【独立した人がこれを意識するだけで今後の結果が変わるんじゃ?】地方情報誌から学んだ事。

【独立した人がこれを意識するだけで今後の結果が変わるんじゃ?】地方情報誌から学んだ事。

 

gekkanpurazaokayama

↑岡山市の地方情報誌「プラザ岡山」

 

先日、このプラザ岡山がうちに届いてたんです。

 

いつもは読みもせずに捨てる情報誌。

 

正直、いつもはまったく読みもしてなかったです。

 

いつもはって言うと少し嘘ですが、ほぼ読まないです。

 

じゃあ何で今回はそのページをめくる事になったのかと言うと、

知り合いのモモキッドさんが表紙に出てたから。

 

モモキッドさんは、

岡山の非公認観光大使。

 

非公認○○って 聞くと、

まるでどこかの梨の妖精みたいだナッシーね。

 

モモキッドさんのブログはこちら

岡山駅前商店街青年部公認!ご当地ヒーロー。勝手に岡山観光大使!!ご当地レスラーMOMO☆KID参上
→ http://ameblo.jp/momokidopg/

 

あと、Facebookページも紹介しておきます。

モモキッドさんFacebookページ
→ https://www.facebook.com/momokidopg/

 

じゃあ、本題に参りましょう。

 

記事のタイトルは

【独立した人がこれを意識するだけで今後の結果が変わるんじゃ?】地方情報誌から学んだ事。

 

何を意識すべきかというと、

今後の人との出会いは全て、

自分という人間がいる事を知って頂ける大切な機会なのだというのを意識すべきだなと。

 

モモキッドさんと知り合ってなければ、

この情報誌はいつも通り完全にスルー。

 

ゴミ箱へ直行という運命(さだめ)でした。

 

モモキッドさんと知り合いだったから手に取って目を通してみた訳で。

 

プラザ岡山目線でいったら、

こういった、岡山で知名度のある方を表紙に絡めたのは

ある意味正解だったってことですね。

 

そしてモモキッドさんの立場で考えたら、

ブログをやってる生川という人間と知り合いだったから

生川がプラザ岡山に興味を抱き、

結果、その気付きからブログ更新。

 

その中で、生川がモモキッドさんの紹介(宣伝)をする。

なんだか非常に良い流れが生まれているように思います。

 

 

今回のケースを自分に落とし込んでみると

 

自分がこの先、新しく人と出会う。

いつもは特別な意識なんてせずにいましたが、

人との出会いそのものや、自分が何かの媒体に絡むという機会があると、

相手がその媒体(もしくは自分)に興味を抱いてくれるキッカケになりうる。

というのを意識するのも大切なことなんだなと。

 

よく考えたら、

 

縁(よすが)のてつさんがキッカケで牛窓に興味を持ったし、

実際に牛窓の食材を使ったお店「縁(よすが)」さんで食事したし、

 

友人の和田くんがキッカケでカメラに興味がわいたので、

カメラ選びについて和田くんに相談しようと思うし、

 

北川さんからは岡山グルメのこと。

 

ちーさんやりゅうき君からはブログのこと。

 

他にも色々。

 

よく考えたら、自分の中で前例がいくつもありました。

 

ふと思う。

 

例えば、アパレルの販売員さんなんかも、

こういった

人との出会いそのものや、自分が何かの媒体に絡むという機会があると、

相手がその媒体(もしくは自分)に興味を抱いてくれるキッカケになりうる。

っていうのを日頃から意識すると、

相手がお店に遊びにきてくれたりだとかっていう、

そういった変化があるかもしれませんね。

 

 

まぁ、記事にしなくても当たり前っちゃあ当たり前か(^^;)

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。