【ファッションの力。可能性。】ファッションに自信が持てると外出するのが楽しくなる。

【ファッションの力。可能性。】ファッションに自信が持てると外出するのが楽しくなる。

 

 

僕は、バイトで生計を立てながら(要はフリーター)、依頼主さんの買い物同行のお仕事をフリーでさせて頂いてます。

 

今回は、僕がフリーでさせて頂いている洋服の買い物同行のお仕事について。依頼主の方から嬉しい報告があったので、紹介します。

 

 

僕のフリーのお仕事「買い物同行」とは。

その方の専属スタイリスト(コーディネーター)となり、依頼主の方と一緒に洋服の買い物へ。

その方にお似合いになるコーディネート・スタイリングを見立てさせて頂くというものです。

 

みなさんは、ファッションに気を遣ってますか?

 

いろんな場面でのいろんなファッション。例えば・・・

 

女性と二人で出掛けれるお洒落着はありますか?

 

合コンへ行っても恥ずかしくない、鉄板のモテるコーディネートはありますか?

 

友人と街へ買い物へ行く時のお洒落着はありますか?

 

目上の方との一席で着て行ける無礼のないお洒落着はありますか?

 

小さなお子さんを含む、ご家族で楽しく出かけれるお洒落パパさんコーデの引き出しはお持ちですか?

 

周りからの視線を気にせず同窓会を楽しめるファッション、できてますか?

 

 

 

自信の持てるファッションのコーディネートがあれば、外へ出かけるのが楽しくなるし、洋服の買い物も楽しい。

 

そう。ファッションが良くなれば、色んな ” 楽しい ” が生まれるんです。

 

昨年の10月にも年下の後輩りゅうきくんからファッションの相談があり、一緒に買い物へ行ってきました。

 

その時の記事はこちら↓

【この記事はあなただけの為に】買った洋服の解説書 -りゅうき君へ-

→ http://mtatkk.com/blog-entry-18228.html

 

↑こちらの記事は、りゅうきくんが購入した洋服の着こなし方。洗濯方法などの取り扱いに関する注意点を書いたものです。

 

依頼主りゅうきくんのファッションが変わった結果。

 

僕がりゅうきくんの洋服の買い物に同行させて頂いた数日後、彼は女の子を含む友達グループと遠くへ遊びに行く予定があったそうです。

 

その日、周りの友達の反応がどうだったのかが気になり、尋ねてみました。

 

本人さんから掲載許可を頂いたので、紹介します。

 

 

 

 

 

僕:当日の服装、大丈夫だった?

 

りゅうきくん:はい! いいね!って言われました! 嬉しかったです! 自信がつきました!

 

僕:まじ? お世辞ではなく?

 

りゅうきくん:はい!「普段の格好よりいいね。」って言われて、” あ、自信持って前出られるな ”って思いました。

そう言われると自信がついて、もっと外でようかなって思って、今日も外に行きます。普段はあまり出ないのに(笑)

 

僕:やったーー!(^o^) 嬉しすぎる! ありがとうね(^^)

 

りゅうきくん:こちらこそ本当にありがとうございました!

 

僕:マジでめっちゃ嬉しい! 向こうから褒めてくれたとか?

 

りゅうきくん:そうです。「今日はいつもと違いますね。」っていう話の流れから言われました!

 

↑ご覧いただけましたか?

やりました(^^)

 

 

僕の中で、大歓声が起こりました。

 

異性にモテたい。単にお洒落と言われたい。その逆。ダサいって言われたくない。

 

キッカケはなんでもいいです。

 

ファッションが楽しくなって、外出するのが楽しくなって、人と会うのが楽しくなって。

 

ファッションの力って、決して小さいものではないんですよね。

 

↑三重県四日市の素敵な洋服屋さんlilli店主の尾崎くんと僕。

 

ファッション好き・洋服好きの友人とよくファッション談義をしますが、やっぱりみんな、経験上 それに近い感覚は持ってます。

 

僕が毎日拝読しているブログ大阪の洋服屋さん「Centotrenta(チェントトレンタ)」代表の加藤氏の言葉をお借りするならば、

 

「これ着てドコ行こ。」

 

そう思えるファッションで、日々ワクワクできる。最高です。

 

あなたは、そんなファッションと出会えてますか?

 

ではでは

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    生川敏弘(なるかわとしひろ)

    1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。