立岡靴工房 代表の立岡さんに、あこがれ社長プロジェクトでの衣装協力をさせて頂きます。


 

今回、とても嬉しい機会を頂けました(^^)

 

衣装提供させて頂くことになりました。



 


2017/3/18:衣装提供させて頂くことになりました。

→ http://mtatkk.com/blog-entry-20080.html

 

昨日の記事で書きましたが、3月26日(日)に岡山県中小企業家同友会が主催するあこがれ社長プロジェクトというイベントで、プレゼンターの内のおひとり。

立岡靴工房 代表の立岡さんに僕の私物衣装を着て頂くことになりました。

 

【あこがれ社長プロジェクトって?】岡山の地域・企業・大学間の交流を今以上に活性化!学生さんよ、就活は首都圏だけじゃない!岡山にも優良ユニーク企業があるぞ!

 


 

あこがれ社長プロジェクトとは

 

岡山県中小企業家同友会では、新卒採用に苦しんでいました。

大企業、東京の就活に落ちた学生さんしか中小企業に来てくれない。

いわば大企業のおこぼれをもらう地位。

スモールビジネスが世界的イノベーションを起こすこれからの時代、このままの地位で甘んじてよいのか?

でも、そもそもわれわれ経営者もちゃんとしたアピールをしていないんじゃないか?

だったら岡山の若者たちにあこがれられる社長になってやろうじゃないか!

ジョブズのような社長になって、岡山にもそんな社長がいることを示してやろうじゃないか!

学生たちに告ぐ!首都圏だけじゃない、 岡山にも優良企業はあるぞ!

憧れるような、経営者、社長もいっぱいいるぞ!

 

↑こういった想いから、岡山の中小企業の代表の方々が学生さんの前で自社をプレゼンし、地元企業の良さを伝え、知ってもらうイベント。

 

「仕事ってこんなに楽しいよ!面白いよ!」

「岡山にもこんな優良ユニーク企業 があるんだぜ」

「日本のため世界のため こんなすげーことやっているよ」

「日本一幸せな従業員をつくるため、うちではこんなことやってるよ」

 

↑このような内容のプレゼンを会社の代表の方々自ら、ご自身の言葉で伝えてくださいます。

 

このあこがれ社長プロジェクトというイベントに、僕もお手伝いで関わらさせて頂いています。

 

 



 

↑こんな風に、忙しい合間を縫って、休み返上でプレゼンターである社長のみなさんは学生さんへ想いを伝えるべく準備なさっています。

 

で、僕はというと・・・・

 


 

僕はというと、そのあこがれ社長プロジェクトに、ちょっとしたボランティアスタッフとして携わっています。

 

そんな中、ある一席で、プレゼンターの一人である立岡靴工房の代表 立岡さんとお話しさせて頂くことがあり、その中で、当日の衣装をどうするかの話になりました。

 

 


 

立岡靴工房さん

岡山のオーダーメイドシューズのお店。

立岡靴工房さんは昭和36年(1961年)の創業。

お客さんの足を採寸し、その人だけのオンリーワンとなる靴を販売するオーダーメイドシューズのお店です。

→ http://tatsuoka.shoes/

 


 

立岡さんと話をする中で、プレゼンターの皆さんは会社の代表。当日はやはりスーツでビシッと決めてくるのかなと。

 

でも、立岡さんは靴づくりの一工程をご自身で手掛けておられ、職人要素もある方なので、ビシッとスーツ姿で望むのも何か違う。

かと言って、仕事着のラフな格好&エプロンでプレゼンするのは少し場違い過ぎるのかも・・・。

 

新しく買おうかな・・・。

 

そのような話を二人でしたんです。

 

しかし、わざわざ新しく購入するのはもったいない。

 

衣装協力のきっかけは、僕のワードローブ(私物)にちょうど良いアイテムがあったから。

 


 

立岡さんと衣装の話をした日、帰宅してから自分の洋服を眺めてた僕。

 

こ、これは!!!!!
 

あれ?このアイテム、今日話してたプレゼンの衣装にちょうど良いんじゃ・・・?

 

そんな洋服を何点も自分が所有してることに気付きました。

 

しかも、どのアイテムも立岡さんにお人柄や雰囲気にばっちり似合う。

 

すぐに立岡さんに連絡。

 

お時間を頂き、その衣装となる洋服をご覧頂き、もちろん試着。

 

その場に居合わせた別の方々の意見も伺いながら、衣装として決定しました。

 

3月26日(日)、あこがれ社長プロジェクト@オルガホールはここにも注目。

 


 

立岡靴工房 代表の立岡さんの衣装にもご注目下さい。

 

あの服装が似合う人は、なかなか他にいません。

 

ご本人さんに似合っててお洒落な服装を、二人で導きだせましたので(^^)

 

最後に、あこがれ社長プロジェクトの詳細を。

 


 

最後に、第3回あこがれ社長プロジェクトの詳細(日時・場所)を。

 

日時:3月26日(日) 13:30開場 14:00~18:00

 ※途中入退室自由

場所:オルガホール
 岡山県岡山市北区奉還町1丁目7-7

費用:・会費 一般1000円
 ※高校生・大学生・専門生は無料

定員:200名予定
 ※誰でも参加OK

 

当日は僕も参加します。

とても楽しみです(^^)

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

投稿者:

生川敏弘(なるかわとしひろ)

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。