【三重県のいいとこを挙げてみよう。】踊る!さんま御殿を観たんです。

さぁ。12月25日分の記事を更新しますよ。(お待たせしました。)

 

先日のこの記事↓を書き上げたことで、ブログ燃え尽き症候群が出ちゃいました(^^;)

【次は着用画像の撮影】ロングシャツ作りの進捗状況 – 個人のファッションブランドを立ち上げようとしてます。 –

と、いうことで、これから25日〜28日の4日間分の記事を更新しようかなと。

 

まずは軽めに。

 

今日27日(火)、日テレの踊る!さんま御殿を観ました。久しぶりに。

 

ライバル県・地域にどうしても言ってやりたい事 ってことで、

それぞれの都道府県を出身とする芸能人が県民代表として出演。

 

その地方あるあるで、タレントさん達がキャッキャ言い合うんです。

愛知県民勢のタレントさんが言い合うのが面白かったです。

スピードワゴンの二人(井戸田と小沢ともに),

天野(キャイーン)、浅田舞、ものまねの福田彩乃、

あの、東海地方出身の人間でなければわからない愛知あるあるが良かったです(笑)

 

【ただ、これだけは言いたい。】僕のふるさと三重県を代表して出演していたタレント。

 

→ https://ja.wikipedia.org/wiki/三重県

 

なぜ三重県代表で磯野貴理子を出すんや・・・。

 

もっと三重県の良さをアピールして欲しいのに、

ただやかましいおばさんが、いちタレントとして美味しい役割を果たしてた感じ。

 

ああいった役割を担えるタレントさんを起用するのは番組的にはオッケーなんでしょうが、

全国的にパッとしない県 三重県が地元の僕としては、もっと三重県をアピールして欲しかったなぁ・・・。

 

 

 

三重の有名なこと・もの

 

→ https://ja.wikipedia.org/wiki/四日市

 

↑僕の地元、四日市市は三重県の北にあります。

 

僕が思う、三重が全国に自慢できる物事を挙げてみましょう。

 

天むす、松阪牛、赤福、伊勢うどん、四日市トンテキ、亀山みそ焼きうどん、桑名のはまぐり、的矢湾の牡蠣

志摩スペイン村、鈴鹿サーキット、伊勢神宮、ナガシマスパーランド、伊賀忍者、

二見の夫婦岩、鳥羽水族館、安永餅、へんば餅、なばなの里のイルミネーション、

四日市のコンビナートの夜景、熊野の大花火、世界遺産の熊野古道、赤目四十八滝、ジャズドリーム長島(アウトレット)

サッカーの浅野選手も三重ですね。西野カナなんかも三重出身。

 

 

↑こんなにあんのに何しとんねん磯野貴理子!!!!

 

 

ではでは

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    生川敏弘(なるかわとしひろ)

    1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。