里田さんへ。おすすめの靴。-スニーカー編-

satodasankutsu2
 

里田さんへ。おすすめの靴。-スニーカー編-

 

前回(→ http://mtatkk.com/blog-entry-17927.html )からのつづきです。

 

 

里田さん。

お待たせしました。

 

さて。今回はスニーカー編ですが、

里田さん、いまもお変わりなく、

スニーカーはあまり履かない方ですか?

 

もしこれがキッカケでスニーカーに興味を持って頂けるなら嬉しいです。

 

では、いくつか候補があるので少し聞いてやって下さいね。

 

 

 

まずはナイキから二種類。

satodasankutsu11airmoc satodasankutsu12airmoc → http://sneakerwars.jp/items/view/5923

まず、エアモックという一足。

 

 

 

このエアモックというスニーカーがどういうものかは

こちらのリンク↓をご覧頂くとして。

SNEAKER WARS:ナイキ エアモック ウルトラ ブラック & ベージュ
→ http://sneakerwars.jp/items/view/5923

 

 

 

 

スニーカー好きな人の目線だと、名作中の名作といえるスニーカーです。

 

 

 

僕が名古屋 栄で販売員してた頃からスニーカーブームが続いてますが、

僕はずーっとこのスニーカーの復刻を待ってました。

 

 

 

いまのお財布事情と物欲とのバランスで、

実際に買えるかはわかりませんが、

僕かなりマジで欲しいです。これ。

 

 

 

買えるなら、黒とベージュ2足買いしたいくらいです。

この可愛らしいシルエット・デザインのスニーカーなら、

里田さんの今の服装に上手く溶け込むんじゃないかなって思います。

 

マイナスな点を挙げますと・・・・

致命的なのですが、僕、これ実物見れてないんです。

 

名古屋にいたときはお店がたくさんあったので

話題のスニーカーとかはどこかのお店の店頭で

簡単に見れる事ができたんですが、

岡山ではそういった例が少ないです。

なので、実際の素材感とかがわかんないので、

強くお勧めする事ができません。

 

 

 

 

 

 

次に、マッチ クラシック スウェードというモデル。

satodasankutsu18matchclassic ナイキ オンラインストア:マッチクラシック 844611-400
→ http://store.nike.com/jp/ja_jp/pd/

 

 

 

satodasankutsu19matchclassic atmos オンラインストア:NIKE MATCH CLASSIC SUEDE 844611-002
→ http://www.atmos-tokyo.com/category/NIKE/844611_002.

 

いわゆる、コート系スニーカーと呼ばれるモデル。


コート系スニーカーとは・・・


僕も今回、勉強させてもらいました。
コート系スニーカーって言うのは、

バレーボール、バスケットボール、ハンドボール、テニス、などなど

コートでプレイする為のシューズだそうで、

僕はてっきり、昔、テニスコート上で使用されてたシューズなのかなと思ってました。

※というか、しばらく前までは、

そういった意味(テニスコートがなんぞや)で使われてた気がするんだけどなぁ・・・。

 

 

 

 
consnew1970s1_201402121403397d7 バスケットボールなら、ローテク系バッシュのコンバースオールスター。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201302260014077b3
バドミントンならコンバースのジャックパーセル。

 

 
201312181313042f9 テニスなら、アディダスのスタンスミス。

 

 

 
201409041944339ea ハイテク系バッシュのごついタイプ。

ナイキのエアジョーダンの新しいやつとかこの部類ですね。

 

 

 

 

少し話が逸れましたが、

このマッチクラシックというモデル。

「ナイキのコート系スニーカーといえば?」となったら

スニーカー好きな人なら割りとすぐに名前の挙がるような定番モデルです。

 

 

 

僕の個人的な見解ですが、

もしかしたら、いまの20代前半の若い子には需要がないかもしれません。
若い世代はアディダスのスタンスミスなんかでバッチリ良いと思うのですが、

このマッチ クラシックというモデルはどちらかというと、

ほんのちょっぴり玄人気質な大人スニーカーかなと。

 

 

生川的、ほんのちょっぴり玄人気質な大人スニーカー。

だから、落ち着いてて、心地いい間で会話がゆっくりできて、

大人な雰囲気をもつ里田さんにおすすめなんです。

 

あと、実物見ましたけど良かったですよ(^^)

 

 

 

 

 

アディダスからも提案。その名もタバコ リヴィエラ

 

satodasankutsu20tobacco
satodasankutsu21tobacco
→ http://shop.adidas.jp/model/IOU83/

 

 

今回の記事で紹介するおすすめスニーカーにおいて、

こいつが大本命です。

 

めちゃくちゃ良いです。

くたびれたスエードから滲み出す色気。

頑張り過ぎてない感じ。

 

た、たまらん!たまりません!!!!

絶妙過ぎます!!!

 

 

satodasankutsu22tobacco
→ http://blog.livedoor.jp/localz_only/archives/65861262.html

ね!?

satodasankutsu23tobacco
→ http://wear.jp/yuyu64/7254813/

ね!?ね!?

良くないですか!?

2色展開で、色はどっちもおすすめ。

 

実物もチェック済み。

 

このレベルでの雰囲気の良さを備えたスニーカーを、

最近街で見かけた事が無いです。

 

 

さらに、このタバコっていうモデルは、

僕の印象だと、

少し上の世代のスニーカー好きの方々なんかに支持されてるようなモデルという印象。

 

ヴィンテージブームやアメカジブームに揉まれた方々の足元を渋く固めてくれる、

確かな仕事ができるスニーカー。

そんなイメージ。

 

そんなタバコという不朽の名作の中で、

タバコと同型でRIVIERA(リヴィエラ)という名を冠してリリースされていたものの

オリジナルカラーを落とし込んだのが、

このタバコ リヴィエラというスニーカー。

 

アパレル業界でも有名な古着のバイヤーさんの、

こちらのブログが参考になると思います。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

フリーバイヤー栗原道彦:クリちゃんがイクッ。
2009/6/1 色バリエその2。

→ http://www.houyhnhnm.jp/blog/kurihara/2009/06/post-211.html

 

間違いなく、

今のブームでスニーカーにハマッている若い世代にではなく、

玄人向けな一足だと思います。

 

 

 

 

 

 

もしこれが気になったら連絡ください。

 

どうしておすすめかを個人的にお伝えします。

 

 

 

それではここから、国内のスニーカーブランドのものを。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

SOLS(ソルズ)

satodasankutsu24sols satodasankutsu25sols
→ http://archives.sols.jp/
SOLS(ソルズ)は、

こういったクラシックなローテクスニーカーの生産地でもある

福岡県の久留米から生み出されているスニーカーです。

 

最近は結構色んなセレクトショップで取り扱われているので、

もしかしたらご存知かもしれません。

 

 

ちなみにこちらは、

VANSのチャッカ(→ http://www.abc-mart.net/shop/e/e1000226/

というモデルがデザインのベースになってるのだと思います。

 

 

DOEK(ドゥック)

 

satodasankutsu26doek
satodasankutsu27doek
→ http://doek.jp/doek-oxford-white/


 

DOEK(ドゥック)も、

ヴァルカナイズド製法と呼ばれる古い製造法を使って生み出される、

ローテクシューズの生産地でもある

福岡県の久留米発のスニーカー。

 

こちらもVANSの定番モデルのデザインをベースにしてると思います。

デザイン元は、

VANSのオーセンティック(→ http://www.abc-mart.net/shop/e/e1000225/

 

 

 

 

SOLSもDOEKもそれぞれ、

製造方法や使われてる生地感から、クラシックでレトロな雰囲気です。

 

アッパー(靴本体)の素材感を見てみると、

粗野なコットン生地なんかを使用しているようで、

それが里田さんの服装。さらにいうと、

その里田さんの洋服に使われてる素材たちと

上手くマッチするかな?という不安要素があります。

おそらく合う事は合うと思います。

でも、欲を言うと、ADIDASのタバコ リヴィエラのように、

少し毛羽のある皮革の方が、相性が良いのかなと。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

もし、購入対象の候補になるような一足があったなら嬉しいです。

 

革靴編とスニーカー編で、

合計10足前後の数を提案しましたが、

家庭を持ち、いずれお父さんになっていく里田さんが、

何年先でも履けるようなシューズを。

「流行が過ぎたらもうおしまい。」「この買い物失敗したかも!」

なんて なり辛いモデルを主に挙げてみました。

 

どれもおすすめです。

 

 

 

 

ではでは(^^)

 

 

 

前編の「里田さんへ。おすすめの靴 -革靴編-」はこちら。

里田さんへ。おすすめの靴。-革靴編-

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

投稿者:

生川敏弘(なるかわとしひろ)

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。