資金作り【オリジナルのシャツに向けて】

今日は、

メインの仕事が休みだったので

現場仕事の日雇いバイトに行ってきました。

(写真は、お昼休みの時の一枚。)

 

オリジナルのシャツを作ります!と

気持ちを固めてスタートさせ、

兵庫の西脇市へ行ったり

静岡県の浜松市へ行ったり

奈良県の川西町へ行ったり。

 

それぞれの産地へ足を運んだことにより、

おかげさまで、

触り心地の良い素晴らしいシャツ生地・美しい貝ボタンなどを購入しました。

 

もちろん、全て自費です。

 

自分で会社をやってるとかでもないので、

経費で落ちるから。とかは一切ありません。

 

食費を削ったり、欲しい物の購入を我慢したりしながら、

現状、

ある程度 材料は揃えました。

 

じゃあ次は?というと、

①パターン(型紙)をパターンメーキングの企業さんへ製作依頼し、

②縫製工場さんへサンプルの縫製を依頼。

③生産枚数を確定させたら、縫製工場さんにて量産。

 

②と③の間に、

サンプル修正などの必要な過程も絡んできますが、

すごく簡単に紹介すると↑こういった流れ。

 

プロにお仕事をお願いするため、

当然ながら、

①②③のそれぞれで

お金が必要になってきます。

 

なんなら、

ここからが特にお金が必要になってくるところです。

 

僕はお金がある訳じゃないので、

オリジナルのシャツを形にするという目標に向け、

こうやって今回のように、

必要なお金をこつこつ作っていこうと思います。

 

本当、

上質な洋服を伝える・知っていただく為。

そんな気持ちを込めたシャツを形にする為にお金が必要なので、

踏ん張り時です。

 

普通に会社へ勤めて、

安定した収入を得て生活する。

その方が、

衣食住に不自由なく生きていける可能性が大きいです。

 

でも、

気付いたら今の

不安定で先の見えない生活を送ってました。

 

シャツが形になったその先の事は

まだ考え切れてはいませんし…..。

 

バイトをしながら

ビッグになることを夢見る

バンドマンと同じです。

 

でもですよ?

色んなやりたいこと、理想、目標、夢、今の環境、現実。

洋服に対する想い。

そして、

一度しかない人生だとかを天秤にかけたら、

行動してました。

 

熱意・気持ちだけでうまくいかない世の中ですが、

馬鹿な自分を納得させないと、

どうにもこうにも人生 先進めなさそうなので、

一歩ずつ一歩ずつ。

歩を進めていきます。

シャツが形になるまで

もうしばらく時間がかかりそうですが、

しっかりとその進捗状況をブログで伝えてけたらと思います。

 

ちなみにブログでは、

ブログ内カテゴリー

「オリジナルのシャツを作る」で

その進捗状況の報告や、

シャツを形にする事への想いなどを綴ってます。
http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

 

 

では、おやすみなさい。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。