【トイレの解体】最近のファッションデザイナー・パーソナルコーディネーターは何でもやります。


 

3月4日(土)、倉敷市児島の工務店。倉靖工務店さんの日雇いバイトをさせて頂きました。

 

僕は、夜勤のバイトで生計を立てながらパーソナルコーディネート(洋服の買い物同行)のお仕事をフリーでしてます。

 

そして、自分のオリジナルファッションブランドをスタートさせる目下準備中の身。

 


 

かっこよく自分のことを言うと、

パーソナルコーディネーター&ファッションデザイナーです。

 

かっこよく言うと↑そうなのかもしれませんが、これからやりたいことを考えると、全然お金がありません。

 

ブログタイトルの低品質生活という言葉通りの生活。

 


 

バイトへは、家で炊いたご飯と冷凍食品の簡単お弁当を持っててるし、お茶も麦茶を沸かしてます。

 

 


 

外出時、余裕があるときは、麦茶持参しますし。

これで、無駄に飲み物を買わずに済んでます。

 

こんな生活なので、日雇いのバイトをする事があります。

 

3月4日(土)、トイレの解体のバイトをしました。

 

岡野さん(左)と僕(右)
 

お世話になっている倉靖工務店の代表 岡野さんにお願いし、アルバイトをさせて頂きました(^^)

 


 

早朝から、現場の準備にとりかかります。

朝早くから動き出すので、夜勤のバイトから帰宅して寝ずに行ってきました。

 

 


 

現場に必要な道具・工具を選び・・・

 


 

準備完了。

 


 

トイレを解体し、クローゼットにするそうです。

 


 

1時間ほどでこのような状態に。

 

 


 

解体して必要のないものは外へ運び出します。

 

普段力仕事をしてないたるんだ身体を動かす、とても良い機会となりました。

 

 

僕の第二の家族。山地さんちでお泊まり@児島



 

僕の第二の家族。山地さんちでお泊まり@児島

→ http://mtatkk.com/blog-entry-19995.html

 

このアルバイトの後、児島の山地さんちへ泊まりに行きました(^^)

 

毎日楽しい事ばかり。充実してます(^^)

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

投稿者:

生川敏弘(なるかわとしひろ)

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。