【安く修理して済ませる方法。】買い替えなくても大丈夫!僕のマイメン。洗濯ハンガーを救え!

blackjack

→ http://natalie.mu/comic/pp/blackjack

 

 

【安く修理して済ませる方法。】買い替えなくても大丈夫!僕のマイメン。洗濯ハンガーを救え!

 

先日、僕のマイメンが重傷を負ってしまいました。

 

※マイメン my man

親しみを込めて、我が友、親友。信頼できる奴の意。

そこで急遽、手術をすることに。

 

 

本日の主役はコチラ

 

sentakubasami1

↑僕のマイメンこと、洗濯ハンガー氏。

 

非常にお目汚しな要素がある為、自主規制してます。

 

今回、彼を手術(修理)します。

 

sentakubasami2

彼の生命線でもある洗濯バサミが、幾つかダメになっちゃったのです。

 

 

 

sentakubasami3

と、言う訳で買ってきました洗濯バサミ。

 

 

sentakubasami4

一応、ファッション・洋服好きの人間として、

衣類を干すのに適したタイプをチョイス。

 

 

 

 

特長

 

sentakubasami5

 

ランジェリー、ストッキングなどを傷つけずに、安心してはさめます。

 

素晴らしい。スペックとしては申し分ないです。

 

正直、価格の高い洗濯バサミを避けて購入したらこれだったってだけなんですが、

たまにシルクのスカーフとか干すので、

この製品特長は嬉しいです。

 

 

修理スタート!

 

sentakubasami6

では、早速取り掛かりましょう。

 

 

sentakubasami7
↑壊れてたいくつかの洗濯バサミを外し・・・、

 

 

sentakubasami8

↑取り替え。交換。

 

 

sentakubasami9

 

バッチリです(^^)b

 

 

 

 

洗濯ハンガーの色と洗濯バサミの色が違うというのはあれですね。

洗濯ハンガーを物持ち良く使ってる証拠。って事なんですね。

 

よくよく考えたら、

実家の洗濯ハンガーは使われてる洗濯バサミがカラフルだった気がします。

洗濯ハンガーはそのままに、洗濯バサミだけの交換を何度もしてる証拠。

 

 

 

meandokan

さすがおかん。

 

 

 

 

今回のまとめ

 

洗濯ハンガーの洗濯バサミを取り替えた事で、

大きな気付き、学びがありました。

そして、

急におかんに会いたくなりました。

我が最愛の人のひとり。

 

 

 

 

 

 

blackjack2

→ http://girlschannel.net/topics/861196/

 

 

 

あっちょんぷりけ。

 

 

 

 

これから実家に電話しようと思うので、このへんで。

 

ではでは

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    生川敏弘(なるかわとしひろ)

    1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。