高い洋服を買うなら、購入時に洗濯方法は理解しておきましょう。

品質表示タグ5
綿×麻の春物コートの品質表示タグ。

 

高い洋服を買うなら、購入時に洗濯方法は理解しておきましょう。

 

先日、先輩から質問を受けました。

「FFIXXED(フィックス)のワイドパンツ、コットン100%なんやけど、洗濯できる?」と、

先輩の所有する洋服の洗濯方法についての質問。

 

FFIXXED(フィックス)はファッションブランドの名前で、

パンツひとつ3~4万円はする

価格設定高めのブランド。

 

先輩が所有してるものも、

例に漏れずそれくらいの値段のものです。

お洒落で、こだわりあるブランドの製品。

決して安くはありません。

 

洗濯方法を見誤らず、大切に着たいですよね。

 

品質表示タグ2
シルク×リネンの肌触りの心地良い生地は、ラルフローレンのシャツのもの。

 

さて、今回のFFIXXED(フィックス)のワイドパンツ。

コットン100%であれば、洗濯できるはずです。

でも、クリーニングに出すのが確実。

なぜならブランド側が、

製品の風合いが崩れたりするのを嫌がって、

「家庭での洗濯」を避けるよう、

もしかしたら洗濯方法の指定(クリーニングに出してね的な)をしてるかもしれません。

でも、ここでしっかり考えたいのは、

洗濯したい時に、毎回クリーニングに出すの?ってこと。

だって、洗濯したい時に毎回クリーニングに出すなんて、

洗濯代がいくらあっても足りません。

(↑人によっては、足りるのかもですが。)

 

なので、僕なら自分で洗濯します。

くたっとした雰囲気を楽しみたいな。

だから、ちょっと雑に扱ってもいいかなと思ったら洗濯機で。

その後、自分でアイロン掛け。

丁寧に扱いたい製品なら、

バケツにお湯を溜めて手洗い。

その後、こちらも必ず自分でアイロンをします。

 

 

品質表示タグ3
イタリアのブランドETRO(エトロ)のシャツは、綿100%の生地。

その先輩は、アイロンを持っていないと仰ってました。

 

洋服・ファッション好きな方は、

必ずアイロンを所有しておきましょう。

そして、洗濯方法を理解しておきましょう。

購入時に、お店の方に尋ねれば教えてくれるはずです。

 

お店の方に尋ねた際に、

もしも、

高価で良い洋服を扱っているのに、

その質問に答えれない販売員がいるお店は、

その程度のレベル。

 

つまり、洋服のスペック・ブランドネームに頼りすぎてるお店とも言えるかもしれません。ということです。

高い洋服を扱っているのに、素材に対しての知識が欠けてる。

製品に対して、販売員の知識が伴っていない。という事になるのかなと思います。

 

コットン、リネン、シルク、ウール、カシミア、レーヨン、ポリエステル、ナイロン。

素材に対して一定の理解がなければ、

洗濯方法も同じようにわからないかなと。

 

もし、質問に答えられない販売員だったならば、

今後もそのお店に通うか否か。考え直した方が良いかもしれません。

 

 

品質表示タグ4
レーヨン100%の生地のシャツは、手洗い指定。

 

最後に。

購入する洋服の洗濯方法をしっておくのはとても大事な事です。

販売員が洗濯方法を伝えておかないといけないという義務はないと思うので、

あくまでも、消費者である僕ら側から尋ねるのが一番かなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。