お気に入りの洋服の配色(色・柄)が、靴下とマッチングした奇跡。

人生ずっとファッション・洋服好きでいると、こんなミラクルが起きるもんなんですね。

 

 

 

グリーン、ブルー、レッド、オレンジ。

特徴的な配色が面白いボーダー柄のアイテムが二つ。

 

左のセーターは、東京のJANTIQUES(ジャンティーク)という古着屋さんで購入した古着のセーター。

カシミヤ100%で、袖と身頃のボーダー柄の柄合わせも完璧な一枚。

 

可愛いボーダー柄。お気に入りの1着です。

 

 

右のソックスは、岡山の洋服屋さんで購入したもの。

その洋服屋さんは普段行かないお店なのですが、閉店セールをやっていて、何の気なしに立ち寄ってみたら可愛いソックスがあったので購入したという1足です。

 

セーターは6年ほど前に購入したもの。

ソックスはたしか2年くらい前に購入。

 

メーカー・ブランドはもちろん別。

 

完全に一緒ではないにしろ、配色がほぼまったく同じ。

 

いやぁ、こんな偶然・出会いってあるものなんですね。

 

このセーターを着るときの足元は、ほとんどこのソックスであることは言うまでもありません(^^)

 

 

 

ちなみに、セーターの着用写真こんな感じです。

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。