悩んだりした時に、僕がよく行動に移す事。「山地さんへの相談」【オリジナルのシャツに向けて】

児島駅
児島駅にて。

【オリジナルのシャツに向けて】

悩んだりした時に、僕がよく行動に移す事。

 

「山地さんへの相談」

先日、

児島にある

アパレルCADパターンメーキング・パターングレーディングの会社、

㈲テンフォーワンさんへ伺いました。

 

㈲テンフォーワンさんは、

もう何年も色々とお世話になっている、

代表の山地さんがいらっしゃる会社です。

 

※ ㈲テンフォーワンさんに関しては、

過去のこちらのブログ記事で

詳しく紹介させて頂いてます。

 

 

 
10for129_20150923223753599s

10for13s

2015/05/09:有限会社TEN for ONE さん
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13610.html

 

 

オリジナルシャツのパターン(型紙)を取り組む前に、

ベテランの山地さんに、

パターンの事はもちろん、

シャツを形にしていく過程での不安等、

相談をさせて頂くべく伺いました。

この日、

山地さんと色々話ができ充実してたのですが、

それだけでは終わらず、

嬉しい事に、

その後 山地さんちで

おでんをごちそうになりました。

途中、

僕が以前に勤めてた会社の先輩ハチヤさんも合流し、

美味しいおでんを食べながら

テレビで映画&アニメ鑑賞。

本当に良い息抜きができました。

そんな日の足元は、

クッショニング性抜群の

ナイキのルナフォースでした。

1982年に誕生した、

「エア」を搭載した

バスケットボールシューズ第一号「エアフォースワン」のソールを、

ルナロンソールにしたモデル。

NIKEの定番モデルに機能性をプラスした

とても優秀なスニーカーです。

 

 
20140904232013161
ブログでは、過去のこちらの記事で紹介してます(^^)
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13442.html

そして、

白くて長い筒みたいなのは、

オリジナルシャツに使用予定の

高級ドレスシャツ生地。

僕が、

岡山県 → 兵庫県 → 静岡県 と足を運び、

素晴らしい方々との良縁により手に入れた

高級シャツ生地については、

こちらの記事で詳しく紹介しています。

 

【オリジナルのシャツに向けて】シャツに使用する上等な生地を探す。

→ http://mtatkk.com/blog-entry-13846.html

 

 

それを担いでの

自転車 & 電車の移動は

大仕事でしたが、

目標実現の為に一歩ずつ。

 

苦なく移動しました。

また何か歩を進めたら、

ブログ内カテゴリー「オリジナルのシャツを作る」
(→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39 )

こちら↑で、紹介してきます。

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。