【Facebookあるある】友達申請しまくる人

【Facebookあるある】友達申請しまくる人

先日、全く知らない人からFacebookで友達申請がありました。

 

これ、たまにあるんです。

多分、その人のビジネスの糧にすべく、

ホームページ更新・ブログ更新などの情報発信時に、

少しでも影響力を大きくしておきたいのでしょうか。

 

そういった知識がないので詳しくわかりませんが、

概ね外れてはいないかなと。

美容関係の人・コンサルタント業の人なんかがそういうのをよくやってる印象。

 

ホント、手当たり次第に。

僕のFacebookの利用法としては、

『実際に一度会ったことがある人』が、

原則、Facebook上で友達になる条件。

 

なので、そういう手当たり次第に友達申請しまくる人、

僕はキライです。

 

たまに例外として、

知らない人から友達申請がきて、

その人の個人ページを覗いたとき、

何か興味を持てるような相手だなと思ったら、

なんとなく承認することがあります。

実際に会ったことがある人とFacebookで繋がることで、

お互いの近況をなんとなく知っておける

情報を得るツールとして利用。

 

それが僕のFacebookの利用法。

先日、友達申請してきた人がいまして。

その人は、ちょっと気になる点がありました。

 

 


「共通の友人」という項目。

交友関係の中で、誰が共通人物なのかすぐにクリック。

 

 

 


そうすると、

僕の中でかなり信頼の置ける友人・知り合いが、

その人との「共通の友人」らしい。

じゃあ、この人も結構信頼できる方で、

何かのキッカケで僕に申請してくれたのかな?と思いました。

 

いつもと違うパターンに、

少し新鮮さを感じながら思った事があります。

 

「それでも、相手の素性がわからないのは事実。それなら、ちょっと尋ねてみよう。」

 

ということで、

 

Facebookのメッセージ機能“メッセンジャー”でメッセージしてみました。

 

 

僕「はじめまして。友達申請ありがとうございました(^^)大変失礼なのですが、どちら様でしょうか?」

これに対して、

お返事を頂けました。

 

 


相手「はじめまして!

愛知県岡崎市に住んでいる○○○と申します!

突然の友達申請すみません、承認していただきありがとうございます!

自分のページの友達かも?の欄に生川さんが反映されていたので何かの縁にかと思い申請致しました!」

 

僕「なるほど。それは光栄です(^^)宜しくお願いします(^^)」

 

 

率直な感想。

 

自分のページの友達かも?の欄に

僕の名前が出てただけなのに?

何かの縁?

 

・・・・・・。

 

 

やっすい縁やな!!

 

 

僕が大事にしてるご縁は、

 

 

例えば

徳島での旅の時にあった出会いや、

Instagramで知り合って2日間一緒に遊んだタイ人のジーン。

そして、ジーンがキッカケで頂いたご縁により知り合えた方々。

他にも、カナダ トロントで出会った日本人のみんなや、

現地のファッションがキッカケで知り合った人達。

どれも、素敵な出会い、素敵なご縁です。

その中で、

僕が辛い境遇に陥ったとき、

精神的に助けてくれた人達だっています。

 

「自分のページの友達かも?の欄に生川さんが反映されていたので何かの縁にかと思い申請致しました!」

 

ただむやみやたらと友達申請してるだけやん・・・。

って思ってたら案の定、

 

数分後のFacebook上で、

○○○さん(今回の相手)が、▲▲▲さんと友達になりました。

○○○さん(今回の相手)が、■■■さんと友達になりました。

○○○さん(今回の相手)が、●●●さんと友達になりました。

○○○さん(今回の相手)が、◆◆◆さんと友達になりました。

 

数分後のFacebook上で、

↑こんな風に連続で表示されたわけです。

ご本人さんにとって、

「縁」だらけだったんでしょうね(笑)

この人の言う「縁」

 

 

安っぽ過ぎるでしかし!

 

画像の引用元はコチラ
http://bentou12.blog39.fc2.com/blog-entry-4.html

 

Facebookの利用法、

皆さんはどうお考えですか?

 

改めて、

僕の利用法はですが、

『実際に一度お会いしたことのある方』が、

原則、Facebook上で友達になる条件。

 

実際に会ったことがある人とFacebookで繋がることで、

お互いの近況をなんとなく知っておける

お互いが実際に顔を合わせていない空白の期間を、

空白ではなくならせる為の情報を得るツールとして利用。

 

それが僕のFacebookの利用法です。

友達申請の際に、

一言の断り(メッセージ)もなく、

こちらから尋ねてみたならば、

「縁だと思い、申請しました!」

なんだか寂しくなりました。

 

っていうお話でした。

ではでは

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。