【滞在中の予定びっしり】三重の実家に帰省中です。靴選びも大事。

      2017/03/21


こんばんは。

3月20日(月)の夜。

岡山から地元 三重県の四日市に帰省中の生川(なるかわ)です。

 

 

実家にいる間は何の服を着ようか。あーでもないこーでもないを繰り返すこと数十分。
 

夜勤のバイトから帰宅し、少し睡眠をとった後、今日は日中から荷造り。

 

準備を完了し、一息休憩。

夜になり、岡山へ繰り出しました。

 

りゅうきくんはベース。
 

後輩りゅうきくんが主催したライブへ。

 

りゅうきくんの熱いパッションを感じたライブ(りゅうきくんカッコ良かった)が終わり、大急ぎで岡山駅へ。

 

岡山駅前の待ち合わせ場所の大定番。桃太郎像。
 

 

世間一般では三連休の最終日だった3月20日(月)の今日。

 

週末はみっちり夜勤のバイトだった僕にとって、三連休はここからが本番。

 


 

地元へ帰るには、まず新幹線で名古屋へ。

 


 

家で沸かしてきた麦茶を相棒に、いざ出発です!

 

 


なんやかんやとありまして、無事、地元の川越富洲原(かわごえとみすはら)に到着。

所要時間は大体2時間半〜3時間。

 

地元滞在中のスケジュール。

 

おとん・おかん・僕
 

21日(火)は、日中は両親と過ごす大事な時間。

三人でお出掛け。

ゆっくり過ごそうと思います。

 

で、夜は大事な人と会う予定が。

 

lilli店主の尾崎くんと僕。
 

今回の帰省でメインとなるのが22日(水)

 

午前中、早い時間帯から予定あり。

僕のオリジナルファッションブランドの第一号となる製品のオリジナルシャツを取り扱ってくださる四日市の洋服屋さんlilli(リリ)の尾崎くんと取材・対談してきます。

なぜ取材・対談なのかというと、尾崎くんが自身で発行する予定のフリーペーパーに、僕を掲載。紹介してくださるのです。

 

僕が信頼を置く素敵な写真を撮るカメラマンと共に臨みます。

 


 

それが終わったら、午後は名古屋へ移動。

友人に会いに行ってきます。

 

その友人はというと、↑の写真のセンターの彼。

 

↑松岡くん 後ろ姿ver.
 

帽子屋の店長。松岡くんに会いに行きます。

 

 

Toron店主 広崎さんと僕。
 

他にも、大好きな洋服屋さんToron(トロン)の広崎さんにも会いに行く予定です。

 

さらに、僕が名古屋で販売員として店頭に立たせて頂いていたお店にも挨拶しに顔を出そうと計画してます。

 

 

最後に、大事な発表。

 

今回の帰省で、3日間を地元で過ごします。

 

その3日間のパートナーに選んだのは・・・・・

 


 

タナカユニバーサル社製のジャーマントレーナー 1183



ジャーマントレーナーとは

GERMAN TRAINER(ジャーマントレーナー)

1970年代から1980年代にかけて製造されていたドイツ連邦軍(BW)の訓練用シューズです。

そのジャーマントレーナーを世界で初めて完全に復刻させて商品化したのがタナカユニバーサル。

僕にとって、3日間履くことになるシューズのチョイスはすごく大事。

 


 

今回は、彼に足元を任せます。

 

予定しているスケジュールを、共にしっかりとクリアします(^^)

 

 

ではでは

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

 - 日記など・その他