【オンリーワン好き必見?】自分だけのアレを作ろう!と決めました。

【オンリーワン好き必見?】自分だけのアレを作ろう!と決めました。  

 

 

みなさん、しばらく前のこちらの記事ってご覧頂けましたか?

 

僕の友人が、高級スーツのイージーオーダーをしたいという事で、

そのお手伝いをさせて頂いたときの事を書いた記事です。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友人のスーツのオーダーをお手伝い。

 

ちょっとマジで書きますね。

この時、センスのない無知な素人は、

プラスチック製のカラフルな釦を選びます。

 

いいですか?

 

こういったきちんとしたお店で、

上質な生地を選んでシャツやスーツを選ぶなら、

天然素材から選びましょう。

 

マジかっけえから。 ッス

マジ目立ちてえから。 チーッス  

マジお洒落じゃねえっすか。 コレヤベェッス

 

そんな理由でプラスチック製の派手な色のボタンを選ぶのは、

わかってなさ過ぎるチャラ男です。

 

 

 

えっと・・・・・。

 

 

それ、ダサいです。

初めてスーツをオーダーするファッション初心者が陥りやすい、

生川的「してはいけない高級スーツのイージーオーダーの失敗例」みたいなのも少しだけ書いてるので、

お時間ございましたらご覧下さい。

 

2016/10/04:友人のスーツのオーダーをお手伝い。
→ http://mtatkk.com/blog-entry-17836.html

 

 

決めた。決めましたよ僕は。

 

 

 

先日、友人のスーツのオーダーのお手伝いをさせて頂いて思いました。

 

ズバリ、

 

僕もスーツをオーダーしようと思います。

 

 

 

経済的余裕がある訳ではありませんが、

普段押さえられるところは押さえてるので、

なんとかギリギリの生活を送ってる訳でもありません。

 

 

 

 

オーダーを決めた理由とは。

某高級ブランドのスーツの縫製を手掛けるブティック創さんの

イージーオーダースーツ担当の岡円(おか まどか)さんが魅力的な方だから。

 

wtihmadokasan

↑まどかさんと僕。

 

以前からスーツの事で信頼させて頂いていたまどかさん。

実際、何度か連絡させてもらい、相談にのっていただいてました。

今回なぜ、僕がスーツのオーダーを決意するまでに至ったかといいますと、

 

 

 

まどかさんとゆーぞーくん。

↑先日、こうやって一席設けて、深い話をさせて頂けたから。

もっときちんとした理由があるのですが、

それはまたいつか書こうと思います。

 

あなただけのスーツ、作ってみませんか?

 

誰か、僕と一緒にスーツをオーダーしに行きたい方はいらっしゃいますか?

興味があれば、いつでも連絡ください。

おすすめのお店(まどかさんのとこ)を紹介します(^^)

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。