【レアスニーカー情報】Reebokの名作レアスニーカー。エイリアンスタンパー美品中古が売ってました。

 

【レアスニーカー情報】Reebokの名作レアスニーカー。エイリアンスタンパー美品中古が売ってました。

 

リーボックの名作スニーカー。エイリアンスタンパーというモデルとは

 

まず、エイリアンスタンパーがどういったスニーカーなのかを説明します。

 

エイリアンスタンパー

1986年公開の映画「エイリアン2」の作中で、

女優 シガニー・ウィーバーが演じる主人公リプリーが着用していたモデル。

それを市販向けに仕様変更し、登場した物がオリジナル。

(作品内の衣装としてのモデルは、スネを覆う程のハイカット。)

 

リーボックというと、ポンプフューリーなんかが非常に有名。

エイリアンスタンパーというスニーカーは、スニーカー好きな人からの支持が高いモデルと言えます。

 

裏原宿ファッションを知る世代には、スニーカーショップATMOS(アトモス)の別注モデルなんかが記憶に残ってるのではないでしょうか。

 

エイリアンスタンパーは、これまでに3度復刻販売されています。

 

このエイリアンスタンパー。

1986年公開の映画「エイリアン2」の作中で 主人公リプリーが着用してから、これまでに3回復刻されています。

 

 

 

1度目は、2002年頃。

REEBOK CL ALIEN STOMPER 4-91704 2002年(?)復刻版

 

 

2度目は、2010年頃。

 

REEBOK CL ALIEN STOMPER リーボック CL エイリアンスタンパー 4-J19275 2010年復刻版

 

↑それぞれ、僕のこのブログで過去に紹介しています。

 

そして3度目。

実は、今年2016年の4月に3度目の復刻販売を遂げていて、その話題性の高さから 即完売しました。

 

その時の発売情報はコチラをご覧ください。

SNEAKER WARS:【国内426日発売予定】 リーボック クラシック エイリアン スタンパー ハイ & ミッド
→ http://sneakerwars.jp/items/view/5396

 

そんなレアスニーカーが、岡山駅から徒歩5分のお店で売ってました。

 

2016年に復刻したものは入手困難。

2010年に復刻したものはそれよりも入手困難。

 

じゃあ、2002年復刻のエイリアンスタンパーは?

 

 

 

はい。ありました。岡山に。

 

一番入手困難であろう2002年頃の復刻モデルが、岡山のリサイクルショップで取り扱われていました。

 

しかも、超美品。

おそらく未使用だと思われます。

 

許可をいただいて写真を撮影させていただいたので、紹介します。(掲載許可も頂いてます。)

 


 

 

 

 

かかとがすり減ってないし、なんとスニーカー好きには嬉しい箱付きです。

 

サイズは27.0cm

 

僕のスニーカーのマイサイズは29.0cmなので小さい・・・orz

 

気になるお値段はというと、

 

 

税抜きで12,800円。

 

サイズが合ってたら買ってました。

 

 

このエイリアンスタンパーを取り扱っていたお店の情報。

 

岡山で有名なリサイクルショップのVECTOR(ベクトル)にありました。

 

ベクトル岡山駅前商店街店

岡山県岡山市北区駅前町1-1-13

Tel:086-227-0003

 

 

 

岡山駅を出て徒歩5分で行ける場所です。

 

気になる方はお店へ是非(^^)

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。