プレゼント当選!&人生の先輩 岡野さんからの励みになる言葉。

プレゼント当選!&人生の先輩 岡野さんからの励みになる言葉。

 

 

倉靖さんプレゼント当選2
↑自撮り中の僕(笑)

こんばんは。

今日2つ目の記事更新です。

さて今日は・・・・

20分くらいでしょうか、

ちょっと時間があったので、

近所の神社。氏神様へお参りに行ってきました。

 

 

 

八幡さん須佐之男さん1
八幡さん須佐之男さん2
↑八幡さんと

 

 

 

八幡さん須佐之男さん3
八幡さん須佐之男さん4
↑須佐之男さん。

 

 

うちの氏神様は二つあるんです(^^)

ふとした時に氏神様のところへ顔を出すと、

心が落ち着くから不思議です。

 

さて今日は、一つ前の記事で紹介したように、

大工の岡野さんがテーブルを届けに来て下さいました(^^)

 

 

倉靖さんプレゼント当選4
これ、大工の岡野さんが毎月企画している、

廃材を利用して作った家具のプレゼント企画の

4月分のテーブル。

それに当選したんです(^^)

 

 

倉靖さんプレゼント当選3
岡野さんもブログにアップして下さってたので、

リンクしておきます(^^)

岡山県倉敷市児島の工務店『倉靖工務店』のブログ:倉靖工務店4月プレゼント渡せました♪
http://kurayasu9214.com/blog-entry-229.html

 

 

倉靖さんプレゼント当選1
今、抱えているお仕事の件数が多く、

かなり忙しくなさっている岡野さん。

そんなお忙しい中に、

合間を縫って僕んちへテーブルを届けに来て下さいました。

僕ら二人、顔を合わすと近況報告し合うのがいつもの流れ。

今日も例に漏れず、

近況報告から始まる会話を楽しんでました。

その中で、

これからファッションブランドを立ち上げようと取り組んでいる僕に、

岡野さんが嬉しい言葉を掛けて下さいました。

 

「 何であれ、新しい事を始めるのに、

その時の年齢が若いに越した事はないよ。

例えばもし、40歳の俺がなるちゃんみたいにファッションを始めようとすると考えるなら、

俺よりも10歳若い今のなるちゃんは十分若いから、まだまだ大丈夫。」

 

倉靖工務店さんの代表を務める岡野さん。

社長さんっていう感じはなく、(←良い意味で)

本当に気さくで優しい方です。

アクションを起こそうと決意したからこそ思う、

「今から始めたんじゃ遅いのではないか。」という不安。

やると決意しても、

情けない話、そういう不安は完全に拭えはしないものです。(今の僕の場合。)

実際、若くして活躍する経営者の方は

世の中多くいらっしゃいます。

比較し始めちゃうと、不安がしょっちゅう頭をよぎるんです。

そんな不安を岡野さんの励ましが吹き飛ばしてくれました。

お洒落なテーブルが我が家に仲間入りした事で気分は上々。

オリジナルシャツ作り。不安に負けず、こつこつ参ります。

岡野さん。いつもありがとうございます!(^^)

 

 

 

ではでは

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。