【岡山・香川のうどん屋さん】桃山亭 中仙道店


 

【岡山・香川のうどん屋さん】桃山亭 中仙道店

 

この前、ランチでうどん屋さんに行ってきました。

 

桃山亭 中仙道店。

ここは、知り合いが「あそこ美味しいよ。」とおすすめしてくれたお店。

 

実は、その知り合いは桃山亭に長年勤めていた経験を持つ人。

 

僕が「元従業員というのを抜きにして、そこのうどんって美味しいですか?」と尋ねると、

「うん。美味しいよ。岡山・香川でチェーン展開してるけど、こだわりを持って作ってるから。」

↑と教えてくれました。

 

こりゃ、行くっきゃない!と、いうことで、実際に近くまで行く用事があったので行ってきました(^^)

 


 

看板にはでかでかと 讃岐うどん の文字。

 

この看板に見覚えのある岡山人の方は少なくないハズ。

 


 

元従業員の知り合いがおすすめしてくれたのは肉ぶっかけうどん。

 

どうやらお店の看板メニューだったようです。

 


 

開店と同時に入店した僕。

既に先客がいました。

 

お店は、全国どこにでもある丸亀製麺と同じようなスタイル。

メインとなるうどんのメニューを頼んで、それを用意してもらってる間に、オプションで天ぷらなどのサイドメニューをセルフで取っていくスタイルです。

 

人気店のようで、僕がテーブルに着いてから、続々とお客さんが入ってきたのが印象的でした。

 


 

↑メニューはこちら。

 


それぞれのメニューの価格は、

肉ぶっかけ:580円

釜揚げ:380円

ざる:380円

温玉肉ぶっかけ:640円

釜たま:420円

かけうどん:320円

※すべて並サイズの料金です。

 


 

僕が頼んだのはもちろん、知り合いのおすすめ肉ぶっかけ。

 


 

トッピングサービスのネギを乗せ、実食。

 

知り合いの情報通り、美味しい!

肉の甘み、最高!!

食レポ、下手すぎ!!!

 

桃山亭の美味しさの秘密

 

元従業員の知り合い曰く、桃山亭の美味しさの秘密は、お店独自でブレンドした小麦粉を使用。

そのオリジナルの小麦粉を使い、お店で麺を作ることで、鮮度の高い麺を提供できるからだそうです。

 

某讃岐うどんチェーン店では、その店舗の多さから 麺の生地(細く切る前の状態)を作る工場があり、それを各店に配送している為、鮮度が少し落ちるのだとか。

 

個人のうどん店なら、こだわりの小麦粉をこだわりの打ち方で麺を作り提供してますが、桃山亭は岡山・香川に6店舗展開する中規模のお店。

 

だからこそ、個人のうどん屋さんがクリアできない、小麦粉のメーカーさんが対応してくれる注文ロットをクリアし、自店専用のオリジナルブレンドの小麦粉をオーダーできてるのだそうです。

 

それを、各店舗それぞれで生地を作り、麺にする。

それが、桃山亭の美味しさの秘密なのだと教わりました。

 

加えて、肉ぶっかけのお肉は、国産のものを使用しているので、そうでないものより格段に美味しいのだとか。

 


 

香川に行けば、美味しいうどん屋さんがたくさんあります。

 

ですが、もし、岡山で小腹が空いた。ちょっとなんか食べたいな・・・。

 

そんな時は、桃山亭の肉ぶっかけうどんがおすすめです(^^)

 

僕が行った店舗の情報。

 

桃山亭 中山道店 (ももやまてい なかせんどうてん)

営業時間:11:00〜21:00

住所:岡山県 岡山市北区 中仙道 1-3-3



食べログ:https://tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33002043/

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

投稿者:

生川敏弘(なるかわとしひろ)

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。