【ただの日記】香川県高松市へ。

瀬戸大橋
先日、
ちょっとお出かけを。
岡山県から香川県へは、
瀬戸大橋を渡って行きます。
岡山市から高松市までは、
高速で1時間半くらい。
八栗寺
こちら八栗寺(やくりじ)
旅の目的地です。
以下、公式のWEBページから。
屋島の東、源平の古戦場を挟み
標高375mの五剣山があります。
地上から剣を突き上げたような神秘的な山です。
八栗山はその8合目にあり、
多くの遍路さんはケーブルカーで登られます。
中略
商売繁盛や学業成就、
縁結びにご利益があると言われ
「八栗の聖天さん」として親しまれています。
→ http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/85yakuriji/
「 多くの遍路さんはケーブルカーで登られます。 」
と、ありますが、
お遍路さん関係なく、
ほとんどの人がケーブルカーを利用して
8合目で待つお寺を目指します。
そこを、
今回は歩いてみました。
(道中の写真はありませんが。)
大体30〜40分くらいだったでしょうか。
かなりの急勾配を歩きました。
しんどかったです。
あまりオススメしないので、
もしも歩いてお寺を目指したいと言う方は、
歩き易いシューズを着用した方が良いです。
そして、
かなりの筋肉痛・疲労を覚悟した方が良いです。
しかし、
苦労の先には何かハッピーな事が待ってるものです。
今回得たご褒美はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
八栗寺展望台
いかがですか、この景色。
展望台から望むビューは、
それはもう お見事でした。
敷地内でも写真を一枚。

僕が訪れた頃は、
まだ緑がしっかり残っていました。
シーズンがくれば、
紅葉がキレイだと思います。
ここから、
かなりおすすめしたいグルメ情報を。
この日のお昼は、
「六六庵(ろくろくあん)」
という和食屋さん。
八栗寺、八栗ケーブル乗り場の駐車場に
隣接するようにお店を構えています。
つまり、
八栗寺へ訪れた際のアクセスが
サタンミラクルスペシャルウルトラスーパーメガトンスーパーイージーイージー
という訳です。
六六庵1
こちらがその「六六庵(ろくろくあん)」さん
こちらで食べたのが、
六六庵2
天ざるそば。
サタンミラクルスペシャルウルトラスーパーメガトン美味しかったです。
そうですね。
みなさんがお察しの通り、
食レポは苦手です。
香川県の高松市
八栗寺(やくりじ)
是非、美味しいおソバもセットで。
五剣山 観自在院 八栗寺 
(ごけんざん かんじざいいん やくりじ)
香川県高松市牟礼町牟礼3416
(かがわけん たかまつし むれちょうむれ)
六六庵 (ろくろくあん)
香川県高松市牟礼町牟礼3369-2
TEL:087-845-6796
たまには、こんな日記もね・・・。
ではでは
【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】
ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」
Facebookページへのリンクです。
30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-
たまに、Facebook上のみで
簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。