【まだ届いてないけど・・・】富士山に向け、凧ゲット!

201509082013592f7s
富士登山に向けて、着々と準備が進んでおります。

 

 

201606301758076f4s

2016/06/30:無事、買い物を完了しました(^^)
→ http://mtatkk.com/blog-entry-14437.html

 

 
しかし、どうしても手に入れておきたいアイテムがひとつ。

この前の買い出しでは見つかりませんでした。

それが、

20150908214122452s
カイト(凧)です。

 

昨年、前回の富士登山で使用した凧(↑写真のやつ)は、

身近で買える安価なもの。

今回は、

それよりも もう少し丈夫な、質の良いものを持って行きたい。

しかし、買い出しに行った6月29日の段階で、岡山では売ってませんでした。

イオン岡山に入ってるスポーツショップ&東急ハンズ、

アウトドアショップ好日山荘、同じくアウトドアショップのモンベル。

おもちゃ屋さんのトイザらス。

あと、ドンキホーテ。

実際に足を運んだり、問い合わせたり。


結果、全て取り扱いナシ。

 

これは困ったぞ・・・・。

という事で、

帰宅後、ヤホー(Yahoo)しまくりました。
※本当はググリました。Google派なので。

で、候補がひとつ。

Prismというメーカーの、

Stowaway Diamond(ストアウェイ・ダイヤモンド)っていうカイト。

富士山用カイト凧1
同じ製品を紹介している動画があるので、貼っておきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

こちらのオンラインショップを利用しました。

The Kite World/ザ・カイトワールド
→ http://www.kiteworld-jp.com/catalog/single-fan.html#DIAMOND

価格は約4,000円。

どうですか?

凧に4,000円。

高いですかね?

本当のところ、予算は2,000円でした。

でも、全っ然ないんですね。

お手頃(2,000円くらいで)に買えて、

ちょっぴり本格的な凧ってのは。

昨年持ってったゲイラカイトはおよそ800円。

結果は、富士山の強風に負け、骨がへし折れました。

(詳しく書くと、強風で凧を操りきれず、何度も猛スピードで墜落。それで骨が折れました。)

僕らが行った時の富士山は、通常より風がめちゃ強かったんです。

なので、

ある程度の強度が必要なのと、

折り畳んだ時に、荷物にならない事。 ←これめっちゃ重要。

↑これらが絶対条件。

で、予算2,000円だと見つからず。

金額は倍になっちゃいましたが、

それが気にならないくらいの好条件の持ち主です。

・タフ。(多分。)

・折り畳むと35cmにまで小さくなる。

(他のやつは折り畳んで60cmとか。それだとデカ過ぎます。)

・ショッピングサイトによると、初心者向けである事。←これすごく大事。

・この凧以外から選ぶとなると、さらに価格が高くなる。

これなら4,000円出せるわー。

というか、これ以外のものだと1万円以上したりするので、

実質 これ一択。

これなら4,000円出せるわー。(本音:出さざるを得ないわー。)

ということで、

先日 無事にネットで注文を済ませました。

富士山用カイト凧2

注文は済ませましたが、

まだ手元には届いていません。

運送屋さんが

うちの玄関のチャイムを鳴らしてくれるのが待ち遠しいです(^^)

 

 

20150908201341da3s

↑昨年の富士登山での一枚。

遊びを本気で楽しむ。

もちろん富士登山もそう。

この先、仕事も同じように楽しんでいきたいです。

富士山凧揚げジャンプ
↑Mt.FUJI CREW メンバー 鏡くんと僕。

ではでは

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。