【洋服選び&コーディネートの難しい今この季節。】梅春という時期を知ってますか?

 

深夜0時ごろの駅。

寒かったです。

 

3月中旬。

日中は暖かいのに、夜は本当寒い。

日中でも、風が冷たいので春物を着るにはまだ早いような。

 

 

春でも寒いからと言って、ダウンコートを着てたら季節感が全くないです。

 

 

厚手のウールのセーターも、街に出て周りを見渡すと着てる人はいません。

 

 

 

厚手の紡毛のコート、フラノ生地のウールのボトムスも、そろそろスタメンから外さないと・・・。

 

 

今の時期のように、日中は暖かいのに夜は寒く、日中も風が冷たくて春物だけでコーディネートするにはまだまだ早い季節。

 

冬から春が到来するまでの時期を、梅春(うめはる)と言います。

 

雰囲気の良いリネン100%のヘリンボーン生地。これは春物。

 

梅春の意味

梅春とは主に服飾業界の用語で、冬明けと春の到来の中に位置する期間。

および、その期間向けのファッション。

防寒用の厚手の生地に、春らしい明るい色づかい、などの組み合わせが多い。

引用元:http://www.weblio.jp/梅春

 

この時期の洋服、みなさんは困ってませんか?

 

僕はこの梅春ものを多く所有しておらず、この時期のコーディネートにすごく困ってます。

 

 

リネン×コットンの裏地付きのコート

リネン×コットンのカーディガン

ワイドシルエットのパンツは厚手のコットン

首にぐるぐる巻きしてるのは、甘く織られたリネンのストール

見えてないけど、明るい赤色のソックス

 

梅春ものを多く所有しておらず、この時期のコーディネートにすごく困っている僕。

 

↑のコーディネートでいうと、もっと春らしい色使いにしたいのが本音です。

 

厚手のウールでなく、厚手のコットン、リネン。

毛糸のマフラーも、軽やかなリネンやコットン素材のものに変えて。

 

一年で今しかないファッションの難しい時期。梅春。

 

この時期に、春らしい色使いで季節感を。巧みな素材選びで天候に適応している方を見ると、お洒落だなと思います。

 

ファッションで季節を楽しむことを知っているから。

 

いや、季節でファッションを楽しんでる。と言ったほうが正しいのでしょうかね?

 

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。