オリジナルシャツのセカンドサンプルが完成しました。【オリジナルのシャツに向けて】

【オリジナルのシャツに向けて】

 

一昨日の記事

今日、オリジナルシャツのセカンドサンプルが完成します。
→ http://mtatkk.com/blog-entry-14410.html

↑こちらで書きましたが、

オリジナルシャツのセカンドサンプルが完成しました。

 

僕自身で、

使用する貝ボタン、シャツ生地の産地へ足を運び、集めた釦と生地。

それを、

イタリア製の高級シャツを解体してわかった、

高級シャツと呼ばれる製品に詰め込まれた技術ある生産者たちの英知を

僕のオリジナルシャツに落とし込むべく、

技術あるパターンナーさん(洋服の型紙を作る人)である

「パターンスタジオ シナジー」代表の藤森社長に

解体したシャツを一緒に見てもらい、

明らかになったその技術を分析。

パターン(洋服の型紙)を作って頂きました。

 

そして、

仮縫い

↓ ↓ ↓

修正

↓ ↓ ↓

ファーストサンプル

↓ ↓ ↓

修正

↓ ↓ ↓

セカンドサンプル (← イマココ)

 

という段階を経てきております。

はじめは興味のある方にだけでも、

” 良い洋服 ” といのを届けたい。

そんな想いを持ちながら取り組んでいるこの企画。

 

セカンドサンプルはこちらです。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

オリジナルシャツサードサンプル試着
そんな今回。

決定事項を簡単にお伝えします。

僕のオリジナルシャツ。

 

サードサンプルの製作決定!

 

修正が必要な箇所が見つかり、

まだ理想の形になっていないのと、

僕の方でやらないといけない課題が見つかったので、

セカンドサンプルでOKは出せませんでした。

 

僕自身はじめて経験する洋服の企画をする立場として、

自分の未熟さを痛感しております。

 

焦ったらだめ。

ここで焦ったら、これまでの事が台無しになります。

ゆっくりでも、着実に。

 

ちなみに、生地の肌触りは相変わらず最高でした。(個人の感想)

 

 

 

 

ではでは

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    生川敏弘(なるかわとしひろ)

    1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。