自分でデザインした手作りのトートバッグをFacebookで紹介したら、カナダの人に売れたお話。

 

自分でデザインした手作りのトートバッグをFacebookで紹介したら、カナダの人に売れたお話。

 

 

先日、僕がカナダのトロント在住時に作っていたトートバッグに関する記事を書きました。

(→ http://mtatkk.com/blog-entry-18748.html

カナダのトロント滞在時に手作りしたトートバッグおよそ60個を紹介。

 

↑この記事を更新した後、自分のFacebookでも紹介したんです。

 

 

 

そしたら、カナダ在住の友人からコメントがきました。

 

僕のバッグを大切にしてくれてた友人のPam

 

 

Pam:カバン、すっごくイイ!!!

サムネイルで表示されたトートバッグの写真を見て、友人のPamが褒めてくれました。

 

Pamが嬉しいメッセージを寄せてくれた後、少しコメントのやり取りをしました。

僕:ありがとう!トロントいた時に作ったトートバッグをブログで紹介したんだ。

Pam:悲しいことに、私があなたにもらったトートバッグ、路面電車で失くしちゃったの。

路面電車の会社へ行って1週間探したけど見つからなくて・・・。

私のはモンドリアンのデザインだったのよね・・・。

Pamは、僕が贈ったハンドメイドのトートバッグを失くしてしまい、ひどく落ち込んでるようでした。

そこで、別で作ってあったトートバッグを提案してみました。

僕:いきなりだけど、これどう?

Pam:すごく好き!お金 支払うわ!

ど、いうことで、先日 カナダへトートバッグを送りました。

その数日後、無事に届いたようで、その報告のメッセージがきました(^^)

Pam:トシ!!あなたからの最高の小包を今日受け取ったわ!

本当に驚きの詰まった荷物。最高のバッグね!

何かカナダの欲しいものがあったら教えて。

もし私が知らないものでも、娘たちに尋ねて必ず送るわ!

トートバッグ、もう絶対に失くさないからね!!

めっちゃ喜んでくれました。

どうしてPamはこんなにも喜んでくれたのか。その秘密はと言うと・・・

 

Pamがすごく喜んでくれた理由。

 

それは、トートバッグを梱包する際に撮影した写真をご覧いただければ伝わるかと思います。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

↑荷物のメインはこのトートバッグ。

送ったのはこのバッグだけではなく・・・

 

 

↑日本のお菓子を一緒に送ったんです(^^)

 

ハッピーターン・アンパンマンのチョコ・抹茶味のチョコ・柿の種・ヨーグレット(美味いラムネ)

 

写真に写ってませんが、他にもお菓子をいろいろ。

 

結果、彼女にとって嬉しいビッグサプライズとして届いたようで良かったです(^^)

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。