氏神さまへ挨拶

googleserchjinjachou

 

 

氏神様(うじがみさま)へ挨拶

僕はたまに自分の住んでるとこの神様。氏神様へお参りに行きます。

 

ほんの数日前に外出した時も、

寄り道がてらお参りに行ってきました。

 

tanbo

神社周辺の田んぼでは、

稲穂が頭を垂らしてました。

 

 

僕がお参りする時にお願いすること

 

お参りって言っても、

それは別に宗教的なものでもなんでもなく、

ただ、自分の心が落ち着くからやってるだけのもので、

お参りの内容も、身内の健康をお祈りする程度。

あ、あと、

自分がちゃんとやりたい事で食べてけますように。ってのも。

 

 

氏神様(うじがみさま)って?

氏神様っていうのは、

その地域に住んでいる人々がお祀りするその土地の神様。
氏神様への参拝を簡単に言うと、

引越しの時に隣人の方に

「引っ越してきた○○です。よろしくお願いします。」

と挨拶するようなものなのだそうです。

僕んところの氏神様

珍しい事に、僕んとこの氏神様は二つあります。

 

 

hachimanjinja
↑八幡神社(はちまんじんじゃ)

八幡さんと、

 

susanoojinja

↑須佐之男神社(すさのおじんじゃ)

須佐之男さん。

 

 

 

ご自分の住んでるところの氏神様はご存知ですか?その簡単な調べ方。

 

僕がいまのところに引っ越してきて、

氏神様を調べるのに行ったのは、

神社庁へ電話での問い合わせ。

 

各都道府県には神社本庁の地方機関として、

それぞれに神社庁が設置されています。

お住まいの都道府県の神社庁に問い合わせれば、

ご自身が住んでいる地域の氏神様を教えてくれます。
jinjachouwebpage

各地域の神社庁の連絡先は、こちらの神社本庁のページから検索できます。


神社本庁 神社庁一覧

→ http://www.jinjahoncho.or.jp/introduction/jinjacho/

 

 

 

いいもんですよ。氏神様へ手を合わせるのって。

僕はまだまだ自分に弱さがあるので、

心を落ち着かせたいタイミング、

穏やかになりたいタイミングがあります。

 

そんな時、よく氏神様へ手を合わせにいきます。

 

 

 

みなさんは、ご自身がお住まいの土地の氏神様をご存知ですか?

 

ではでは

 

 

 

※今回の記事を書くのに参考にした記事はこちら↓

僕が今回記事にした内容よりも、

もっと詳しく、もっと為になる情報を紹介されてます。

氏神って何?神社本庁に聞いた氏神様の基礎知識や調べ方
→ http://hatopi.com/ujigami

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。