FERAUDのニットにリーバイスの501


この日はちょっと用があり電車で移動。
ここ数年、今くらいの時期はまだ暑さが残ってたりするので、
コットンボディーのニットが活躍してくれます。
ウール混のものは、いつくらいから出動できるやら……。
このニットは
FERAUD(フェローっていうのかな?)
というブランドのもの。
フランスのアウトレットで、
2〜3万円のものが、数千円で売ってたので買いました。
よく知らないブランドなので、
ブランドについては
これ以上は書きませんが、
フランスのアウトレットはすごく楽しかったです。
DIESELのお店で
ジーンズが1本3,000円くらいで大量に売られてたり、
マルジェラのカットソーなんかも数千円で売ってたり。
現地に住んでたら、
ほぼ毎日通ってしまいそうな内容だったのを
よく覚えています。
どなたか僕に出資してくれれば、
上等なものを格安で掘り出しますんで、
必要であればお声掛け下さい。
自分がただフランスに行きたいだけという下心丸出しです。
ボトムスは
LVC(リーバイス ヴィンテージ クロージング)の
501XX 1922年モデル 復刻版 メイドインUSA
501-19223.jpg
→ http://mtatkk.com/blog-entry-637.html
スニーカーは、
VANSのスリッポンです。
スリッポン1
→ http://mtatkk.com/blog-entry-643.html
【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】
ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」
Facebookページへのリンクです。
30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-
たまに、Facebook上のみで
簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。