カナダ トロント在住時に使った折り紙のできる名刺

数年前のカナダ トロント滞在中の思い出を

今更ながら、不定期に更新してく

ブログ内カテゴリー「カナダ トロント」

エキサイティングな思い出ばかりの

カナダ トロント滞在記。

 

 

 

名刺2
カナダ トロント在住時に使った折り紙のできる名刺

というか、

帰国してからも使ってるんですが、

僕、カナダへの渡航前に準備したんです。

手作りの名刺を。

 

※手作りと言っても、

自分で企画・デザンしただけなので

実際に名刺として

プリントアウトし、

形にしてくれたのは業者さんです。

 

 

名刺3
↑三つ折り仕様の名刺。

カナダ トロントへ行くにあたり、

何が必要か考えたんです。

 

トロントでの生活を

より楽しいものにするには何が必要かを。

 

で、思いついたのが、

ある意味日本らしい服装

頭に日本手ぬぐい

トップスはスカジャン

パンツはニッカポッカ

足元は地下足袋。

 

 

13:10:12〜14フレンチカナダ158
13:4:15〜EF LIFE33
そして、

名刺。

自分の中で、

めちゃたくさんの人と知り合って、

友達になろう!っていう思いがあったので、

 

何かその助けになればと名刺を作る事にしました。

それと同時に、

カナダで知り合い、

最終的に自分が日本に戻って

離れたとしても繋がってられるように

Facebookで自分のアカウントを設けました。

FacebookページのURLを名刺に記載する事は決定。

じゃあ、あとは何を?

名前

メールアドレス

住所

↑このへんは固いところですね。

採用です。

あとは・・・・・。

 

名刺12

家族写真!!(写真右側)

そして、

 

 

 

名刺4
「折り紙の手裏剣」の折り方の解説をイラストで。

さらに、

名刺の一部を切り離して、

その場で実際に、

手裏剣を折ってプレゼントできるようにしました。

 

 

 

名刺5
キリトリ線が入っているので、

手だけで容易に切り離せます。

 

 

 

名刺6
切り離すとこんな感じ。

番号の順に折っていくと、

折り上げられるようになってます。

 

 

名刺7
本体から切り離したパーツから、

さらに2つのパーツになるよう、

これもキリトリ線を入れてます。

折り紙の手裏剣を作れる人ならわかると思うんですが、

手裏剣を折るのに、

2つのパーツが必要なんですよね。

 

 

 

名刺8
ひとつ完成。

 

 

 

名刺9
もう片方も完成。

準備ができたら、

あとは2つのパーツを

ひとつに組み合わせるだけです。

 

 

 

名刺10
完成。

 

 

 

名刺11
良い感じです。

配色を紅白にしたのは、

日本の国旗とカナダの国旗が、

共に赤と白の組み合わせだから。

 

 

日本国旗
カナダ国旗
ひとつの名刺で、

「自己紹介」

「家族紹介」

「折り紙の手裏剣をその場で折ってプレゼントできる」

「Facebookで繋がる」

↑4つの役割を担う、

優秀なアイテムになりました。

 

 

 

名刺13
実際に、この名刺で多くの人と仲良くなる事ができました(^^)

そんな名刺を、

 

 

 

名刺1
名刺2
↑百均のダイソーで買った

なんか日本っぽい名刺入れに入れて持ち歩いてました。

この名刺入れ、

カナダでの生活を共に過ごした

大事なアイテムなもんだから、

捨てる事ができず、

今でも現役で使用しています。

この名刺で多くの人と仲良くなる事ができたと書きましたが、

 

 

13:4:14fromラムシンさん
行きの飛行機で出会ったラムシンさん

 

 

13:4:18〜カナダLIFE107
同じく、行きの飛行機で出会った

寿司レストランのリョウさん。

 

 

シドニーズ集合写真7
シドニーズのみんな。
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13398.html

 

 

みんな、この名刺で仲良くなれました。

 

他にも、

友達とトロントアイランドという島へ

遊びに行った日、

道中で利用するフェリー内で出会った

中東から旅行でカナダに来てた家族に

この手裏剣を配った事がありました。

向こうの人は一夫多妻制の国出身らしく、

ひとりの男性を中心に、

複数の奥さんと思われる女性が数人。

それに、

多くのお子さんが

10〜15人くらい居た気がします。

その大勢のキッズに手裏剣をプレゼント。

 

 

13:6:1トロントアイランド追加33
13:6:1トロントアイランド追加34
13:6:1トロントアイランド追加35
13:6:1トロントアイランド追加36
13:6:1トロントアイランド追加37
大盛況でした(^^)

 

たくさんの人と出会おう!

たくさんの人に手裏剣(名刺)をプレゼントしよう!

と、いうことで、

名刺は1,000枚作って持ってきましたが、

 

かなりの枚数が残りました(笑)

 

でも、何百枚かは配ったと思います。多分。

冒頭でも書きましたが、

カナダからの帰国後、

現在もこの名刺を使っているので、

もしかしたら、

これを読んで下さっているあなたの手にも、

この名刺が渡るかもしれません。

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。