【岡山ブロガーの夏ファッション】第15回 #岡ブロ はTwitterのプロから活用術を学びました。#ブロガーお洒落化計画 #なるシスト

 

去る7月22日(日)、「岡山ブログカレッジ(岡ブロ)」の第15回目が行われました。

 

どうも。岡山イオンの3階で自身の洋服屋をしながら、ファッションコーディネーター( → http://mtatkk.com/blog-entry-21095.html )ファッションブロガーをしております生川(なるかわ)です。

 

岡ブロとは

岡ブロは、2017年4月より開始した、岡山発の『有料』ブログコミュニティ。

「共にブログを学んで楽しむ。」をメインコンセプトに掲げ、ブロガーみんなの居場所づくりを。と、

岡山在住のブロガー5人(その中の一人が私)が共同運営しております。

 

今回のテーマは、

「研ぎ澄ませ!プロに学ぶTwitter発信術」ということで、

Twitterのプロ「F太さん( @fta7 )」をお招きし、Twitterの活用法を学びました。

 

F太さんのアイコン。このアイコンを見てピンとくる方もいるのでは。

F太さんは、「ひらめきメモ」「F太」「えふ太」という3つのTwitterアカウントを運用され、フォロワー総数はなんと約38万人に及びます。

 

レポート記事なのでなんとなく顔を隠してますが、F太さん、とんでもなく男前な方でした。(ご本人さんは顔出しOKな方。)

 

 

今回大きく学んだこと

今回もたくさんの参加者さんにお越し頂きました。

今回の講義で学べたことは、

あくまでも、楽しくが発信ができるよう自分に合ったTwitter運営をする。

潜在ニーズを掘り起こすには、SNSの中ではTwitterが向いているということ。

 

「Twitterで、ユーザーの潜在ニーズを掘り起こせる。」

例えば、夏用の洋服を探そうと思い、「メンズ 夏 ファッション シャツ」と検索するとしましょう。

でもこれって、既に「ファッション」「夏服」などに興味があって検索してますよね。

それがTwitterだと、普段ファッションに興味のない人にも意図せず情報が届いたりする。

そうすることで、そのファッション情報を見た”普段ファッションに興味のない人”が、その情報により、ファッションに興味を持つかもしれない。

Twitterで発信した「夏ファッションでおすすめのシャツ」に魅力を感じてくれ、シャツを購入するかもしれない。ということです。

大事です。Twitter。

 

第15回岡ブロ。勝手にファッションチェック

さて、僕が毎回ひとりで楽しんでやってるのが、参加者さん・運営メンバー・講師の方を含めた岡ブロに集まった人たちのファッションチェック。

 

ファッションチェックといっても、僕が「良いな」「素敵だな」と思ったアイテムや着こなしを紹介するただの自己満企画です。

今回はMVPを含む3名をご紹介。

 

①ひなちゃんのサンダル

親娘でご参加くださった、友人でもある藤木真樹さんの娘さんひなちゃんのサンダル。

チェッカー柄が可愛いです。

 

SUICOKE(スイコック)という日本のシューズブランドのもの。

同ブランドは、こだわりあるセレクトをするショップで扱われる事が多く、ファッション感度の高い人に人気があります。

さて。ここ数年、街行くお洒落な人の夏の足元を飾ることが多くなりましたスポーツサンダル。

私が小学生の頃は、活発な少年たちに支持のあった “走り回れるサンダル”が、今ではファッションアイテムとして定着しました。

 

ロールアップしたジーンズとの相性も良い感じ。

このスポーツサンダル、割と皆さん黒色など無地のものを選ぶ人が多いのですが、今回のものはチェッカー柄。

見事なチョイスに惹かれました。

 

②フクちゃんのサンダル

DANTONのシャツにテーパードパンツの組み合わせという、服装もお洒落だったふくちゃん。

その中でも、サンダルをピックアップしました。

 

ふくちゃんのサンダルは日本のアウトドアブランドmont-bell(モンベル)のもの。

 

①で紹介したひなちゃんの足元。SUICOKE(スイコック)のスポーツサンダルに似てますが、構造が全然違う。

アウトソール(サンダル底)に、1本のヒモを組み合わせたようなつくりで、デザイン美を感じます。

こちらのサンダル、街でみなさんのサンダル事情を見てると、お洒落な方・ファッション感度の高い方の着用率が本当に高い。(もしくは、ただアウトドアな服装が好きな人が履いてる)

 

実はつい最近、同じモデルを私自身 購入しようとお店に下見しに行ったばかり。

フクちゃんが履いてるのを見て、物欲が湧いてしまいました。

ちなみに、ひとつアドバイスさせて頂くなら、靴下は なくて良かったです。

もしソックスを履きたいのであれば、スポーツタイプの白ソックスを合わせると今っぽさを出せます。

※実際、「スポーツサンダル 着こなし」で画像検索すると、ほとんどが裸足で履いてるかスポーツソックスと組み合わせてます。(画像検索結果 → https://www.google.co.jp/スポーツサンダル 着こなし

 

第15回岡ブロ ファッションチェック、MVPはこの方!

今回のMVPは、岡ブロ運営メンバー。ブログのちから のトシさん@SY_SI_Murakami 

選出理由はズバリ、白ズボンの着こなし。

多くの方が苦手意識を持つ白ズボンをばっちり着こなされてるのが、MVPに選んだ理由です。

 

白色系ズボンの着こなし方3コーデ教えます【アパレル歴15年のプロが提案 #なるシスト 】

↑数日前、このように白色系ズボンの着こなしを記事にしたばかり。

 

白ズボンってみなさん持ってますか?

・真っ白いズボンは苦手。

・真っ白いズボンなんて、合わせ方がわからない!というか、似合う気がしない!

↑こういった理由で、白ズボンを避ける方が結構多くいらっしゃいます。

 

でも、是非1度挑戦してみてください。

夏らしい着こなしができて視覚的にも涼しいですし、ご自身の春夏ファッションの可能性が大きく広がりますから。

 

今回のトシさんの着こなしは、お手本にしてもらいやすいので、紹介します。

トシさんは、白ズボン × 白Tシャツ × 黒色のシャツ という着こなしでした。

 

黒色のシャツは、サッカー生地という春夏向けの清涼感あるものを使用してます。

風合いが良いですよね。

 

白ズボン × 白Tシャツだけの組み合わせだと、同じ色でしかも膨張色の白色同士なので、全体で見たときにどうも締まりがありません。

なので、こういった黒色(紺などの濃色でもOK)を羽織ることで、着こなしのバランスが取れます。

黒色のシャツは前を閉じて着ても大丈夫です。

 

もし、「白ズボン × 白Tシャツの組み合わせは勇気がいるから怖くてできない・・・。」という方は、Tシャツをグレー色や紺色などにしても大丈夫です。

 

http://mtatkk.com/blog-entry-21235.html

もしくは、シューズに濃い色を選ぶと着こなし易いです。

 

今回の白ズボンの着こなしは、白ズボンに挑戦してみたいけど購入までの一歩が踏み出せない方に対して、非常にお手本にしてもらいやすいコーディネート。

是非、ご参考ください。

 

最後に【反省と次回告知】

本当はもう数名の方も紹介したかったのですが、今回は参加者さんの数が多くバタバタしてしまい、撮影をお願いする時間を作れませんでした。

 

他にも、ハグの気持ち のハグさんの眼鏡もすごく良かったんです。フレームの裏側が色鮮やかな柄になってて素敵でした。

 

次回はのんびり座談会。

次回は8月19日(日)、講師を設けないスタイル。のんびりとやります。

テーマは、役立てたい!みんなで考えるSNS座談会。

 

▼もっと詳しく知りたい方はこちらへ(岡ブロ発起人チーさんの記事)

役立てたい!みんなで考えるSNS座談会。第16回岡山ブログカレッジは8月19日に倉敷美観地区「かも井」で開催

 

▼お申し込みはこちら▼

 

ではでは

 

 

▼ ファッションでお困りの方。コーディネートのお仕事のご依頼お待ちしております ▼


→ http://mtatkk.com/blog-entry-21095.html

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。