【ストライプインターナショナル 石川社長のスーツスタイル】 ファッションに自信のない経営者の方は、この方を真似しては?

【ストライプインターナショナル 石川社長のスーツスタイル】 ファッションに自信のない経営者の方は、この方を真似しては?

 

僕は、経営者の方と知り合う機会が 一年に何度かあるのですが、ファッションが残念な方が意外と多いです。

 

そういった方々にファッションのお話を伺ってみると、

「どんな着こなしをしていいか全然わからない・・・。」

という悩みを抱えている方が多いことがわかりました。

 

今回は、そういった

 「 ファッションがわからない・・・。  」

と 悩む経営者の方々の参考になればと思い、記事を書いてみようと思います。

 

経営されてる会社・ご自身の生き方・お人柄は立派でも、

「 ファッションがわからない!どうすればいいのーーー!!?? 」

と お悩みの方。

 

そんな時は、ストライプインターナショナル 石川社長をお手本にしてみたらどうでしょうか。

 

今回の記事では・・・

石川社長について。

あるネット記事での石川社長の服装・着こなしについて。

その同氏が着用されている洋服のブランドについて。

↑などを書いてます。読むとおよそ5分ほどの記事です。

 

ストライプインターナショナル 石川康晴社長とは

 

画像引用元:http://kigyoka.com/news/magazine/

 

 

はじめに、石川社長について、Wikipedia大先生から引用致します。

 

石川 康晴(いしかわ やすはる 1970年(昭和45年)12月15日 生)は、日本の実業家。

株式会社ストライプインターナショナル代表取締役社長。公益財団法人 石川文化振興財団 理事長。

1994年クロスカンパニーを創業。1999年に「earth music&ecology」を立ち上げた。

2016年 3月株式会社ストライプインターナショナルに社名変更。

 

 

学生時代はアルバイトに明け暮れ、専門学校を卒業後、紳士服チェーンに就職。

給料はなるべく使わず、ボーナスは全額貯金。 入社して2年半後に退社する。

 

創業当時、所持金は起業のために貯めた300万円だけだった。

これを資金として、4坪の店をオープン。

店の内装は夜なべしてペンキを塗り、カーペットはホームセンターで、ハンガーは100円ショップで購入。

レジ台は粗大ゴミの中から拾って調達するなど、可能な限り自力で行っていた。

また、創業当時はヨーロッパで買い付けをして販売するレディースのセレクトショップを展開しており、初年度には売り上げが4000万円、翌年には1億円、3年目で2億円と順調に業績を伸ばしていった。

 

引用元:wikipedia 石川康晴
→ https://ja.wikipedia.org/wiki/石川康晴

 

ご存知。岡山が全国に誇る経営者の石川氏です。

この前、カンブリア宮殿にもゲスト出演なさってましたよね。

 

 

【ヒマラヤほどの消しゴムひとつ♪のファッションの会社】この有名なCMをご存知でしょうか?

 

女優の宮崎あおいさんが、THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)の1000のバイオリン(1001のバイオリン)を歌うCMで有名な、レディースファッションブランドearth music&ecologyの代表が、石川社長です。

 

↑ちなみに、宮崎あおいさんが出演したのは このCMです。

 

これ、当時すごく話題になりましたよね。

 

 

ストライプインターナショナル石川康晴社長のスーツは、デザイナーズブランドのトム・ブラウン。

 

さて。そんな石川社長のスーツスタイル。

 

画像引用元:http://kigyoka.com/news/magazine/magazine

 

例えば、この記事に登場する石川社長。

 

参考記事:【竹中平蔵の骨太対談】世界一のアパレル企業を目指す/vs ストライプインターナショナル社長 石川康晴
→ http://kigyoka.com/news/magazine/magazine_20161212_2.html

 

経営者という非常にお堅い(印象の)役職の方なのに、とてもお洒落だと僕は思います。

 

シャツ、スーツは共にトム・ブラウンというデザイナーズのファッションブランドのもの。

 

 

【トム・ブラウンのスーツ】デザインの特徴。そして、気になるお値段は・・・。

 

画像引用元:http://www.fashionsnap.com/news/

 

トム・ブラウンのスーツは20〜30万円。シャツで4万円前後です。

( 参考にした価格は、トム・ブラウンを扱うお店から。 → http://www.arknets.co.jp/ )

 

画像引用元:http://www.eyescream.jp/

 

シャツのボタンを外した首元の隙間から覗く、赤 × 白 × 青 のストライプ柄のテープは、同ブランドの象徴的なデザイン。

 

Vゾーン(※)と呼ばれるスーツの胸元に、こういった程よい色のアクセントがあることで、単調な着こなしにならずに済んでますよね。

※スーツスタイルにとって個性を演出するポイントである、胸元にあるVの形をした場所。

 

このトム・ブラウンというファッションブランドは、クラシックなスーツスタイルとは一線を画す とてもファッショナブルなスーツスタイルを提案しています。

 

画像引用元:https://hikaruvision.wordpress.com/

 

一般的に普及しているスーツよりも着丈がかなり短かったりと、もしかすると、ファッションに疎い方からすると、ちょっと敬遠したくなるような新しめなデザインかもしれません。

 

しかし、多くの有名人(芸能人)が着用していたりと 人気のあるファッションブランドなので、そういったファッション好きの人が見ると、

「あ、トム・ブラウンのスーツを着てる。やっぱりアパレルの社長はお洒落だな。」

という印象を持ってもらえるのは確かです。

 

 

【石川社長のスーツスタイル・着こなしの素敵なポイント。】ファッションで大事なのは、髪型・眼鏡・洋服・シューズ etc… すべて。

 

画像引用元:http://kigyoka.com/news/magazine/magazine

 


人気のデザイナーズブランドのスーツなんでしょ?

お金をかけてるんだから、様になるのは当たり前じゃないか・・・。

 

なんて、そう思った方いませんか?

 

はい。

だとすると、非常に愚かです。

 

一度、自信のあるスーツスタイルで全身鏡の前に立ってみましょう。

 

あなた、激ダサじゃありませんか?

もしかすると、ご自身が激ダサであることにさえ気付けてないかもしれませんね。

 

石川社長は、お金をかけて人気のデザイナーズブランドのスーツを着てるから様になってるのはなく、髪型や眼鏡といった細かいお洒落にも気を配れてるから、お洒落なスーツスタイルが成立してるんです。

 

 

ファッションで大事なのは、髪型・眼鏡・洋服・シューズ etc… すべて。

(他にも、その人のお人柄や、ライフスタイルなんかも大事だと僕は思います。)

 

石川社長はまだ40代。短い髪型には若さがあるし爽やか。

 

着用しているフレームが太い黒縁の大きめな眼鏡なのも、普通の眼鏡ではなく、ファッショナブルな眼鏡をチョイスされているのがわかると思います。

 

オタクっぽかったり、ガリ勉っぽくなったり、キツそうな性格に見えたり。

 

眼鏡のデザインひとつで、対面した相手に与える印象だって大きく変わりますよね。

 

さらに、シャツの第一ボタンを外すことで、カチッとしすぎず、適度にラフな印象を受けます。

 

画像引用元:http://www.eyescream.jp/

 

同時に、前述した “ 赤 × 白 × 青 のストライプ柄のテープ “ が首元に覗くことで、ファッション好きな知ってる人は知っている

「トム・ブラウンというファッションブランドのシャツを着てます。」というさりげない主張にも繋がりますし。

 

ラフさを取り入れたスーツの着こなしをなさる石川社長。

でも、いざ ご自身の経営理論を説いたりすると、落ち着いた声のトーンでゆっくりと、専門的なビジネス用語を交えて しっかりとお話をなさいます。

 

実際にお話をされている同氏の動画はコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

経営理論を説く際、落ち着いた声のトーンでゆっくりと、専門的なビジネス用語を交えて しっかりとお話をなさる。

そんな一面に触れた時、優れた経営者の方なんだと印象を受けませんか?

 

デザイナーズブランドのファッショナブルなスーツを着用し、ラフな着こなしをしながらも、しっかりとご自身の考えを主張できる。

 

ファッション(髪型・スーツ・眼鏡・着こなし)とお人柄。

そして、そこに生まれるギャップ。これらが絶妙なバランスであることが、すごくポイントが高く、魅力的に感じませんか?

 

【靴下にも気を配ってみる。】遊び心を加えて大人のスーツスタイルをワンランクアップ。

 

参考にした記事の写真では確認できませんが、首元にある赤 × 白 × 青の配色と合わせて、靴下なんかのさりげない場所に遊び心を持たせると、もっと楽しいですよね。

 

 

シャツのアクセントと同じ配色の 赤 × 白 × 青 のワンポイントを靴下にも持ってこれば、ちょっとした遊び心をプラスできて、大人なお洒落を演出できるかなと。

僕ならそんな靴下を選びたいです。

 

実際、僕が過去にファッションの相談を受けた方で、コーディネートの中に 彩りの良い色のある柄をアクセントに取り入れるようアドバイスさせて頂いたところ、女性に好印象を受けてもらい、会話の中で褒めてもらえたそうです(^^)

 

 

お洒落な人の真似から入るのはすごく大事なこと。

 

石川社長のように高級なブランドのものでなくても、ご自身に合ったサイズのスーツを、適度な遊び心を持たせた着こなしをすることで、お洒落な経営者を演出できるはずです。

 

その時は、髪型・小物類への気配りも忘れずに。

 

あとは、その方のお人柄(要は内面)も大事だと思うので、簡単に言い切れませんが、ファッション・スーツの着こなしに悩める経営者の方は、石川社長の着こなしを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    生川敏弘(なるかわとしひろ)

    1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。