ずっと好きであること。

20160425152745042.jpg

僕の友人のひとり。

同い年のそうちゃん。

 

カラオケで、星野源とか大瀧詠一を唄っちゃう人。(しかも上手い。)

ファッションはトラッドが好きで、

数少ない同い年で服好き&お洒落な友人。

 

先日、ふたりで一緒に遊んだ日のことを書いた記事

 

【ただの日記】4月24日(日)
http://mtatkk.com/blog-entry-13967.html

 

 

 

そんな そうちゃんとは

よくファッション談義をするのですが、

会話の中でお互いが共に感じている事があるので、

改めて自分の中で確認しておくべく

それをここに書いておきます。

そうちゃんにしろ僕にしろ、

僕らがファッション・洋服を好きな年数は、

自分たちの人生の半分以上になります。

ファッション・洋服を勉強しに学校へ通ったし、

洋服を生産する会社へも勤め、

アパレルの販売員もしました。

僕のこれまでの人生を他者からみると、

フラフラした人生だと厳しく言われます。

 

なのですが、

そうちゃん含め、

僕らは人生の半分以上

ファッション・洋服が好きで居続けてます。

 

ファッションが好き。洋服が好き。

それはずっと変わらなかったですし、

ここまでくると、

ただの着道楽(着る物にお金を惜しまず使って楽しむ道楽。その道楽にふける人の意。)という事でもなくなってきました。

 

 

 

 


生産側の人でも、

ものづくり・洋服作りが好きだけど、

ファッションはあまり興味ないという人。多いです。

アパレル販売員でも、

ファッションが好きなだけで、

洋服というものに詳しくない人って、意外と多いです。

それは、リネン・コットン・シルク・ウール・カシミヤなどの素材についてだったり、

生地についてだったり、縫製についても。

 

 

 


洋服の構造などに関しては

別にそこまでストイックに知っておかなくても良いかなとは思いますが、

ただブランドに詳しいだけ。ファッションの流行に詳しいだけという

“着道楽”なだけの販売員がまだ一定数いるような気がします。

というか、

そもそも販売員なのに接客が下手だったり。

 

 

 


ファッションが好き。洋服が好き。

今日までずっとそれは変わりませんでしたし、

これからもこの気持ちが変わる事はないでしょう。

これまでの人生で10年、20年とずっと好きでいて、

ただの趣味の枠で収まらなくなってきたもの。

 

みなさんはありますか?

 

僕はあります。

まだまだ実績としては何もありませんが、

この事実を胸に、熱意ある気持ちをぶれずに持ち続けたいです。

こういう事をブログでも残していかないと、

ぶれちゃいけない自分の考え・自分の中の柱が

いつか ぶれちゃうんじゃないかって不安があります。すみません。

 

まだまだ未熟なのです。

もっともっと成長しないと・・・。

固い意志を。

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】
→ http://mtatkk.com/category/blog-category-39

 

 

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

2 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    生川敏弘(なるかわとしひろ)

    1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。