情報発信をし続けた先に。

この前、嬉しい知らせがありました。

僕がブログ・Facebookによる「情報発信の方法」を教えさせて頂いてる

岡山県 児島の工務店「倉靖工務店」の代表 岡野さん。

 

岡野さんのブログ
http://kurayasu9214.blog.fc2.com/

 

その岡野さんから、

嬉しい変化があったと教えて頂きました。

内容はというと、

情報発信していた事により、

仕事の依頼が入ってきたとのこと。

ある日、地元のご友人から久し振りに連絡がきたそうです。

Facebookのメッセンジャー機能で。

 

こういった文面。

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

ゆきやす(岡野さんのお名前)突然にすんません^ ^

実は来週、引っ越すことになってて、

引っ越し先の大掃除をしてるんだけど、

床の敷物はがしたらかなり痛んでて

ちょっとどうしたものかと思案中です ^^;

いつもブログ見てて、

大工仕事はゆきやすにぜひお願いしたいなと思ってたんですが、

今回はとりあえず住めるっていう程度で補修したいなと考えてて、

一度見てもらえたら嬉しいですm(_ _)m

(今後の展開もぜひ相談にのっていただきたくて・・・)

 

 

早い話、新規のお仕事のお話ですね。

 

ブログやFacebook・InstagramといったSNSによる情報発信は、

それらをやることによって

仕事・売り上げ増に直結するというのではなく、

現実で顔を合わせれていない空白の期間を、

何もないただの空白の期間でなくす事のできるツールです。

 

だから、

久し振りに会った友人でも、

「この前○○○に行ってたね。」

「最近Facebookにアップしてた○○○って美味しい?」

「インフルエンザ大丈夫だった?」

 

なんて会話が生まれたりします。

僕や岡野さんの例で言うと、

SNSがキッカケで知り合った方と、実際にお会いしたり。

 

面白いもので、

それが初対面なのに初対面じゃないような感覚がするんです。

お互いが、SNSを通してあらかじめ互いの情報を知ってるから起こる現象です。

最近だと、

素敵な出会いに恵まれた、

気ままな徳島旅での

 

 

 



FUJIMURA BAKERY(フジムラベーカリー)の藤村さんとの関係も、

まさにそれでした。

初対面が、初対面じゃないような。

 

他にも、

僕は久し振りに再会した友人がいまして。

 

その子なんかは光栄な事に、

僕のこのブログを読んでくれてたそうで、

「この前更新してた記事、共感できたよ。」

「今日のスニーカー、自分てステンシルしたってやつ?」

 

なんて言ってくれます。

人によっては、

別に使わなくてもいいであろう

SNS等による情報発信。

 

でも、有効に使おうとすると、

結構可能性が広がるものです。

 

理由は、

僕がそれを自分自身で経験し、

実感してるから。

 

情報を受ける側ではなく、

発信する側になるだけで、

物事が優位に運ぶ。もしくは物事がスムーズに運ぶ場面も出てきますし。

 

今回の岡野さんのように、

ブログやSNSを前向きに取り組んでると、

ごくたまーに、

このように仕事に繋がる事があります。

 

それは、

会社の売り上げや新規の仕事獲得を目的とせず、

岡野さんが ご自身のお人柄が伝わる内容の情報発信を

日々続けてらっしゃるからだと思います。

 

慣れてきたら、楽しいものです。情報発信。

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。