【超手抜き日記】最近、このマンガを読んでます。

【超手抜き日記】最近、このマンガを読んでます。

NARUTO-ナルト- Wikipediaより
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-

 

『NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、

岸本斉史による日本の漫画作品。

またこれを原作とするアニメ、ゲームなどの作品。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。

全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。

忍同士が超常的な能力を駆使した

ド派手な戦いを繰り広げるバトルアクション漫画。

主人公と仲間との友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆が中心として描かれ、

忍の世界とその起源・歴史を含めた重層的な世界観、

民話や伝承や宗教のオマージュを巧みに取り込んだ設定となっている。

一方でナルトが中盤以降、

単に戦いではなく“対話”と“許し”で平和をもたらそうとするなど

一種の“少年漫画らしからぬ”要素も含まれるようになり、

読者からの支持が高い「ペイン編」で、

ナルトが師の自来也を殺したペインと対話し、和解するという描き方は

「ある意味でタブー(苦笑)。少年漫画では普通はやらないやり方だった」と

作者自らが後年に述懐(じゅっかい)している。

 

 

ようするに、

かなりイケてる忍者マンガということです。

僕ら世代で忍者マンガと言えばナルト。

僕らより少し上の世代だと「忍空(にんくう)」が人気だったんじゃないですかね?

 

最近、お世話になってる方から全巻借りました。

 

完結してるマンガを一気に読むと、

連載当時よりもストーリーの流れが頭に入ってきやすいですね。

 

 


ナルト、面白いです(^^)

そういや、カナダで出会った海外の友達も、

ナルト好きな人多かったなぁ。

この面白さなら、海外人気も納得です。

ちなみに今、自来也が亡くなったところまで読みました。

ナルトの偉大な師匠、自来也の死。

な、泣けます・・・(T_T)

 

 

 


忍者と言えば、

1996年にオリジナルモデルが登場した

ナイキの名作スニーカー「AIR RIFT(エアリフト)」は、

そのルックスから、

海外では「NINJA(ニンジャ)」と呼ばれたことがあるそうです。

昨年あたりからかなり人気があるようですが、

今年の街での支持率はどうなのでしょうね。

 

NIKE エアリフト 308662 182
→  http://mtatkk.com/blog-entry-13063.html

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。