友人 和田くんのInstagram

View this post on Instagram

愛とは?

A post shared by wd (@watarophoto) on

 

 

写真のセンスがあると、こんなにもお洒落に日常を切り取れるんやね。

 

学生時代からカメラが好きで、

カメラ・写真が好き過ぎるからこそ、

お客さんにきちんとした提案をする販売員やった和田くん。

 

どう?カメラと歩んできとる時間の長さは、

これまでの人生のどれくらいを占めるん?

 

 

 

 

和田くんがInstagramへ投稿した冒頭の記事がきっかけの今回。

 

愛とは?

 

和田くんのお子さんよね?

この可愛いモデルさんは。

 

本当ええ写真。

 

めっちゃ好きやわ・・・(^^)

 

 

 

愛ってなんやろね。

 

30歳になって思うのは、

おとんからもおかんからも。

両親二人から目一杯愛してもらえてるんやなっていう事。

俺も誰かに愛を与えるんや・・・なんて言わんけど、

誰かを応援できるような心豊かな人間になりたいと心底思う。

この前の一席で、

少なくともこの席におるみんなに応援してもらえとるんやな。

って思えたときの心強さは そりゃもう言葉で表現できやんものでした。

 

だからこそ、「今度は自分が逆の立場に。」っていう想いね。

 

 

改めて、みんなありがとう。

 

 

nagoyadinner

 

多分みんなが思ってるより、俺めっちゃ楽しかったで!あの夜!

 

 

 

matsuokawada

 

nagatanarukawa

 

” ホームシック ” ならぬ、

” 楽しかったあの夜シック ” 中なワタクシでした。

 

 

 

 

 

wadaonstagram
和田くんのInstagramアカウントへはこちらへ→ https://www.instagram.com/wadatakahiro/

 

 

narukawainstagram

便乗して、生川のInstagramアカウントへはこちらへ→ https://www.instagram.com/toshi.narukawa/

 

 

ではでは

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。