オリジナルはイタリア製だったエアジョーダン2nd


エアジョーダン2ndのシュータンにある、

ウィングロゴと呼ばれるマーク。

 

ジョーダン2ndは

個人的にすごくかっこいいスニーカーです。

 

どういう風にかっこいいかは、

うまく説明できないんですが・・・。

 

昔は「ナニコノ変ナクツ….(‥;)」

 

って思ってたんですけど、

年を重ねたらすごく魅力的に感じたという。

 

学生の頃嫌いだった食べ物が

大人になった今、大好物になった。みたいな(笑)

 

 

201304302338393e3s
絶対的な存在のエアジョーダン1st。

その後の名作エアジョーダン6などの存在。

 

そう考えると、

エアジョーダン2ndって異質というか、

少し邪道な感じがあるというか。

 

ジョーダンシリーズにあまり特化してない

僕の中ではそういった印象なんです。

 

そんな2ndがすごく好きなんです。

 

天の邪鬼だからですかね(笑)

 

Instagramでは、

エアジョーダン2ndの発売当時を

リアルタイムで体験した

インスタ上でお世話になっている

スニーカー玄人の方が、

本当に勉強になるコメントを寄せて下さったので、

紹介します。

 

@swxxxxxx18 さん

発売された時

あまりにも違う1stとのデザインの差と

イタリア製による高価格でビックリしました。

なので日本では売れなかった様で、

3rdは日本展開無しになったんだよね。

 

↑シリーズ3作目の

日本展開を止めさせるくらいの

迷作だったということですね(^^;)

エアジョーダンシリーズにおいて、

迷作?いや、僕の中では名作な1足。

 

ブログでは、こちらの記事で紹介してます(^^)
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13439.html

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。