岡山弁と三重弁【オリジナルのシャツに向けて】

仕様書アップ

 

こんばんは。

今日は、時間を見つけてはシャツの仕様書の仕上げ作業をしてました。

仕様書っていうのは、

縫製工場さんで洋服を縫って頂く際に必要なイラスト入りの書類。

 

 

岡山弁のはなし

そんな、

今後の洋服づくりの重要な鍵となってくる仕様書を仕上げてる作業中、

外で遊んでるちびっ子数名の声が聞こえてきました。

僕は現在岡山に住んでるので、

外から飛び込んでくる子供たちの話す言葉はもちろん岡山弁。

その中にインパクトある一言がありました。

 

「なんなんな!」

↑これ、わかります?

なんなの!?(何これ?的な)って意味で、

関西弁だと「なんやねん!」にあたるのかな?

ちなみに僕の地元三重では、「なんなん!」って言います。

本格カレーについてくる食べ物 “ナン” が好き過ぎて連呼してる訳じゃありません。

 

 

 

なんとなく近くの神社へ

そういえば今日も、

僕が住んでるとこの氏神さんへお参りに行きました。

ちょっと気分転換したい時にフラッとお参りに行きます。

過去にも何度かブログに書いてます。

 

 

2016/07/01:このブログは、ちょっとだけ人気のあるブログ
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13974.html

 

2016/07/14:プレゼント当選!&人生の先輩 岡野さんからの励みになる言葉。
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13990.html

 

 

お参りと行っても、

簡単に手を合わせて身内の健康をお祈りする程度。

深呼吸してリラックスしながらお参りすると、

心が穏やかになるから不思議です。

せかせかしがちな方。けっこうおすすめですよ。

 

 

 

八幡さん1
↑八幡さんは、この林の中にあります。

それにしても、今日はすごく良い天気でした。岡山市。

僕んとこの氏神さんは二つあって、

 

 

 

八幡さん2
八幡さん。

 

 

須佐之男さん1
須佐之男さん。

↑このふたつ。

どちらの神社もそれぞれから近くにあって、(多分100mくらい)

片方の神社からすぐにアクセスできます。

歩きでも5分かからないくらいかな?

生活リズムが変わり、意識した自己管理が大事な今日この頃。

氏神さんへのお参りのおかげか、

なかなか良い感じのモチベーションで取り組んだ結果、

僕個人の課題だったオリジナルシャツに向けての作業もほぼ完成したので、

次はそろそろサードサンプルに向けての打ち合わせができそうです。

藤森社長、よろしくお願い致します。

(また連絡しますね!)

 

 

 

 

ではでは

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。