えます。

 

20周年を迎えたPUMAのDISC。(http://mtatkk.com/blog-entry-13137.html)

どのような動きがあり、

どのようなモデルがリリースされるのかなと思っていたら、

by hussein chalayan からこんなに素敵なのが出るとは・・・。

 
20130220192314526s PUMAのハイテク系スニーカー代表の

DISC BLAZE(ディスクブレイズ)という

名作スニーカーに対し、

フセインチャラヤンが

どこまでディープに

デザイン・プロダクトに携わっているのかは

存じ上げませんが、

デザイナーが関わると、

スニーカーのデザインは

また一つ昇華するのかと感じさせられます。

 

近未来的なのが最高です。

 

実は、

ひょんなキッカケで

非常に安く手に入れれました。

 

太めのボトムスや、スラックスに合わせたいデザインです。

 

 

haast1.jpg

 

 
20130220192314526s 今回の記事で少し登場した

DISC BLAZE(ディスクブレイズ)は、

過去のこちらの記事で紹介しています(^^)
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13095.html

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

ALEXANDER MCQUEEN PUMA AMQ RIBCAGE SPORT

ALEXANDER MCQUEEN PUMA AMQ RIBCAGE SPORT
348625 02



MQUEEN PUMA1
MQUEEN PUMA2
MQUEEN PUMA3
2006 S/Sからスタートしたコラボライン。

 

スポーツブランドPUMAがデザイナーズブランドALEXANDER MCQUEEN(アレキサンダー・マックイーン)とリリースしているハイエンドなラインからの1足です。

 

ALEXANDER MCQUEEN

イギリスのサヴィル・ロウのテーラー出身で、

同名のデザイナーが手掛けるブランド。

しかし、マックイーンは2010年に40歳という若さで亡くなっており、

以後、サラバートンをクリエイティブディレクターとしてブランドは継続。

ポピュラーな所で言うと、ドクロを全体にあしらった総柄なんかが有名です。

学生時代の研修旅行で訪れたパリで購入したもので、

帰国後にネットで検索してもどういったモデルなのかがわからなかったのですが、

今回、他サイトでモデル解説を発見したので、

今回もまた、引用させて頂きたいと思います。

 

ブランドの本質を表す様々なディテールが見事に融合されているモデル『AMQ Ribcage Sport』です。

サイドパーツのRibcageが静脈と腱を表現。

ソール部には3D加工されたマックイーンの足形が見えるという、他に類をみない1足に仕上がっています。

 

 
201302202225279fcs との事です。
個人的には、近未来的なデザインのハイテク系スニーカーとはまた違ったデザインをしていた事と、
スニーカーなのに、トゥに向かってグッと細くなる短靴寄りなシルエットなんかがとても面白く、
ハイテク系と同じようにハズしで履こうと思い購入しました。
ちなみに、シューレースを白色からネイビーに通し替えています。
クセのあるデザインで、シルエットもやや個性的となると、
どうも使い辛いのかなと、少し不安要素があったりしたのですが、
こういったモデルを持っていなかったので、なかなかに着用回数が多く、太めのパンツなんかとよく合わせていました。
Facebookのページ 用意しました。
https://www.facebook.com/pape775

PUMA SUEDE

PUMA SUEDE
プーマ スウェード
181649 06

SUEDE1.jpg
SUEDE2.jpg
PUMAの大定番で、

不朽の名作SUEDE(の原型モデル?)は1968年に誕生。

同年開催の

メキシコオリンピック内の陸上200m走で

1位になった選手が、

まだ当時名前が付いてなかった

このスウェードの前身モデルを

表彰台で着用したというエピソードがあります。

 

その後、

バスケットプレーヤーのウォルトフレイジャーの

シグネチャーモデル「クライド」として

世に出ていたのですが、

契約終了後も生産は続き、

クライドのスウェードモデルが

「PUMA SUEDE」として呼ばれるようになりました。

 

こちらの1足は、

販売員をしていた2005年頃の当時現行カラーモデルです。

当時、店頭にPUMAスウェードが4色程入荷していて、

さすが名作モデルなだけあって、

着々と数が減っていきました。

 

「1足は押さえておきたいなぁ。」と考えていたのですが、

 

マイサイズが残っておらず、入手は諦めていました。

・・・と、思いきや、

狙っていたオレンジ白のみ28.5cmが残っている事に気付き、

即取り置き。

その直後の給料日に、念願叶い購入しました。

 

シューレースはオレンジの平ヒモが通してあったのですが、

白いコットン平ヒモに通し替えてます。

 

書き加えると、

オレンジの平ヒモの替えヒモとして

白いファットシューレース(太い靴ヒモ)が付属しています。

 

80年代、

音楽カルチャーと密接にあった当時のストリート。

そんなストリートシーンの中で、

靴ヒモをファットシューレースに通し替えるブームがありました。

その80年代に支持を得ていたスウェードならではな、

極太の白い平ヒモ。

今回の為に通してみました。

 

 

 

SUEDE3.jpg
だいぶ印象が変わります(^^)

オレンジ白というカラー自体、

使い回しがし易いかと聞かれたら、

なかなかそうとは言い辛いもので、

実際に着用回数は特別多くはありませんでしたが、

シンプルなストリート系の服装なんかに合わせる率が高く、

足下へのアクセントとして完璧な役割を果たしてくれます。

やや大きめのTシャツに細めのパンツ、足下はPUMA SUEDE。

そんな組み合わせが、個人的にかっこいいです。

 

 

 

PUMA DISC BLAZE

PUMA DISC BLAZE
345871 02

DISC BLAZE1
DISC BLAZE2
DISC BLAZE3

1992年にオリジナルが登場したDISC BLAZE。

 

アッパー上部に設けられた

ディスク(つまみ)を回すと

ワイヤーが締められる構造で、

ワイヤーの締め付けにより

フィッテングさせる

「ディスクシステム」が一番の特徴です。

 

 

DISC BLAZE4
こちらは2008年頃復刻で、

当時の現行カラーモデルです。

 

90年代は、

NIKEのAIR MAXに

REEBOKのPUMP FURY

もう少し遡ればADIDASのMICRO PACERと、

これらのモデルが

スニーカー界に新しい流れを起こした時期で、

当時小学生だった僕なんかは

AIR MAXブームしか知らなくて、

その後ファッションに興味を持つ事で、

AIR MAX以外にも

名作がずらりと揃っていた事を知り、

オリジナルカラーではなくとも、

タイミング良く復刻されたものを購入していました。

 

ポンプフューリーや

マイクロペーサー同様で例に漏れず、

このディスクブレイズも

コーディネートのハズしとして着用してます。

 

古着・ヴィンテージ好きでない限り、

オリジナルモデルを知らず、

復刻でしか名作に触れられない僕らですが、

それが僕ら世代の特徴であり、特長でもあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

PUMA H STREET

PUMA H STREET
181619 03

H STREET1
H STREET2
トラックシューズをデザインソースとしたH STREET。

アッパーマテリアルが化学繊維となっていて、非常に軽量化されたモデルです。

完全未使用な1足。

 

 

 

スニーカー PUMA

スニーカー PUMA

20130126144519537s 奥の列 左 PUMA× Alexander McQUEEN

奥の列 右 H.STREET SL

手前の列 左 DISC BLAZE

手前の列 右 SUEDE

 

4足4型のPUMA。

 

定番のスウェードに、PUMAのハイテク系の代名詞ディスクブレイズ。

PUMAはこの2足を押さえておきたいと考えていて、

入手してからは今後PUMAを購入する事はないと思っていたのですが、

その後ファッションブランド

「アレキサンダーマックイーン」とのコラボモデルとの出会いがあり、なんやかんやで計4足。

今回はこれだけですが、追々ゆっくりと紹介していきます。