新発見!アクセスが不便でもかなり楽しい岡山の観光スポット吉備中央町を満喫した話

新発見!アクセスが不便でもかなり楽しい岡山の観光スポット吉備中央町を満喫した話

 


 

先日、普段から仲良くさせて頂いている岡山の有名グルメブロガーきーたんこと北川さんと一緒に、岡山の隠れた観光エリア、吉備中央町へ行ってきました。

 

吉備中央町って?

 

吉備中央町は、岡山市内から車で1時間半前後でアクセスできる、お世辞にもアクセスしやすいとは言えない町。

 

→ https://ja.wikipedia.org/wiki/吉備中央町
 

 

↑濃い黄色で色分けされたところが吉備中央町。

 

Wikipediaによると、

吉備中央町(きびちゅうおうちょう)は、岡山県の中央部に位置する町である。

町の南部は岡山県が主導し吉備高原都市と呼ばれる、保健・福祉・教育・文化・産業・レクリエーションの調和を図った都市を開発している。

→ https://ja.wikipedia.org/wiki/吉備中央町

 

吉備中央町。

三重県という地方出身かつ、岡山県という地方在住の僕が見ても、かなり田舎です。

 

でも、行ってみたら相当エンジョイできる岡山観光のニュースポットになりうるエリアだという事がわかったので、日記調に綴ろうと思います(^^)

 

品野屋 → 小森温泉 → nap village(&things ハチガハナ) → 吉田牧場 → 日本一たい焼き

 

この日の僕らの行動プラン。

 

1 道の駅にある飲食店 品野屋でいのしし鍋をいただく。

 

2 知る人ぞ知るお風呂屋さん。小森温泉で入浴。疲れをとり、

 

3 ファッションブランド THE SUPERIOR LABOR(シュペリオールレイバー)の生産工場を同じ敷地内に構えるカフェ。&things ハチガハナへ立ち寄り、

 

4 人気テレビ番組「情熱大陸」で取り上げられたことのある、美味しいチーズで有名な吉田牧場へ。

 

5 最後に、小腹満たしに美味しいたい焼き屋さん。日本一たい焼きの岡山街道建部店でおやつタイム。

 

では、男旅スタート!!

 

【このいのしし鍋がたった1,000円!?】道の駅 品野屋

 


 

まずは腹ごしらえ。岡山の実力派グルメブロガー北川さんがお昼に選んだお店は、道の駅に入っている品野屋さん。

 


 

こちらの品野屋さんでは、なんと、リーズナブルに美味しいいのしし鍋がいただけるのだとか。

 
引用元:食べログ→ https://tabelog.com/okayama/品野屋
 

こちらでご飯をいただきながら、実は軽い打ち合わせ(今回の旅のメイン)だったため、食事中は写真を取らなかったので、肝心のいのしし鍋の写真は食べログから拝借。

 

一人前でもかなりボリュームがあって、お肉も絶品でした。

 

これが1,000円でいただけるなんて・・・。

吉備中央町にお住まいの方々が羨ましい・・・。

 

食べログ:品野屋

→ https://tabelog.com/okayama/品野屋

 

【ここで疲れを吹き飛ばす。】山奥にひっそりと佇む名湯。小森温泉。

 

小森温泉の外観。
 

食事と併せて2時間ほどの打ち合わせを終え、僕らが向かったのは小森温泉。

普段かなりお忙しい北川さんと、夜勤明けで寝ずに来ていた僕は、HPを回復しておく必要がありました。

 

先ほどの品野屋から車でおよそ10分。めちゃ近いです。

 

※浴場内で写真は撮っていないので、興味のある方は検索結果へすぐとべるようにしたので下記をご覧ください。

→ https://www.google.co.jp/小森温泉 岡山 検索結果

 

 


 

 

透明なお湯だけど、ほのかに硫黄の香りが漂い、お湯が肌に残るようなヌメりがあり、あぁ、温泉に入ってんなぁ〜。極楽ぅ〜。って感じられる温泉でした。

 

小森温泉のおすすめアトラクション(?)

 


 

小森温泉で、最強の体力回復アイテムとの出会いがありました。

その名もニュー ヘルス チェーア。

直訳すると、” 新たな健康の椅子 ” です。

 


↑こんなビジュアル。

 

超レトロ。

 

あ、僕よりも先輩なんだろうな。

ってすぐ分かる風貌。

 

 



 

動いてる様子がめちゃ可愛かったので、Youtubeにその動画をアップしておきました。

4秒ほどの短いものなので、よろしければ是非(笑)

 

↑北川さん(右)と僕(左)
 

小森温泉。満喫させていただきました!

 

小森温泉Webページ

→ http://komorionsen.web.fc2.com/

 

【木造の学校が有名ブランドの専門縫製工場に。】nap village にあるカフェ&things ハチガハナ

 


 

&things ハチガハナ。

小森温泉から車で20分ほどの距離に、そのお洒落なカフェはあります。

 

でも、僕らが行った日はお休みで、写真も何もありません。

 

こちらは是非、お店のサイトをご覧ください。

女子力高めなカフェで、食べログの評価も高いです。

 

&things ハチガハナ

→ http://nap-dog.com/category/hachigahana/

 

&things ハチガハナ:食べログ

→ https://tabelog.com/okayama/&things ハチガハナ

 

カフェはやってなかったけど、ここで嬉しい友人との再会が。

 

この、&things ハチガハナとうカフェは、nap villageという複合施設。

 

nap villageは、2013年度にグッドデザイン賞を受賞した過去を持つ、素敵でお洒落な自然空間。

 

THE SUPERIOR LABOR(シュペリオールレイバー)という人気のカジュアルファッションブランド専門の縫製工場が施設内にあるんです。

 

その工場がまたお洒落。

 

なぜかって、廃校になった木造の学校をリノベーションして縫製工場にしてるから。

こちらも画像検索してみると、すごく雰囲気の良い写真がたくさん表示されます。

 

nap village の画像検索結果

→ https://www.google.co.jp/nap village検索結果

 


ここで嬉しい再会。

専門学生時代の先輩がここに勤めてるのを知っていたので、無理言って少し時間を取ってもらいました(^^)

 

笑顔の可愛い女の子なんですが、なんと、このシュペリオールレイバーの縫製工場の工場長になってました(驚)

 

短い時間でしたが、久しぶりに話ができたのと、大事なお知らせを伝えられて良かったです(^^)

 

いっち、ありがとね!

 

nap village WEBページ

→ http://nap-dog.com/nap-village/

 

【岡山でチーズが欲しければここ一択!?】吉田牧場

 


 

次はこちら。

nap villageから車でおよそ15分ほどの距離。吉田牧場さん。

 

グルメブロガー北川さんによると、岡山の多くの美味しい飲食店さんで、この吉田牧場さんのチーズを使ってる。とのこと。

 

調べてみると、Wikipediaにも載ってるし、過去に人気テレビ番組の情熱大陸で取り上げられてことがあるそうです。

 

こりゃ、今日の旅のお土産にチーズ買ってくしかないでしょ!

 

って意気込んだものの、お店が開いてなくて購入できず・・・・。

 

ナンテコッタ・・・。
 

外観を写真撮影だけして次へ移動することに。

 

またリベンジしないとですね(^^;)

 

食べログ:吉田牧場

→ https://tabelog.com/okayama/吉田牧場

 

日本一たい焼き 岡山街道建部店

 

→ http://www.nipponichitaiyaki.com/日本一たい焼き
 

 

吉田牧場でチーズが買えなかった僕ら・・・。

 

気を取り直して僕らの旅は一旦ここで区切り、岡山へ戻ります。

 

途中、北川さんから「ちょっとお腹空いてません?」と嬉しいお心配り。

 

先ほどの吉田牧場から、岡山へ向かって車でおよそ20分。

 

帰路の道中で気軽に立ち寄れる、日本一たい焼き岡山街道建部店へ。

 

 

↑公式サイトより引用:http://www.nipponichitaiyaki.com/
 

中にはあんこびっしり!

 

それはもう、

店のおじさんと喧嘩して海に飛び込んでも、こんだけあんこが詰まってたら、溺れるやん! レベルでした。

 


 

たい焼きの写真は撮り忘れた僕ですが、こういうの↑は しっかり撮っときました。

 

パネルから頭を出してる坊主頭が僕です。

 

あ、たい焼きはもちろん美味でした。

 

僕らが入店してから続々とお客さんが入ってきてたので、人気のお店なんだろうなっていうのが簡単に予想できました。

 

 

【岡山の要注目観光エリア。吉備中央町。】簡単にまとめ。

 


 

岡山市内から車で1時間半前後でアクセスできる吉備中央町。

 

いのししなべの品野屋から小森温泉へは車で10分。

小森温泉から&things ハチガハナのあるnap village へは車で20分。

nap villageから吉田牧場へは車で15分。

吉田牧場から日本一たい焼きへは、岡山市内へ戻る道中に立ち寄れて、車で20分。

 

 

岡山には、

ジーンズの街 児島。日本のエーゲ海と呼ばれる牛窓。倉敷美観地区。岡山城。日本三大名園の岡山後楽園。

といった観光名所が存在しますが、今回の吉備中央町も1日楽しめるおすすめのエリアです(^^)

 

北川さん。ありがとうございました(^^)

 

僕の憧れの先輩ブロガー。

岡山の実力派グルメブロガー北川さんのブログはこちら。

 

きーたんの岡山名店道しるべ

→ http://okayamagourmet.com/

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

投稿者:

生川敏弘(なるかわとしひろ)

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。