上質なものを所有しておくと、それを判断基準にすることができます。


写真のシャツ(の一部)は、

定価10万円の長袖シャツです。

 

ロロピアーナという高級ブランドのもので、

イタリア製でシルク100%

 

つまり、

『 トップレベルの高級ブランドのロロピアーナというところが、

シルク100%の素晴らしい高品質の生地を使って、

高級シャツの本場であるイタリアで縫い立てた。

そんな長袖のシャツは、10万円はするのだ。  』

という自分の中での基準を設けられるんです。

 

シルク100%の生地を使ったシャツは何枚か持ってますが、

このシャツのシルク生地は、重厚感があります。

(というか、実際に少し肉厚でしっかり織り上げられてる)

さすがイタリアの高級テキスタイルメーカーの「ロロ・ピアーナ」

(※ロロ・ピアーナの生地は、高級なスーツなんかによく使用されてます。)

10万円するのも納得。

そして、先にも書きましたが、

「これだけの条件が揃うと長袖シャツは10万円するのか。」

という判断材料になるので、

このシャツを持ってることにより、

他のシャツに見て触れた時、

自分の中での絶対的な物差しとして力を発揮してくれます。

 

シルクの生地が、どういう風になびくのか。

YOTUBEの動画を紹介しておきます。

 

 

 

昔、戦争のあった時代。

シルク(絹)は、

軍が使用するパラシュートに用いられていて、

その当時使われていたシルク100%のパラシュートを紹介した動画です。

 

23秒あたり&28秒あたりをご覧頂くと、

シルクのなびき方が少しわかるかと思います。

弾力があり、しなやかで、優しくなびいてます。

そして尚かつ、生地の軽さを感じるなびき方。

 

冒頭の写真のロロピアーナのシルクシャツも、

YOUTUBE動画のものと同じなびき方をします。

 

美しいです。

そして、肌触りもバツグン。

 

上質なものを所有しておくと、

それを判断基準にすることができるので、

みなさんにも是非おすすめしたいです。

 

あと、シルクの生地も。

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。