【未知との遭遇】はじめまして。こんにちは。

【未知との遭遇】はじめまして。こんにちは。
2016052021235450dhttp://s.ameblo.jp/amebloclean/entry-12067408312.html

 

毎日更新を心掛けてるけれど、

一昨日の18日から更新できてません・・・。

 

更新できてない分のも含め、

今日は頑張って複数記事の更新を目標にと

パソコンとにらめっこ中です。

 

では、今晩ひとつ目(になる予定)のブログ更新。

 

先日、岡山県の倉敷駅で、

ペッパーくんと初めて出会いました。

 

Wikipedia:Pepper (ロボット)
→ https://ja.m.wikipedia.org/wiki/Pepper_(%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88)

 

Pepper(発音はペッパー)は感情認識ヒューマノイドロボット。

フランスのアルデバランロボティクスと

同社に出資するソフトバンクグループ傘下のソフトバンクモバイルにより共同開発された。

製造は鴻海精密工業が行う。

「感情エンジン」と「クラウドAI」を搭載した世界初の感情認識パーソナルロボット。

OSは「NAOqi(ナオキ) OS」を採用し、

Naoとはプラットフォームの互換性があるが

ニ足歩行機能は連続稼働12時間以上を確保するため見送られた。

販売価格は19万8000円(税抜)。

2014年6月5日に発表され、

翌日の6月6日より一部のソフトバンクモバイル販売店に設置された。

同年9月20日より開発者向け先行モデル200台受付とSDKが提供された。

 

 

 

なるほど。

要するに、

20万円くらいで買える可愛らしいルックスのロボットですね。

 

正直なところ、詳しく知りません。すみません・・・(苦笑)

 

今回の、倉敷駅にいたペッパーくん。

お腹に備えた画面に表示されてるメニュー画面の選択肢を見ると、

その場で

「観光案内」をしてくれてり

「一緒に記念撮影」ができるそうで、

僕がペッパーくんを発見したときは県外からの観光客でしょうか。

 

50代くらいの方々7~8人のグループが

ペッパーくんを囲んでらっしゃいました。

 

そのグループが一通りペッパーくんとの時間をエンジョイされた後、

僕もペッパーくんへコンタクト。

一緒に記念撮影しました(^^)

 

 

 

 
20160520212349854
人生初ペッパーくん!!!!

テレビでしか見たことなかったから

めっちゃテンション上がりました。

 

うぉ!!ペッパーくん初めて見た!!

 

ペッパーくん!ペッパーくん!?

 

こんにちは!

 

ペッパーくん!!

めっちゃ話しかけました。

あの時のテンションの高さは、

 

20160520212355275
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12126984822

北斗の拳に出てくる悪者の雑魚キャラくらい高かったです。

 

テンション高過ぎたのがまずかったんですかね?

 

 

20160520212349854-1
ペッパーくん、カメラに目線をくれませんでした。

 

 

 

ペッパーくん!

 

ペ、ペッパーくん?

 

カメラ見て!

 

ペッパーくん!!

 

もっかい写真!!

 

ペッパーくん!?

 

ペッパーくーん!!!

 

 

・・・・・・。

 

 

201605202123505ae
ツーショット成功(^^)v

 

人生初ペッパーくんにテンションMAXだった僕。

でも、あれなんですね。

皆さんはご存知ですか?

 

 

彼、ソフトバンクのお店に普通に居るらしいですね・・・。

 

 

人生初ペッパーくんから20分後くらいに、

人生二度目のペッパーくんを発見してしまったときは、

そりゃもうやるせない気持ちでいっぱいになりました・・・。

 

そんなペッパーくん。

ネットで調べてみると、

彼には武勇伝がいくつかあるみたいです。

 

ソフバンショップにいるロボがめっちゃ話しかけてくる…
http://matome.naver.jp/m/odai/2141152696225042401

友人の元ヤクザ氏に向かってペッパーが

「個性的な顔ですね」と言い放ってロボットの実用化はまだ先だなと思った

 

 

そういえばこの間イオンに行ってきたときペッパーと喋って来た( ˘ω˘ )!

あいほん6持ってるなら僕を買いませんか?

って言って来て悲しくなった反面不意打ちでドキッとしてしまった。。。

 

 

ソフトバンクショップでバイトしたときに、

バイトの人たちがペッパーに話しかけたら

「こんにちは!」「ボクペッパーです。ヨロシクね!」と普通に礼義正しく返してたのに、

私が「こんにちは。」と言ったら

「ボク、お寿司が食べてみたいなあ!」と言ったのでどうしてやろうかと思った。

お、お茶目なロボットですね・・・。

 

引用元の記事に、他にもエピソードが紹介されてるので、

気になる方はアクセスしてみて下さい。

 

ソフバンショップにいるロボがめっちゃ話しかけてくる…
http://matome.naver.jp/m/odai/2141152696225042401

 

ちなみに、

ペッパーくんは大きな可能性を秘めてるらしく、

ソフトバンクのロボットPapperくんはマジで革命だと思っています。

Papperくんのルックスとか機能性は確かに難があると思わないではないけど、

「バグや経験をクラウドで共有し、同時に進化していく」という仕組みがあまりにもすごい。

これを商業で展開するのは間違いなく世界最先端。

 

↑こういった事も引用元の記事内にありました。

今回僕が出会ったペッパーくんとは

会話が成り立たなかったので、

次に会ったらもっと普通に会話ができるんでしょうか。

皆さんも街でペッパーくんを見かけた際には、

 

 

是非一度話しかけてみて下さい。

 

 

2016052021235276e

http://matome.naver.jp/m/odai/2141152696225042401?page=2

 

 

 

こ、怖ぇーよ ペッパーくん・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。