【おすすめ動画】1時間くらい時間を持て余してる方いらっしゃいませんか?

【おすすめ動画】1時間くらい時間を持て余してる方いらっしゃいませんか?

 

 

 

マルクス資本論

→ http://matome.naver.jp/

 

今日は、おすすめ動画。

お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」のあっちゃんが、

テレビ番組「しくじり先生」でプレゼンした回が面白いので紹介します。

 

みなさんは、カール・マルクスって人をご存知ですか?

資本論という、世界でめちゃくちゃ売れてる本の存在は知ってますか?

Wikipedia:資本論
→ https://www.ex-ma.com/blog/archives/5437

↑Wikipediaで資本論について紹介されてるページなんて、

読んでもチンプンカンプンです。

 

そんなよくわからん難しそうな本について、

そして、その本の思想から生まれた国 ソ連の誕生から崩壊までを、

オリラジのあっちゃんが面白おかしく紹介してくれてる動画です。

なんなら、少し興味が沸いてしまいます。

1時間ほど暇な人。布団に入って寝付くまでの退屈な時間をどうにかしたい人。

よろしければご覧下さい。

 

 

動画は、はじめ〜53分くらいまで

今回の動画は、

エクスマの藤村先生がご自身のブログで紹介なさってたのを観て

面白かったので紹介しました。

エクスマの藤村先生について。

僕が参考にしてるエクスマ(エクスペリエンスマーケティング)というビジネスでのアプローチ。

ビジネスがどう、マーケティングがどうとかっていうと難しそうですが、

僕が思うエクスマというのは、

物(商品)が溢れている昨今において、情報もまた過多になっている。

だからこそ、身近なお客さんを今よりももっと大事にしましょう。

そして、身近なお客さん。友達のような大事なお客さんの為に情報発信をしてきましょう。

というもの。

( ↑めちゃくちゃ簡単に紹介しましたが、

本当はもっとちゃんとした理由のもと説かれてますし、

その捉え方も人それぞれです。 )

 

そんなエクスマを10年以上も前から提唱している

藤村先生のブログで紹介されていたのが、

今回のしくじり先生でのあっちゃんの講義。

 

マーケティングコンサルタント藤村正宏ブログ:多くの学校教師が失業する|テクノ失業時代
→ https://www.ex-ma.com/blog/archives/5437

 

オリラジのあっちゃんが神がかり的な授業をした

先日しくじり先生という番組で、

オリエンタルラジオのあっちゃんの授業がすごかった。

冗談抜きで、超絶だった。

50分の授業で、マルクスの「資本論」を解説し、

さらにソビエト連邦の誕生と崩壊を解説していました。

最初、マルクスにも資本論にも興味がなかった生徒(芸能人や芸人)さんたちが、

終わる頃にはしっかりと理解して、

テンションが高まって、すごい興味も持っていた。

たぶんあの番組の後で、

マルクスの資本論がかなり売れただろうな。

そう思ったくらい、わかりやすく、

楽しく、迫力がある授業でした。

ボクはその後YouTubeで5回くらい見ましたが、何度見ても面白かった。

これを見ていて思った。

もう先生はいらないんじゃないのってこと。

興味を持たせることが一番重要

数学でも物理でも歴史でも、こんなに面白く、

楽しく、わかりやすく、授業をしてくれる先生っているはずです。

あの、今でしょ!の林先生や、

わかりやすい解説をしてくれる池上先生なんかが思い浮かびますよね。

ボクもけっこうわかりやすく解説できると思う。

そういう先生の動画を見せるだけで、

より楽しく理解が深まり、より興味を持ってもらえるようになる。

知識を教えるタイプの授業は、楽しく、

興味を持つように教えてくれる先生のほうが、ずっといいわけです。

授業を受けることがエンターテインメントになるのですから。

学校が楽しくなりますよね。

 

小学生のころから、面白い授業、楽しい授業を受けていると、

日本人の知識はすごいものになると思う。

教育レベルがものすごく上がり、物理や数学、

歴史や文学に興味を持つ人間が今の100倍くらい増えると思う。

すべての授業を、面白い授業にするために、動画にすればいいのです。

さらに、思ったことがあります。

授業はすべて動画。

学校という建物やリアルの教師も雇わない。

そんな学校が出てきて、人気になる日も近いなってこと。

実際に予備校ではそうなっているところもありますよね。

エキサイティングが時代になったと思う。

 

マーケティングコンサルタント藤村正宏ブログ:多くの学校教師が失業する|テクノ失業時代
→ https://www.ex-ma.com/blog/archives/5437

 

 

藤村先生のアプローチとは違い、

ただ単純に面白かったので僕は今回紹介してみました。

 

 

動画は、はじめ〜53分くらいまで

 

 

 

ではでは

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。