品質表示タグに記載されてる洗濯のマーク(絵表示)のこと

品質表示タグに記載されてる洗濯のマーク(絵表示)のこと

品質表示タグに記載されてる洗濯のマーク(絵表示)というのは・・・

 

 

 

品質表示タグ7
↑こういうの。

なんとなく、その存在くらいはご存知ですよね?

 

その洗濯のマーク(絵表示)の意味を説明されてるものを、

今回は表で紹介します。

 

 

家庭用品品質表示1
家庭用品品質表示2
家庭用品品質表示3
家庭用品品質表示4
家庭用品品質表示5
家庭用品品質表示6
※画像の引用元はコチラ

消費者庁:家庭用品品質表示法
http://www.caa.go.jp/hinpyo/guide/wash.html

 

こうやって、

よくわからんマーク&説明をバーーッと紹介されても、

あまりピンとこないかもしれません。

ですので、

実際に僕の所有しているシャツの品質表示タグに記載されている

指定の洗濯方法を読み取ってみましょう。

対象の洋服はこれ。

 

 

IMG_0476.jpg
ロロ・ピアーナ コットンシルク ストライプシャツ
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13494.html

定価が8万円くらいする高級なやつです。(←マジです。)

これは、洗濯の仕方もしっかり気にしておきたいところ。

タグを見てみると・・・

 

 

 

品質表示タグ6
品質表示タグ7
↑こんな感じ。

はじめにバーーッと紹介したマーク(絵表示)&説明から読み取ると・・・、

水洗いはできない。

塩素系漂白剤の使用はダメ。

アイロン掛けは直接するのではなく、製品とアイロンの間に布を一枚はさみ、

温度は低温で、80〜120℃で。

ドライクリーニングができ、用材は石油系のものを使用する。

 

と、いう事です。

なんとなくでも伝わりましたか?

水洗いはできない。と、あるので、

家庭での洗濯は不可能。

クリーニング屋さんに持ってくやつです。

このシャツを洗濯する度にクリーニングに出す。

 

僕にはそんな経済的余裕がないので、

自分ちで洗濯機で洗ってます。

洗濯ネットに入れて洗濯機で洗って、

干して乾いた後は、

高温のスチームアイロン(家庭用)でアイロン掛け。

 

そう。

指定の洗濯方法を無視しまくりです。

なぜなら、

ファッションが好き。洋服が好き。

天然素材(コットン、リネン、シルク、カシミヤ、ウールなど)が好き。

高品質な洋服が好き。

でも、だからと言って、洋服にそこまで気を遣いたくはない。

ある程度はラフに扱いたい。

 

という非常に天の邪鬼な考えを持ってるからです。

真似をする事はおすすめしませんが、

もしも真似をするのであれば、自己責任でお願いします。

 

 

品質表示タグ5
ご自身が所有なさっているアイテムで、

洗濯方法が気になるものがございましたら、

今回の洗濯のマーク(絵表示)の画像の引用元でもある、

消費者庁:家庭用品品質表示法のページをご利用ください。
http://www.caa.go.jp/hinpyo/guide/wash.html

 

 

ではでは

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。