【僕だからできた一枚。】自分だけのスペシャルなTシャツを作った話

【僕だからできた一枚。】自分だけのスペシャルなTシャツを作った話

 

mostofgaragetee

 

most of garage さんという

車関係の企業さんのTシャツのデザインを任せて頂き、

これまでに、僕がデザインしたものをプリントした

Tシャツやフードパーカを納品させて頂いてるのですが、

今回は、そのmost of garage さんのTシャツを、

自分専用にして手に入れたというお話。

 

僕も欲しかったmost of garage オリジナルTシャツ

 

友人りゅうちゃんの会社であるmost of garage さん。

りゅうちゃんから直接依頼がきた事から、

企画がスタート。

 

mostofgaragedesignan

↑デザイン案は、りゅうちゃんのアイディア。

 

で、自分のオリジナルシャツの準備をするのと同時進行で、

パソコンのデザインソフト イラストレーターを使ってデザイン。

 

僕、プロでもなんでもないのでイラストレーター使うの苦手なんですが、

それでも「生川さんが良ければお願いします。」と

気持ちで依頼して下さったりゅうちゃんに応えるべく、取り組みました。

 

何度か打ち合わせを経て、無事に完成&納品。

 

それが、

 

mostofgaragetee

それが、この↑Tシャツ。

 

で、嬉しい事にこれがすごく人気だそうです。

なので追加生産をすぐにしました。

 

さらにこのデザイン。

most of garage さんがスポンサーを務める

大会出場用の車に、大きく掲載して頂けるんです。

(写真が手元にないので紹介できないのですが・・・)

 

で、自分が携わらせて頂けたTシャツ。

やはり自分用が欲しくなる訳です。

 

自分で育てた野菜はうまい!みたいに。

 

ただ、

普通なのもみんなと同じでツマラナイな・・・。

って思い、やっちゃいました。

 

most of garage Tシャツ スペシャルver. を。

 

世界に一枚。most of garage 古着スペシャル

 

ryuchantshirtspecialcustom1

 

はい。こちらです。

早い話、古着屋さんで見つけてきた良さげなTシャツに、

僕がデザインさせて頂いたmost of garage さんのプリントを、

古着のTシャツのデザインそのままに、

重ねてプリントしたものです。

 

ryuchantshirtspecialcustom3

 

↑左胸のプリントはこんな感じ。

 

ryuchantshirtspecialcustom4

 

ryuchantshirtspecialcustom5

↑元の古着の左胸には、

INTERNATIONAL ASSOCIATION

FIRE FIGHTTERS

LOCAL 574

とプリントされてます。

 

INTERNATIONAL ASSOCIATION 国際協会

FIRE FIGHTTERS 消防士

LOCAL 574 ← 登録されてる番号かなんかっぽいです。

ということなので、

消防士の国際協会のTシャツの古着です。

 

ryuchantshirtspecialcustom6

↑バックスタイル。

 

ryuchantshirtspecialcustom7

 

ryuchantshirtspecialcustom8

 

↑SAVANNAH FIRE (SAVANNAHサバンナ FIRE火事)と大きくプリントされてるところに、

most of garage OKAYAMA JAPAN と、

社名のプリントを重ねて入れてあります。

 

 

 

 

ryuchantshirtspecialcustom2

↑Tシャツのボディは、Hanesのもの。

生地感はがっしりしていて、

古着だけどヨレたりしておらず、GOODコンディションです。

 

で、ポイントなのが、

これ、サイズすっごい大きいんです。

 

2XLサイズで、しかも海外の規格だから日本で言う3XLくらい。

どれくらい大きいかと言うと・・・

 

ryuchantshirtspecialcustom10

 

↑こんなにもおっきいです。

グレーのTシャツは、ユニクロのLサイズ。

比べるとこんなにも違う。

 

 

hukusou161026

172cmの僕が着てこんなサイズ感。

 

 

世界で一枚しか存在しないこのTシャツ。

 

依頼元のりゅうちゃんへちゃんと許可を頂いて作らさせて頂いた、

most of garage 古着スペシャルver. Tシャツ。

 

世界で一枚の生川オリジナル。

 

ryuchantshirtspecialcustom9

 

気に入ってます(^^)

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。