【おすすめのシンプルなメンズ ロングシャツ】なぜロングシャツなのか。

【おすすめのシンプルなメンズ ロングシャツ】なぜロングシャツなのか。

 

↑岡山のお洒落な洋服屋さん。カサノヴァ代表のゆうたさんが、僕のシャツを試着して下さいました。
 

メンズのロングシャツで、おすすめのブランドとして名前が挙がるようになれたら幸せです。

 

今回は、なぜロング丈のシャツを作ろうとしたのかを簡単に書こうと思います。

 

僕がなぜロング丈のメンズシャツを企画したのか。

 


 


 

 


 

まず、根本的にこれが大事。

ずばり、ロング丈の洋服を僕が個人的に好きだから。(単純です 笑)

 


 


 
↑古着の大きいサイズのシャツなんかも好きでよく着ますが、どうしても全体的に大きくなってしまいます。
 

 

 

僕が今まで着てきたシャツは、お洒落さ控えめなクラシックなシャツ。

これまでに、古着のものをはじめ、3万円〜10万円という高級な価格帯のシャツ(※)を着てきました。
※↑あ、もちろん定価で買ってませんよ。セールなどで破格で掘り出したものを購入してます。
 

 

僕が袖を通してきたそういった高級なシャツ。

それらは、正統派でクラシックなつくり・デザインのものが多く、素材・生地や縫製などのクオリティー面で見るとそれらは申し分ないです。

 

でも、いちファッションアイテムとして見たときに、物足りなさを感じてしまいます。

 

なぜなら、正統派・クラシック・伝統的なシャツというのは、言ってしまえばシルエットが普通だから。

 

正統派・クラシック・伝統的に、自分の好みの要素を加える。

 

自分が好きで着ている高級シャツ(多くがイタリアなどのヨーロッパ製)に使われるような生地・ボタン。

 

そして、長い洋装文化で培われてきたであろう縫製やパターン(洋服の型紙)に詰め込まれた、作り手の美学・英知。

 

そこに、自分好みのシルエットという要素を加えたのがこのメンズのロング丈のシャツ。

 

↑これが僕のロングシャツ。
 

まさに、僕の理想が詰まったシャツです。

 

自分好みの洋服を作るのと同時に、伝えていきたい洋服・ファッションの魅力。

 


 

あとは、そういった品質の良い洋服というのを伝えたい。という気持ちもあります。

いま、素材や縫製を気にして洋服を選ぶ人が少ないので。

 

ブログやSNSといった媒体を通して、僕が ” 伝える力 “ を磨くことで、もっと洋服・ファッションの良さ・楽しさを伝えたいです。

 

自分の理想への道のりは、まだまだ険しいです。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

投稿者:

生川敏弘(なるかわとしひろ)

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。