【写真を4枚選んで紹介。】4つのあれこれ。

【写真を4枚選んで紹介。】4つのあれこれ。

 

いま、しっかり書き上げたいブログ記事があります。

でも、なかなかうまく進みません。

 

なので、気分転換に パソコンに保存されてる写真を4つピックアップし、それにいくつか文章を添えて紹介します。

 

1枚目。

 

人生で初めて見た一面のひまわり畑。

岡山県の牛窓という観光地の、西脇海岸にて。

 

2枚目。

 

名古屋でファッションの販売員をしてた時の一枚。

Anachronorm(アナクロノーム)という岡山発のファッションブランドの、丈の長いカットソーに、カナダで買った軍モノのカーゴパンツ。

足元はジャーマントレーナーというスニーカー。

 

3枚目。

僕がいま取り組んでる、自分のファッションブランドのシャツ。

そのシャツの台衿という首元につくパーツのパターン(洋服の型紙)。

 

白×赤のチェック柄の台衿は、解体したユニクロの台衿。

カーブのきつさが違うでしょ?

 

僕のシャツの台衿の方がカーブがきつい。

 

これは、首元に より衿がフィットするように意図的にきつくしたから。

イタリアの高級シャツを解体してわかった仕組みを取り入れた内のひとつ。

 

いつかきちんと紹介する予定です。

 

4枚目。

僕のじいちゃん。(の、若い頃。)

 

僕はじいちゃんっ子で、じいちゃんのことが大好きなんです。

 

若い時のじいちゃん、イケメンやなぁ・・・。

 

 

以上です。

 

ではでは

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。