無事、買い物を完了しました(^^)

昨日の記事の通り、

富士登山に向けて必要な物を買い出しにいってきました。

20160629102957910
2016/06/29:【これから外出】行ってきます
→ http://mtatkk.com/blog-entry-14436.html

 

購入予定だった物は、

登山中に食べる食べ物。いわゆる行動食と呼ばれるもの。

登山で着用する肌着。

あと、山頂でやる予定のゲイラカイト(凧)

 

 

富士山登山準備行動食1
行動食は無事揃いました。

ウィダーインゼリー、スポーツ羊羹、バー型のやつ(パワーバーっていうのかな?)

参加メンバーみんなの分を購入。

あとは、メンバー各々、加えたいものを追加購入です。

 

 

 

富士山登山準備行動食2
「アミノサミット」っていう

アウトドアサプリメントなるものも購入しました。

 

 

富士山登山準備行動食3
アウトドアメーカー mont-bell(モンベル)の自社製品です。

登山前、登山中、登山後に飲むと、

翌日の疲れを軽減させる効果があるのだそうです。

実は、前回の富士登山でも持ってたんです。こういう疲労対策系サプリメント。

昨年の登山に備えた買い出しで、

アウトドアショップのお兄さんがおすすめしてくれたので、買ってみました。

メンバー全員が、普段運動もしてない登山ド素人なので、

少しでも疲れを緩和できるなら・・・。というのが狙い。

翌日からの仕事に少しでも疲れを残したくないので今回も買いました(^^)

 

 

 

富士山登山準備行動食4
行動食の中で、絶対買っておきたかった「スポーツようかん」

これも昨年持ってったやつ。

美味しかったので。今年もスタメン入りです。

 

 

 

モンベルスペリオルシルク1
肌着。

岡山のモンベルで買い物したので、

モンベルのスペリオルシルクシリーズの、

長袖Tシャツを選びました。

mont-bell オンラインショップ:スペリオルシルクL.W. ラウンドネックシャツ Men’s
→ https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1107251

 

そして、今回かなりショックなのが・・・

20150908214122452s
ゲイラカイト。どこにも売ってませんでした。

あるにはあったんですが、

前回持ってったやつはちょっとダメだったので、

少し良いタイプのを探してたんです。

どうダメだったかっていうと、

凧の骨が竹ひごみたいで、山で揚げるには弱過ぎたんです。

スポーツカイトっていう、

かなり専門的(プロフェッショナル?)な凧が存在するようなのですが、

それだと余裕で1万円以上するので予算オーバー。

なので、昨年の経験を糧に探してみたけど結果はダメでした。

 

 

 

201509082013592f7s
↑これ、昨年の富士登山で凧揚げした時の写真。

鏡氏がゲイラカイトを操っております。

このあと(下山後)、二人で誓いました。

「来年は、今回のより良い凧を持って来よう。」って。

今年は、必ず凧をパワーアップさせて臨む予定です。

ネットを駆使して探そうと思います。

富士山で凧揚げ、めっちゃ楽しいのを知っちゃったので。

ではでは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。