【ファクトリーSALEの模様をリポート】岡山 児島の こだわり抜いた作り込みに定評のあるファッションブランドARTE POVERA(アルテポーヴェラ)のファクトリーSALEへ行ってきました。

【ファクトリーSALEの模様をリポート】岡山 児島の こだわり抜いた作り込みに定評のあるファッションブランドARTE POVERA(アルテポーヴェラ)のファクトリーSALEへ行ってきました。

 

           
おはようございます。生川です。
 

今回は、2016年12月16日(金)、17日(土)、18日(日)に催された、

ファッションブランドARTE POVERAのファクトリーマーケット(サンプルセール)の様子をご紹介。

記事の最後の方で、どれくらいお得なセールだったかも報告しています。

 

2016年12月17日(土)の昨日、僕は友人の鏡くんと児島に行ってきました。

しかも、夜の時間帯のバイトをしてる僕は、ほぼ一睡もせずに。

 

でも、気分はウキウキでした。

 

それはなぜかというと・・・

 

【児島へ行った目的】人気ファッションブランドARTE POVERA(アルテ ポーヴェラ)のファクトリーマーケットがあったから。

 

ある日、鏡くんからお誘いがあったので昨日行ってきました。

岡山発のファッションブランドARTE POVERA(アルテ ポーヴェラ)のファクトリーセールへ。

 

” ファクトリーマーケット ” というとピンとこないかもしれませんが、言い方を変えると同ブランドの ” サンプルセール ” と表現した方がしっくりくるかもしれません。

 

サンプルセール

洋服の生産をする為に作られる見本。

アパレル生産業界では、本生産に入る前に試作を重ねることは珍しくなく、

企画してすぐに作られる見本である第1作目をファーストサンプル。2作目をセカンドサンプルと呼び、

場合によってはサードサンプル(第3作目)を作ることも。

本生産を無事に終えると、サンプルはその役目を終え、メーカーのサンプル室なる部屋へ仕舞われたりすることが少なくありません。

そのサンプルをユーザーに販売するイベントこそがサンプルセールで、お店に並ぶ時の定価よりもはるかにお得に製品を購入できる素晴らしい機会です。

 

ファッションブランドARTE POVERAのファクトリーマーケット(サンプルセール)。

まさにビッグイベントです。

 

岡山発のファッションブランド ARTE POVERA(アルテ ポーヴェラ)って?

 

ここで、同ブランドについて説明します。

 

ARTE POVERA(アルテ ポーヴェラ)

ブランド名である「arte povera」とは、イタリア語で「貧しい芸術」を意味する。

これは、日常に溢れる非芸術的なモノ、そのものに自らの身体や思考を結びつける事によって生み出されたアートである戦後イタリアの芸術運動のことで、

その精神のもと、軍モノや古着、端切れなど一つ一つ表情の違う素材を用い、

使い込まれた素材から新しいモノを作り出していくことを柱にして、服作りをするブランド。

1900年代初頭のヨーロッパやアメリカの農夫や労働者をイメージして作られる服達は、

そこに現代的解釈を加えられながら、ボタンや当て布、ステッチワークなどを通して、

その背景にあるストーリーを語りかけてくるような気がします。

 

使い古された軍モノのテント生地をリメイクして作られたアイテムや、古着を解体してアレンジを加え、それを再構築させたアイテムなどが人気。

 

 

実は僕自身、今回のファクトリーマーケットへ行く前までは、詳しく知ってる訳ではありませんでした。

でも、今回がきっかけで、かなり好きになりました。

 

ファクトリーマーケット(サンプルセール)はこんな感じでした。

 



↑縫製工場(たぶん)の2階がファクトリーマーケットの会場。

 

外観は、本当ただの工場です。

でも、中に入るとテンションが上がる空間が待ってるので、後から紹介する写真をご期待ください。

 


↑駐車場に車を停め、ファクトリーマーケットの案内を追って行きます。

 


↑入り口前の看板を横に一枚。

テンション上がり過ぎです。

洋服の試着を何度もすると考え、動きやすく、脱ぎ着するのが楽な服装で臨みました。

 
それにしても、この時の服装ビミョーやな・・・(- -;)
 

 

さぁ、会場内を紹介していきます!



 

↑会場内。工場の2階はまさにそれ(工場)らしい内装。

そこにたくさんの製品が並んでました。

 

洋服 × 花 × 古道具 × コーヒー × ペットグッズ

 

会場内で販売されていたのは洋服だけじゃなく、ドライフラワーやコーヒー(その場で飲める。)、ペットグッズも展開されていました。

聞くところによると、ARTE POVERA のメーカーさんと親交のあるお店や会社が合同(?)でなさっていたそうです。

 




↑ARTE POVERA(アルテ ポーヴェラ) の洋服。

 



↑元浜倉庫焙煎所のコーヒー。

 



↑Womb brocanteのアンティーク系の雑貨や古道具。

 


↑naraのドライフラワー。
一言で言うと、工場の中なのに、めちゃくちゃお洒落な雰囲気でした。

ひとつのお洒落な空間として成立してると言うか・・・。

 

ARTE POVERAというファッションブランドは女性の支持が大きいのか、女性客が多かったです。

 

【ARTE POVERAの世界観が伝わるかな?】他にもまだまだ写真はあります。

 

雰囲気が本当良くて、例えば、試着室なんかもお洒落でした。


↑これが試着室。

流木のような木の棒に布を吊るしてあるだけなんですが、多分これ、ヴィンテージのテントとかそういうのを解体したのか、

もしくは何か古い生地を利用したのかなって思わされるような 味わいのある生地が使われてました。

 


↑会場内の隅っこには、縫製糸なんかも飾ってありました。

 

ここからは、写真だけを貼ってきます。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 


 


 


 


 


 

どうですか?

少しでも、会場のイメージが伝わりましたかね?

 

古着のテントを解体して使用するようなブランドです。

風合い・雰囲気の良いアイテムばかりで、リネン素材のアイテムや、縮絨ウールのアイテムなんかがすごく好印象でした。

 

この日は12月17日。この時期と言えば・・・

 



 

時期が時期だったので、↑クリスマスにちなんだものもチラホラ。

コーヒーなんて、カップに「クリスマスブレンド」って書いてあります。

 

良い感じ(^^)

 

【プチアドバイス】会場を後にする前に忘れずにやっておきたいこと。


↑会場に設けられた簡易レジの横に、

” 年に一度のSampleセールのイベント。次回もお知らせ希望であれば住所ご記入いただければ!! “

と案内が。


 

しっかり記入してきました。鏡くんが。

 

【サンプルセールだからこその割引率。】ファクトリーマーケットは超お得。

 





 

だいたい、お店に並ぶ時の定価の60〜70%OFFくらいかなという印象でした。(安っ!!)

 

ファンの多いファッションブランドなだけに、これはかなりお得な機会だと思います。

 

実際、爆買いしてる方がチラホラいらっしゃいました。

 

 

寒い冬に、激アツなイベント。ARTE POVERA のファクトリーマーケット。

 


気になる方は是非。

もしも県外の方なら、岡山観光と組み合わせてでも行く価値があると思います(^^)

 

最後に、ARTE POVERAの公式サイトを紹介して終わります。

 

ARTE POVERA(アルテ ポーヴェラ)
→ http://www.artepovera.jp/index.html

 

同サイトのブログページで、年に一回のファクトリー(サンプルセール)の告知や、その他イベントの情報が得られます(^^)

 

加えて、ARTE POVERAの洋服がどんなのか気になる方の為に、同ブランドを扱うお店のページをリンクしておきます。

 

ARTE POVERA 取り扱いショップ 6DIRECTION WEBページ
→ http://6directions.net/SHOP/g2702/list.html

 

 

ではでは

 

 

ルーヴル美術館展 @京都市美術館

ルーヴル美術館展 @京都市美術館
芸術って、興味ありますか?
僕は人並みよかちょっと好きな方だと思ってます。
そのキッカケになった巡回展。
ルーヴル美術館展が京都でやってるそうなので、
紹介します。
京都市美術館:ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
ルーヴル美術館展 公式WEBページ
久し振りですね。
こうやって、
カテゴリー「展覧会のお知らせなど」の記事を更新するのって(^^)
同カテゴリーが気になる方はコチラ
→ http://mtatkk.com/blog-category-30.html
ルーヴル美術館は、フランスにある超有名な美術館。
有名な作品を数多く所有してますよね!
モナリザ
モナリザ
はんむらび
ハンムラビ法典
みろ
ミロのヴィーナス
自由の女神
民衆を導く自由の女神
れーす
レースを編む女
全部、僕らが学生時代に教科書で見てるハズです。
(画像は、色んなところから引っ張ってきちゃいました。スミマセン。)
そんなビッグネーム「ルーヴル」の空気に触れる事ができるって事ですね(^^)
おすすめです。
ブログで取り上げるくらいおすすめするのには訳があって。
実は何年か前に、僕 行ったんです。
京都市美術館でやってる当時のルーヴル美術館展を観に。
それが自分の中でかなり良かったんです。
「え!?何コレ!?写真やん!!(・・;)」
ってところから始まり、
その後はもう、
「へえ〜・・・(驚)」
「ほお〜・・・(驚)」
「すげえ〜・・・(驚)」
「ほえ〜・・・(驚)」
↑これを連呼してました(笑)
ブログで取り上げるくらいおすすめする理由に、
まず↑これがひとつ。
普通に感動できます。
で、もう一つあって。
それっていうのが、
僕、ひとつの絵と再会できた経験があるんです。
作品は、
ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの「大工の聖ヨセフ」
ラトゥール大工の聖ヨセフA
↑ ↑ ↑
これです。
実物の迫力がすごいんです。これ。
作品も人の身長程の大きさはあるので、
サイズ的な意味も含みますが、
絵のパワーがすごかったです。個人的に。
おじいさんの目が持つ力に引き込まれたんですよね。
こちらに、
特別大きいデータを載せておくので、
興味のある方はクリック。拡大してご覧下さい。
ラトゥール大工の聖ヨセフ
※もしかしたら、大きく見れないかも・・・。
できなかったらごめんなさい。
テレビ東京「美の巨人たち」でも
過去に取り上げられてます。
→ http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/data/090228/
おじいさんの瞳も魅力的だし、
キリスト(小さい子)の左手。
これも、なんか好きなんです。
光に当ててるから、透けて見えそうなんです。
その表現力というか・・・。
専門的な知識なんて
これっぽっちも持ち合わせてないので、
表面的な感想しか書けませんが、
この絵の前に立ち止まる時間が一番長かったのを
いまでも覚えてます。
そんな出会いがあった京都市美術館。
その2年後くらいに、
専門学校の海外研修旅行で
ルーヴル美術館へ。
しっかり回ろうと思ったら、
一日あっても時間が足りない広さ・規模を誇るルーヴル。
その巨大な美術館の中で、再会を果たす訳です。
もちろん、
京都で見た全作品に再会してるはずなんですが、
僕にとっては、
なんせこの
ラ・トゥールの作品のインパクトがすごくてもう・・・。
今回の展覧会では、
違うラインナップで構成されてると思うので、
「大工の聖ヨセフ」の事ばかり書いてもあれなんですが、
デートはじめ、お出かけの理由になりませんかね?
京都市美術館のルーヴル美術館展。
いかがでしょうか?(^^)
2015年6月16日(火)~9月27日(日)京都市美術館
京都市美術館:ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
ルーヴル美術館展 公式WEBページ
↑ それぞれ、クリックでリンク先へアクセスできます(^^)
カテゴリー「展覧会のお知らせなど」へのリンクももう一度。
同カテゴリーへはコチラをクリック!
→ http://mtatkk.com/blog-category-30.html
どうしよ。行こうかな・・・(笑)
ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」
Facebookページへのリンクです。
30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-
たまに、Facebook上のみで
簡単に話題を紹介してます。

「THE ART OF GUNDAM」アート オブ ガンダム

「THE ART OF GUNDAM」アート オブ ガンダム
FASHION PRESS:
機動戦士ガンダム展「THE ART OF GUNDAM」大阪で開催、1000点に及ぶ作品資料公開

リンク先の元記事より、
めちゃかっこいい画像を幾つか紹介します!
ガンダム展1
ガンダム展2
ガンダム展3
ガンダム展4
ガンダム展5
ごめんよ。
僕には行きたい展覧会があるんだ。
こんな嬉しいことはない。
わかってくれるよね?
ララァにはいつでも会いに行けるから・・・。
これは必ず行かないといけません。
今夏、大阪で機動戦士ガンダム展なるものが開催されるそうです!
※来年の夏には、東京でも開催予定なのだとか。
元記事にて
もっと詳しい情報がご覧頂けます。
元記事から、
簡単な概要を引用致します。
機動戦士ガンダム展「THE ART OF GUNDAM」
期間:2014年7月12日(土)〜8月31日(日)
会場:大阪文化館・天保山
必ず行きます。
Facebookのページ 用意しました。
https://www.facebook.com/pape775

オルセー美術館がやってくる!

オルセー美術館がやってくる!
Internet Museum:
“印象派の殿堂”から珠玉の84点 ── 今夏、国立新美術館で「オルセー美術館展」

マネ笛を吹く少年広告
これは行きたい!
「世界一有名な少年、来日。」
このキャッチコピーだけで東京行きのチケットを用意したくなります。
フランスはパリにある二大美術館
「ルーヴル美術館」「オルセー美術館」
ルーヴルはモナリザやハンムラビ法典、
ミロのヴィーナスなどを所蔵している超ビッグネーム。
一方のオルセーは僕ら一般人からしたら
超がつく程のビッグネームではないのかもしれません。
が、しかし、
そこは二大美術館の片翼を担うオルセー美術館です。
僕らが学生時代に美術の教科書で見た作品がたくさんあります。
ミレー/落ち穂拾い
ミレー落ち穂拾い
モネ/日傘の女
モネ日傘の女
マネ/笛を吹く少年
(先に貼りました広告画像のもの)
マネ笛を吹く少年
ルノワール/ピアノをひく少女たち
ピアノをひく少女たち
ルノワール/ムーラン・ド・ラ・ギャレット
ムーラン・ド・ラ・ギャレット
口笛を吹くので有名なのが吉本新喜劇の烏川なら、
笛を吹くので有名なのは「笛を吹く少年」です。
紹介した作品がくるわけではないのですが、
「笛を吹く少年」は日本で見れるようです。
リンク先の元記事内では、
展覧会ではマネ、モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌなど
印象派の作品はもとより、
同時代のコローやミレー、クールベのレアリスムや、
カバネル、ブグローなどのアカデミスム絵画までを紹介する。
と あります。
有名画家の名前がずらりと並んでいますね!
毎度の事ながら、
地方ではなく東京での開催なのが
やはり腑に落ちませんが
(地方。せめて名古屋・大阪まではきてほしい・・・orz)
「これは流石にしょうがない。」
と 思うくらい魅力のある展覧会です。
場所は東京の 国立新美術館。
「オルセー美術館展」
印象派の誕生 ―描くことの自由―
期間は 2014年7月9日(水)~10月20日(月)
こちらに、公式Webページもリンクしておきます。
国立新美術館「オルセー美術館展」展覧会Webページ
吉本新喜劇のひょっとこのくだり、大好きです。
Facebookのページ 用意しました。
https://www.facebook.com/pape775

ウールの衣服展

ウールの衣服展
神戸ファッション美術館:ウールの衣服展
ウール展
民族衣装をはじめ、
クリスチャン ディオール
アレキサンダー・マックイーン
ジバンシィ
ヴィヴィアン・ウエストウッド
なんかの作品も観られるそうです。
期間は、
2014年1月24日(金)~3月25日(火)
ウールの歴史を少しだけ汲み取れそうな展示です。
すごく行きたい・・・。

本池秀夫 革の世界展 ~人形・動物・現代アート~

本池秀夫 革の世界展 ~人形・動物・現代アート~
四日市市立博物館 公式サイト:
四日市市立博物館開館20周年記念特別展
『本池秀夫 革の世界展 ~人形・動物・現代アート~』

本池さん世界展
全然知らなかった・・・。
そのモノ作りの質の高さにより、
多くのファンを抱える
ドメスティックレザーブランド「MOTO」は、
大介氏・作人氏の本池兄弟によるもの。
そんな両氏のお父さんである
レザーアーティスト本池秀夫氏のレザー作品に触れられる展覧会が、
三重県の四日市市で開催中だそうです。
レザーブランドのMOTOは、全国でも色んなセレクトショップで見掛けますし、
たくさんのファンがいらっしゃいます。
同ブランドMOTOのルーツであろう
レザーアーティストのお父さんの作品。
是非ともこれは行ってみたいです!
都会で行われている展覧会ではない。
というのも、好印象です!
期間:7月20日(土)~ 9月1日(日)
観覧料: 一般700円
会場:四日市市立博物館
Facebookのページ 用意しました。
https://www.facebook.com/pape775

アンリアレイジ(ANREALAGE)の展覧会

アンリアレイジ(ANREALAGE)の展覧会
FASHION HEADLINE:
アンリアレイジ展覧会「A REAL UN REAL AGE」が名古屋で開催
2012年12月に渋谷パルコで開催された
アンリアレイジ(ANREALAGE)の展覧会「A REAL UN REAL AGE」が、
名古屋パルコギャラリーを巡回する。
会期は8月30日から9月16日まで。
他サイトでのブランド紹介をまとめてみました。
アンリアレイジは、森永邦彦氏がデザイナーを務める
2003年 設立の東京発のブランド。
「AN・REAL・AGE」とは“日常、非日常、時代”を意味し、
2005年「GEN ART 2005」にてアバンギャルド大賞を受賞。
2006年、東京コレクションランウェイデビュー。
2009年、ストックホルム東洋博物館にて展示。
僕の中で、アンリアレイジは造形的・アーティスティックな作品を多く出している印象です。
実際に、金沢21世紀美術館にて
展覧会「A COLOR UN COLOR」が11月24日まで開催中だったりします。
リアルクローズとしてはあまり興味がないのですが、
服と言う媒体を通してひとつのアートに触れている気がするので、
見ていて楽しいです。
行きたいです・・・!

アンディ・ウォーホル、続々

アンディ・ウォーホル、続々
FASHION HEADLINE:
この夏、アンディ・ウォーホルのアートイベントが続々と開催
アンディ2回目
下記にて少し挙がりますが、
以前にも、ウォーホルの展覧会を紹介しました。
リンク先の元記事より抜粋です。
今夏、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)の
代表作『200個のキャンベルスープ缶』が
国立新美術館「アメリカン・ポップ・アート展」にて
日本初公開されるのと共に、
彼が60年代に制作した作品をフィーチャーしたアートイベントが都内で続々と開催されている。
タブロイド・ギャラリー(東京都港区海岸2-6-24)では、
「アンディ・ウォーホルとSunday B. Morning」展を8月4日まで開催。
ギャラリーターゲット(東京都渋谷区神宮前2-32-10)では、
「WARHOLS – Early Editions & Printed Matters -」を8月8日から22日まで開催。
後者は入場料無料だそうなので、
今回いくつかある展覧会で、ウォーホルに触れてみては。
都内ばっかりなのが腑に落ちませんが!(泣)

モネの「ラ・ジャポネーズ」

モネの「ラ・ジャポネーズ」
roomie:
モネの「ラ・ジャポネーズ」が来年日本にやってくる!
マジか・・・・。
元記事を拝読した際の第一印象はそれでした。
何故かというと、モネの「ラ・ジャポネーズ」を知らなかったからです・・・orz
モ、モネは す、睡蓮がゆゆゆ有名ですからねっ!!
こちらでも拝借した「ラ・ジャポネーズ」の画像を貼っておきますが、
僕、すごく好きですこれ。
モネ・ジャポネーゼ1
着物の質感だとか最高です。
武士の刺繍なんか迫力があるし、おそらく素材はシルクなのでしょうか。
鈍い光沢感も美しく表現なされています。
モネ 、1876年の作品だそうです。
最後に、コピー&ペーストで恐縮ですが・・・
「ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展」
2014年6月28日〜9月15日:世田谷美術館
2014年9月30日〜11月30日:京都市美術館
2015年1月2日〜5月10日:名古屋ボストン美術館
来年ですので、ご注意ください!!

草間彌生が初めて手がけた石の彫刻「かぼちゃ」高松で公開

草間彌生が初めて手がけた石の彫刻「かぼちゃ」高松で公開
Fashionsnap.com:
草間彌生が初めて手がけた石の彫刻「かぼちゃ」高松で公開
草間彌生さんの かぼちゃの最新作「カボチャの精」が、
香川県高松市の複合施設「丸亀町グリーン」で初公開されるそうです。
期間は、7月28日から11月4日までの予定との事。
香川県の直島にある作品よりも、
ドット柄の入り方により、ポップな雰囲気に仕上がっています。
現代美術だとかはよくわからないんですが、
純粋にかわいいと思うので、
直島で草間さんの作品を拝見しているだけに、
こちらの作品も観に行ってみたいです。
草間彌生