【なんじゃそれ!どうなっとんねん!(怒)】16,000円の冬物のセーターの品質がそんなにも良くなかった話。

 

【なんじゃそれ!どうなっとんねん!(怒)】16,000円の冬物のセーターの品質がそんなにも良くはなかった話。

 

僕は怒ってますよ。

いや、怒るというよりも、なんか悲しかったです。

 

おそらく全国展開してる某洋服屋さんで見たウール100%のセーターが、

本当にこれ冬に着れるの?って思えるクオリティーだったお話。

 

たまたま見かけた16,000円のセーターの素材。イングランド製の羊毛を使っているから素材は良いはず。

 

先日、東急ハンズへ買い物の用があったので、イオン岡山へ行ったんです。

 

で、少し時間があったので、店内をウィンドウショッピング。

 

そんな中、某洋服屋さんへ立ち寄りました。

その洋服屋さんは、各主要都市には必ず店舗があるし、アウトレットにもお店を出してたりするほど規模は大きいです。

 

そこで見つけたのは、

イングランド製のウールを使用。と謳われたセーター。

品質表示を見ると、ウール100%でした。

 

ウールらしい、少しガサッとした強さ・たくましさを感じる素材感。

うん。僕好み。

こういう素材感が、冬を楽しくしてくれます。

 

でも、やっぱ値段は高いんだろうなーって思って値札を見たら、およそ16,000円でした。

 

2万円台後半を予想してた僕は、

 

や、安っ!

企業努力ハンパない!!

 

って思いました。

 

予想を超える低価格で感動した僕。

そこで、もっとよく見てみようと手に取ってみたら、

生地(編み地)がスッカスカでした。

 


 

( そ、そういうことか・・・ )

 

 

低価格の秘密は、糸の使用量を極限にまで少なくすることだったようです。

 

僕がお店で見たイングランド製のウールを使用したセーターはこんな感じでした。

 

僕の私物のセーターの写真を使って、説明します。

 

 

↑ケーブル編みのニットです。

 

これをアップで撮影すると・・・・

 

 

↑こんな感じ。

 

伝わりますか?

ニットがざっくりと編まれているので、編み目の向こう側が見えますよね?

 

これだと、かなり通風性の良いつくりだということが容易に想像できると思います。

 

この私物のセーターの素材はシルク100%で、春用のニットです。

 

だから何も問題ありません。

 

しかし、僕が見かけたイングランド製のウールを100%使用した冬用セーターも、

僕の私物のニットと同じように 編み目の向こう側が見えるほどざっくりと編まれたものでした。

 

冬物というより、秋専用の洋服のように感じました。

 

僕が持ってるウール100%のセーターの編み目はこんな感じです。

 

ここで、僕の私物をもうひとつ紹介します。

 

 

お店で見たものと同じくウール100%で、冬用のセーター。

肉厚の生地感。

古着屋さんで購入したものです。

 

 

これをアップで見てみると・・・・

 

 

編み目がびっしり詰まってます。

 

さっきの春用のニット。お店で見たものに近い編み地のものをもう一度載せます。

比較してみましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

僕がお店で見たものに近い編み地(上)と、僕の私物のもの(下)

 

いかがですか?

こんなにも違うんです。

 

いくら16,000円とお求め安い価格だったとしても、

ウール100%で 通気性抜群な編み地だったらなんだかチグハグな気がします。

 

僕の私物(下)は、編み目がしっかり詰まってて、めっちゃあったかいですから。

 

でですね。

僕が、

なんじゃそら!

ってなったのは、別に質が低かったから。とかじゃないんです。

昔に比べたら、原料の価格高騰があるだろうし、当然のことなのだと思います。

だから、精一杯企業努力しての結果だと思うんです。

 

でもですね。

 

ウールのセーターっていうのは、寒い季節のファッションには欠かせないもの。

 

秋冬という寒い季節を楽しむアイテム。ワクワクさせてくれるアイテムのひとつなんです。

 

なのに、

こんなに通気性抜群にしてしもうたら、冬を楽しめるもんも楽しめやんやないかい!!!

っていう「なんじゃそら!」なわけです。

 

冬物として店頭に出てましたが、秋物として店頭に出てたら納得でした。

 

僕なら、あれを冬に着たくないな・・・。

 

冬を温かく過ごすなら、通気性抜群な編み目のものよりも、編み目のびっしりとしたセーターがおすすめですよ。

 

冬ファッションがもっと楽しくなりますし。

 

ではでは

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。